2015年4月アーカイブ

10FES販売品紹介。vol.2

 

 

 

 

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 work shirts Shambray

 

 

REW10 WORK SHIRTS

SHAMBRAY 

CUSTOM BUILD LOGO PRINT

 

¥9800 + TAX

 

 

 

 

 

今回も真鍮ボタンの付いたRew10のワークシャツ、少量生産です。

 

これ以外のその他シャツも作っています。

告知紹介するかはわかりません。

 

 

 

 

 

10FESは5月5日です。

ユーザーさんの自転車をご覧いただく個展でもあり、Rew10関連商品を展示販売する会でもあり、交流のための催しでもあります。

グッズ関連目当てにお越しいただいたり、製作依頼を考えているのできっかけにされたい方、なんとなく来てみたい方、どなたでも歓迎です。

開催日は当然ご予約など不要ですのでお気兼ねなくお越しください。

 

皆様のご来場お待ちしております。

 

 

 

 

違和感。

 

 

 

 

 

しっかりとした強度を確保しつつ、違和感を無くしていく。

 

いつも製作で欠かさず考えている事の一つです。

 

 

 

 

 

Monostay

 

 

うちのお客様に人気のモノステー。

シンプルながら良い個性がでる仕様。

 

色々と造形方法がありますが、よく用いるのが写真の材料小物。

すべて独自形状で製作する事もできますが手間も甚大なので、こういった小物を使ったほうが工賃が下がります。

 

 

この小物を如何にして組み込むか。

このまま普通に継ぎ合わすだけだと、継ぎ目が見えてしまったり不自然な突起もあるので美しくきまらず違和感が生じる。

 

 

 

 

 

 

 

 

Monostay

 

 

継ぎ合わせ面内部にしっかりロウを流してから、必要な箇所にも盛ってから形を整え平滑に仕上げ。

パイプは削らないように気を払う。 

 

流し込みのロウ付けとフィレット研磨を駆使。

曲面も極力歪みなく仕上げたので、塗装後にはどこが継ぎ目か全くわからなくなるでしょう。

 

ブレーキホールは簡単に済む穴あけだけでなく、強いトルクにも耐えうるように旋盤でひいた補強パイプを内部に仕込んでいます。

 

 

 

 

 

 

 

Monostay

 

 

この小物、以前とすこし形状が変わった。

横のくびれの削ぎ落とし量が少し多く、僅かに強度が心配。

 

写真は全く同じ小物材料を用いています。

くびれ部分にもロウを盛り、元々こういった形状であったかのように仕上げる。

肉厚も十分になり強度もばっちり、肉厚を増した分剛性も僅かに向上。

 

 

 

 

今回のような細部は指定されずともこちらが思って行っている工程です。

指定された箇所はしっかり守り、こういった箇所のちょっとした個性を積み上げていくのが我が製作です。

なおかつちょっとした作り込みもすることでよりタフネスに仕上がり、より永くお使いいただけると思います。 

 

 

 

気付かないような細かい工程。

 

ここで紹介するのもなんですが、気付いても気付かなくても良いと思っています。

でもどちらかと言えば、気付かれない自然な仕上げに出来てこそ意味がある気がします。

 

 

違和感の無い仕様。

そこには意外な作り込みがされているかもしれませんよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕込み中

 

 

近づいてきた5日の10FESの仕込みも行っています。

 

真鍮パーツを削るタイミングも久々なので、チャンスとばかりに受注いただいているものも一緒に作っております。

お待ちいただいているお客様はまた個別に連絡しますが、5日までには完成出来ると思われます。 

当日何が並ぶかは告知するかもしれませんし、お越しいただいた方だけの特権とさせていただくかもしれません。

 

 

うちのパーツたちは通常すべて受注生産ですので、直にお手に取ってご覧いただけるチャンスはこの日だけです。

すべて自分が手作業にて製作しておりますので、数は多くありません。

気にしてくださった方、是非この機会をお見逃しなく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

掲載情報。

 

