2014年1月アーカイブ

修理改造工賃。

 

 

 

 

 

日頃オーダー製作のみならず、リペア・カスタム依頼のご愛顧もいただきありがとうございます。

修理・改造の工賃案内です。 

 

 

 

すべての掲載工賃はあくまで目安で変動が生じる場合も多々ございます。

加工する対象物はすべて異なる形状であり状態も状況も様々、加工内容も当然変化します。

現物を見させていただくまでは確定価格はお伝えできません。

なんらかの事情で加工が難しい場合や、技術的に可能でも動作や通常使用に支障があると判断させてもらった内容はお断りさせていただいてます。

ある程度の確定価格に近い見積もりをご希望の際は、全体写真と施工部の拡大鮮明写真を添付してメールにてお問い合わせをお願い致します。

 

掲載価格はすべてのパーツが取り外されている状態でお預りした場合での工賃になります。

パーツが付いている状態や完成車でのお預りも承っておりますが、別途取り外しと再組み付け工賃発生します。

場合によって付いていて良いパーツもあるので、お問い合わせください。 

 

 

 

・ヘッド・トップ・ダウン差し替え修理

チューブ一本 ¥32000~ (同時複数差し替えで価格変動あります)

修理ついでにチューブ性質を変えて、剛性・強度向上や軽量化も可能です。

工賃はパイプ差し替えのみで、各種ダボ等を復元や追加取り付けに関しては工賃に含まみませんので別途工賃発生します。

元のフレームのラグ形状やフィレットの具合等、各種状態、差し替えチューブ銘柄等により価格変動生じる可能性あります。

 

 

 

 

・シート・チェーンステー差し替え修理 

左右対二本修理 ¥44000~

片方一本修理   ¥23000~

前三角同様、性能変化や仕様カスタム可能です。

ダボ類復元は別途工賃かかります。  

 

※シートチューブ差し替えは取り外す箇所が多すぎるので、手間とコストが大きいのでお受けしてません。

少し無骨ですがガセット修理をおすすめ致します。

 

 

 

 

・ガセット補強・修理 

¥16000~  

無骨な仕上がりですが、差し替えほどコストをかけたくない場合か、差し替えが難しい場合に有効です。

 

 

 

 

 

・溶接部クラックの溶接直し 

¥10000~

チューブにダメージがなく、溶接部分にクラックが入っている場合に有効です。

クラックの入った溶接部に上からロウをかぶせます。 

 

 

 

 

 

・シートステーブリッジ交換 

¥13000~

ピストフレーム等のブレーキ穴を取り付ける際の加工です。

穴のない既存のブリッジに穴あけだけでブレーキを取り付けるのは基本的にお受けしてません。

 

 

 

 

 

・キャリア・アウター受けダボ取り付け

¥5000~(通常のダボ2個まで、1個でも¥5000)

3個以上は1個に付き+2500円追加工賃発生します。

取り付け方等で工賃変動生じます。

通常はあまり無いような特殊な用途等でシビアな位置指定が必要な場合は特殊工賃加算となります。 

 

 

 

 

 

・トラックエンド 8㎜径シャフト→10㎜径に切削(その他径も対応可能)

¥8000~

・エンド幅110㎜→120㎜拡張加工(その他エンド幅も対応可能)

¥5000~

この2つの加工を行うことにより、旧規格のエンドを現在主流の規格に変更できます。

 

 

 

 

 

・8㎜シャフト対応フォークエンド→9㎜切削

¥3500~ 

旧規格のフォークエンドを拡張します。

 

 

 

 

 

・各種ワイヤー内装処理 

¥15000~

トップチューブにリアブレーキ用の内装処理で概ね上記価格です。

取り付ける箇所や性質により大きく価格変動生じます。

 

 

 

 

 

・ボトル台座取付・ボトル台座除去フラット仕上げ 

ネジ穴2個一組 ¥5000~

 

 

 

 

 

・カンチ・V・Uブレーキ台座取付 

¥13000~

前後のうち片方のみの価格です。

前後ブレーキ必要の場合は13000x2となります。

 

 

 

 

 

 

・ディスク台座取付 

¥14000~

リアにはブリッジ補強が必要な場合が多いです。

ブリッジ補強もされる際は¥20000~になります、概ね補強したほうが良いケースが多いです。

※ディスクブレーキはかなりの負荷がかかりますので、ロードやピスト等のフロントフォークには概ね取付承っておりません。

 

 

 

 

 