 

 

 

 

UOMO

 

 

先日作らせていただいた伊勢谷友介さんの愛車紹介です。

 

この方の地球と人類の未来を見据える姿勢には共感できます。

 

 

 

生涯を共にしていくような自転車作りを目指し、モノも人も永く付き合っていくことが前提のRew10のビルド。

大量生産・大量消費でなく、公害を出しにくい性質の仕事で幸い。

 

ずっと変わらず自転車を作り続ける事が、自分に出来る僅かばかりの社会貢献なのだろうか?

答えなどわからないが、とりあえず出来なくなるまで続けよう。

 

 

 

 

 

 

 

WORKCAP

 

 

 

 

オリジナルワークキャップの紹介です。

 

フレームビルダーやサイクルメカニックが作業中などでかぶるイメージのツバが短めのワークキャップ。

少しだけキャスケットのようにふっくらしたシルエットに仕上げました。

 

 

今回は2色展開、M/L2サイズ予定。

まずは一見黒に見えるBLACK/RED MIX CANVAS。

 

 

 

 

REW10 Builders workcap

 

屋内で見るとほぼ黒。 

 

 

 

 

 

Rew10 Builders workcap

 

屋外などで強い光に当たると赤みがさします。

上の写真とかなり異なりますが、全く同じものです。 

 

 

 

 

 

 

Rew10 Builders work cap

 

 

もう一色は柿渋染めのブラウンダック。

製品版の完成がもう少しなので、写真は過去のサンプルです。

往年のCARHARTT等のブラウンダックに似ていますが、少し茶が濃く落ち着いた色調です。

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 Builders work cap

 

 

ツバ裏とバンド裏生地は表地と異なる生地。

BLACKがグレーのヘリンボーン、BROWNが撚杢シャンブレー(コバート)。

 

 

ステッチはポリエステル糸のまわりにコットンの糸が巻かれたコアヤーン糸を使用しています。

綿糸の風合いを持ちつつ、強度もある良い糸です。

 

固い芯が無いツバなのでクタッと自然にかぶってください。

 

 

まだありますが、ブログでの薀蓄はこの辺で。

5月5日に販売予定ですのであとの薀蓄聞きたい方は当日どうぞ。

 

6800円+税予定です。

 

 

 

 

 

 

 

10FES販売品紹介。

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10WORKS CUSTOM BUILD T-shirts

 

 

 

  

 

REW10WORKS CUSTOM BUILD T-shirts

 

REW10WORKS  CUSTOM BUILD T-shirts

NAVY & HEATHER.G 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 Builders workcap

 

REW10 BUILDERS WORKCAP

BLACK/RED MIX CANVAS  & KAKISHIBU BROWN DUCK

 

 

 

 

 

 

二代目隆天(仮)

 

キッズ用も少量あり。 

 

 

 

 

 

 

 

真鍮量産中

 

真鍮パーツも削り出し量産中。 

 

 

 

 

 

 

詳細や価格等、続報は追ってアップします。

 

 

 

 

 

 

instagram

 

 

 

 

 

 

正直、時代の流れにはついていけていない自分。

 

たまに電車でも乗ると皆さんスマホと向き合ってる。

情報収集などをこうしてなさっているのでしょう。

 

 

自分も一応はスマホ持っていますが、仕事中等々に手元持っていると粉塵や衝撃や諸々で壊してしまうのでバッグに仕舞いっ放し。

長ければ数日ぐらい存在を頻繁に忘れるほどに、特に必要に迫られないと触らないようなアナログ野郎です。

タイミング良くないと繋がらない・連絡しないで有名でカミさんや友人によく叱られます。

基本的に仕事の合間にPCでしか閲覧しない派。

 

 

SNSなどにもついていけず少々苦手な分野ですが、現代社会では避けて通れなくなってきているようです。

 

flickr、twitter 、facebookは製作事例紹介や告知用としてさせてもらってますが、それ以外はなかなか手を出せず...

 

 

 

 

存在を忘れるぐらいですから、何か見た時とか製作の事例などにスマホで写真撮るという習慣が全くない。

 

flickrがスマホからだと重いと指摘され、instagramをはじめようと思っていたのですが、写真管理はPCでしかやっておらずPC経由だと基本的にアップロードできず諦めてました。

知人からPC経由でアップロードする方法を聞いたので、とりあえずはflickr掲載の写真を抜粋して一気にアップロード中です。

自宅でやっているのですべて終えるまでにあと数日はかかると思います。

 

flickrでご覧になった方は見たことある写真しかありませんが、まだ見ぬ方はご覧いただければと思います。

https://instagram.com/rew10works/

 

すでに嗅ぎ付けてフォローくださっている方々やここ数日でフォローくださる方々、アップロードをはじめるとまとめて連続投稿になってしまいますがお許しください。

 

 

 

 

これからはflickrとinstagramの双方を同じ写真になりますがアップしていきます。

 

まだ慣れてませんが、多分慣れても器用に別々で使い分けている方のように自分は使いこなせない...

時代遅れで申し訳ないです。

でも直にお越しくだされば腰据えてお話伺います。 

 

 

 

 

 

 

 

 

RAW

 

 

 

 

 

 

 

WORKROWN 3's bike

 

 

 

 

 

 

 

 

WORKROWN 3's bike

 

 

 

 

 

 

 

 

WORKROWN 3's bike 

 

 

 

今回もばっちり気に入っていただいた。

職人として生きている実感が沸く。

 

 

作らせていただき、ただ深い感謝。

 

 

 

 

 

 

 

 

10FES

 

 

 

 

 

天祭。

 

 

10FES 2015 SPRING

5月5日こどもの日

10:00~17:00

場所:Rew10works 工房

 

裏隆天會 17:00~22:00

 

 

 

日頃のご愛顧に感謝し、GW企画で行う催しです。

何か行われるか、ざっと説明しておきます。

 

まず、久しく行えていない個展的な動きでもあります。

現在、Rew10ユーザーの皆様方へのお声掛けをしております。

実際に今まで納車したRew10フレームに乗って遊びにいらしていただき、それをそのままご覧いただくのがうちの個展です。

 

 

自分がオーダーする側だったら、本当に見てみたいのは展示車でなく他のユーザーさんの自転車。

 

 

実際に納車されているクオリティはどのようなものか、Rew10に乗っているユーザーさんはどのような人たちなのか、その人たちが実際に依頼して乗って感じたリアルレビューはどんなものか、きちんと問題なく動作し永続使用に耐え得る強度はあるのか。

 

 

これらは展示車では語る事ができません。

展示車だけ良くて手元に来たのを見てガッカリ...なんて事がないように、馬鹿正直にそのままご覧いただくための個展です。

これ等の自転車に少しでも良さを感じていただけるなら、そのままのクオリティでよりご自身に沿った自転車が手元にいくという事です。

 

それぞれユーザーさんの個性が出たカスタムビルドとは如何なるものか。

モデル設定もしていない守備範囲の広さなど、その辺もお楽しみいただけると幸いです。

 

日々の生活で乗ってらっしゃる実用的一台、シクロクロスなどスポーツ車やレーシング車、現役のメッセンジャーが使い倒している業務用自転車などなど。

 

 

 

これが隆天會という個展の在り方です。

普段道具として研ぎ澄ませた製作と、実際に使われているものこそが放つ道具としての雰囲気、是非感じてください。

 

こちらから連絡しきれていないRew10ユーザーの皆様方、是非Rew10に乗って奮ってご参加いただけると助かります。

 

 

 

 

 

 

でも今回は隆天會という名前ではなく10FESです。

個展だけではありません。

その名の通り、Rew10盛り沢山の祭。

 

お客様の自転車以外にも色々あります。

 

まず、Tシャツやワークシャツやパーカーなど、新パターンも展示・販売します。

サイクルウエアではなく、ビルド作業中やメカニックが着るようなワークウエア的なRew10ウエアや、ごく普通に纏うカジュアルなスポーツウエアです。

 

生地や糸の一本までこだわったフルオリジナルのワークキャップなどもあります。

起業したばかりの衣類カスタム屋であるSchuness mfgにお願いしたハンドメイド品になります。

これが雰囲気ともども調子良く、プロトタイプはすでに仕事でガッツリ使ってます。

型紙からすべて起こしシルエットもオリジナル、ワークウエア好きでいつも帽子かぶってる自分は数多のキャップをかぶってきましたがこれはとにかく良い。

アパレルも好きで追求してますので、よろしければ是非。

 

 

 

 

まだあります。

通常は受注販売が基本となるRew10の真鍮パーツ。

ただいま本業の合間やその他時間を設けて続々仕込んでいます。

真鍮やハイブリッドヘッドキャップ、ハンドルエンドキャップ、ペダル、スペーサー、スキュワーなどを予定しています。

 

そしてそして、うちの定番グッズでもあるヘックスフックやレンチフックも仕込んでいます。

人気のレンチフックなどは毎回即時完売ですが、多分用意出来ると思います。

  

全部Rew10工房でワタクシ隆天が作り出す手作業生産なのでそんなに多くは作れません。

全然少なすぎる量しか作れなかったら申し訳ないです...

5日まで少し無理します。

 

 

 

 

さらにお祭り感を盛り上げてくれる珈琲とフードも。

トミーのチャリンコーヒーを味わいつつ自転車でもご覧いただき、お腹すいたらコナクックが持ってきてくれるフードでお腹満たしてください。

 

17時で10FESは終わりますが、引き続き行われる裏隆天會。

ここで告知すると有難くもかなりの人数がお越しくださるので、ご自身で呑まれる分ぐらいはご持参ください。

すべて振る舞いたいぐらいですが、貧乏経営のビルダーゆえにごめんなさい。

 

 

 

 

 

この日は当然ご予約不要です。

ご依頼の相談なども随時お受けしていますので、少しでも気にしていただいているお客様などもいらっしゃいましたら是非この機会に。

とりあえず雰囲気だけとか、話だけしてみたいという方も大歓迎ですのでご遠慮なく。

 

 

 

 

最後に、この日はこどもの日です。

工房の奥、普段事務スペースに使っている場所も片付け茣蓙でもひいてこどもスペースにしておきます。

小学校3年生になった少々ポッチャリ系の我が娘にこの場所を仕切らせます。

助手には二代目隆天になるかもしれない我が息子も居ますので一緒に遊んでやってください。

我が子を授かってから自分のこども以外のお子さんも可愛くて仕方ありません。

こんな場所で申し訳ないですが、お子さん連れで楽しみたい方やお子さんにモノつくりの現場など見せたい方などよろしければお待ちしています。

お子さん用のウエアなどもごく少量用意するかもしれません。

 

 

 

こんな内容の今回の催しです。

一日のみの開催となりますので、ご都合よろしい方は是非。

 

皆様のご来場を心よりお待ち致しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Custom detail

 

 

 

 

 

 

 

 

Rear fork

 

 

 

 

 

 

 

 

Brass plate

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天祭。

 

 

 

 

 

 

 

天祭。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参號機。

 

 

 

 

 

 

 

内閣参號機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Fillet

 

 

 

 

 

 

 

Fillet

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

4月18日の土曜日は本来定休日ですが営業致します。

 

翌日19日の日曜日は振替で休業とさせていただきます。

 

 

勝手ながら申し訳ありませんが宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

機材。

 

 

 

 

 

 

 

仕事の仲間。

 

 

現在使用している機材は創業時から使っている。

 

創業当時は特に資金乏しく、移転前の極狭小4畳半のイナバ物置におけるもので選んだ。

卓上機ばかり、プロが使うには小さい機械。

 

工作機械はある程度大きいほうが剛性に富み、扱いやすい。

小さい機械は小さいワークなら良いが、基本的に剛性がなく切削面がぶれやすい。

 

 

 

 

何人かのお師匠から言われた有難い言葉がある。

上手く出来ずとも道具のせいにするな、お前がその道具を使えていないだけの事だ。

 

 

 

 

 

うちの機材はおおよそ中古のポンコツ、小さいなりの扱いがある。

ハンドルの送り、刃物を当てる角度や切れ味、扱いやすいようにカスタムしたりオーバーホールしたり、足りない所は己の腕でカバーする。

 

もう少し大きい機械が欲しいと思いつつも、腕も上がったのか扱い方を身体でわかってきたのか、コイツらが良く動いてくれて思う製作は出来てしまっている。

ポンコツどもだがずっと一緒に頑張ってきてくれた頼もしい仲間。

今後も活躍してくれるであろう自作の鉄冶具なども小さなコイツ等のおかげで作り上げることが出来た。

思い入れ深く使えるのに乗り換えるのも些か忍びなく、再起不能にでも至らなければずっと使ってやりたい。

 

 

 

数年ぶりにバラしてオーバーホールでもしてやりたいが、仕事が色々あり...

もう少し我慢してくれ仲間たち、ごめん。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仕事。

 

 

 

 

 

 

更新頻度がめっきり少なくなって申し訳ないです。

 

ブログの事を考えるよりも実際の製作に集中したり、ご依頼のお客様やお会いした方々へ注力したいという気持ちが強く、不器用で根暗な自分はブログにまで余力を注ぎにくくなっています。

 

 

 

楽しみにしていただいている方には非常に申し訳なくただ言い訳でしかないのですが、ブログを書くなどは自分の本業ではなく、製作や対応に勤しむのが本分であります。

しかし、Rew10の仕事を知ってもらうための仕事でもあるので、何か思った時の気持ちの切換のような事というか、本業務以外の仕事と言った事でしょうか。

 

 

更新頻度は少なくとも、心意気の減少はなく仕事はしっかり進んでいます。

 

お代に対して手間が多く、儲かるような仕事ではないですが仕事をいただけるだけで幸せです。

仕事性質を変えなければ月で消化できる仕事量も決まっているので、オーダーが増えてもバックオーダーとなり貧乏暇無し状態。

ある程度忙しくなってからずっと、ある程度以下にバックオーダーが無くなることがなく仕事させていただけるだけで感謝でいっぱいです。

 

 

忙しいそうで相手してくれるかな...なんてお考えの心優しい方もいらっしゃるらしい風の噂も届きますが、理由もなく相手しないなんて事はありませんのでこちらの都合など考えずホントご遠慮なく。

安定してきている良い忙しさですので、先の仕事が減るほど不安はなくご相談だけでも光栄です。

何かあればお越しいただきご相談いただいたり、メールや電話等でもお問い合わせいただければいくらでもお付き合い致します。 

 

 

 

 

仕事柄、様々な方とお会いし会話できます。

人が乗ってこそ本質を増す自転車、乗り手が居るからこそ製作が面白い。

 

Rew10はあまりプロモーション活動をしておらず口コミ重視。

実際に乗られる道具としてうちの自転車が色々な所を駆け、先々で誰かが気にしてくれたら自分としては本望。

ご依頼主にもしっかり気に入っていただき、見て嗜む酒の肴にでもなればなお本望。

 

 

一本一本しっかり作るのがうちのプロモーションでもある、それが口コミ重視の製作。

ご依頼いただき有難うと、本日も頑張って魂注ぎます。

 

 

 

銘。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_