・リアエンド差し替え 

¥28000~

ストレートドロップをトラックエンドにしたり、折れてしまったエンドを交換できます。

ステーの角度やエンド相性、差し替えするエンド種類により価格変動あります。

 

 

 

 

 

・フォークコラム延長・差し替え  

¥11000~

コラム内部にジョイントパイプを入れてから、継ぎ合わせにて延長します。

短いコラムでスレッドコラムはステムの差込が浅くなる可能性が高いです。

スチールコラムのカーボンフォークも差し替え可能ですが、コラム長さにより熱影響での接着劣化など保障できない場合もあります。

 

 

 

 

 

・フォークレース加工 

JIS→ITA切削 ¥7000~

ITA→JIS 溶接盛りして切削 ¥12000~ (フォーク根本付近の塗装焼けます)

 

 

 

 

 

・チェーンステーツブシ加工

¥7500~

チェーンリング、クランク、タイヤ等が干渉してしまう際に有効です。

できれば干渉する現物パーツのご用意をお願いします。

 

 

 

 

 

・ダブルレバー台座取付

¥7000~

 

 

 

 

・フロントフォーク根本に穴あけ加工

¥4000~

フロントフォークのクラウン中央にキャリア等使用のための穴あけ加工です。

ピストのフォークのブレーキ穴あけとは異なります。

 

 

 

 

※ピスト(競輪)のフォークに穴あけ加工はかなりご依頼も多いですが、今回工賃案内から外させていただきます。

元々の肩下寸法がロードフォークよりも短く、ロードのブレーキがすんなり適合する設計ではありませんので諸々無理が生じます。

穴あけで難なく付く場合も多々ありますが、元の設計に無理があるのでタイヤとキャリパーが干渉したりブレーキシュー取付穴の許容内を越えたり、その他諸々すんなり組めない可能性も高い内容です。

加工自体は大変なものではありませんが、この工賃では動作の責任がとれませんので通常の受注は取りやめることにしました。

お受けしないのが責任と思い、基本的にほぼお断りさせていただきます。

市販のロードフォークに差し替える等をおすすめします。

どうしてもという熱意と理解のある方は、現物ブレーキ&ホイール等をご用意してお問い合わせください。

 

 

 

 

 

価格はすべて税別ですので、消費税が加算されます。 

掲載価格にすべて~がついて曖昧な表記ですが、記載価格は目安で確定価格ではありません。

状態や形状、様々な要因で必要な加工があり価格変動生じる可能性あります。

詳細確定価格は実物を見させていただいてからのお知らせとなります。

実物診断までは確定価格の案内は出せませんが、メールにて鮮明で詳細な写真を添付して送ってくだされば見積もりの実価格に近い返答はできます。

 

 

記載以外の改造や修理も承っております。

記載の加工の多くが溶接を用いるので、火を用いる作業は施工部の塗装が確実に剥離します。

塗装費は工賃に含んでおりませんのでご注意ください。

 

溶接は鉄以外の素材はすべて承っておりません。

 

 

すべての加工において様々な工程と機材を用いますので、施工部以外の塗装にキズ等が付く可能性もあります。

塗装を守るのに極力気を払いますが、塗装を守るというよりも施工部の加工のクオリティ確保に集中します。

特に火を用いる作業は塗装の保障できません。

 

 

 

 

なんでも出来るわけではございませんが、今まで数多のフレームの様々な加工をして実績を得てきています。

今までの豊富な経験と技術を用いて出来る限りはさせていただきます。

 

 

お問い合わせと診断はinfoあっとrew10.comにメールか(あっとを@に変えてください)、03-6805-2280までお願い致します。

お問い合わせには必ずお答えしてますので、4~5日メール返信がない場合は届いていない恐れががありますのでお手数ですが再度送っていただけますと助かります。

 

 

当工房とお付き合いのあるショップさん経由でもご依頼可能です。

 

 

 

色々とお手数で大変申し訳ありませんが上記諸々、ご理解とご協力をお願い致します。

お受けさせていただく際はうちの出来る限りでお応え致します。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rew10works 2

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

Rew10works

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メール不具合。

 

 

 

 

昨日夜間~本日朝まで、メールソフト不調によりメールが受信できていなかった恐れがあります。

 

該当する期間内にメールを送ってくださった方で、今まで返信が無い方はおそらくこちらに届いておりません。

お心当たりのある方、大変お手数ですが再度送ってくださいますようお願い致します。

 

 

ちょうどやりとりしていた方もいるので、返信なければ再度送信お願いします。

 

ご迷惑おかけします。

宜しくお願い致します。

 

隆天

 

 

 

 

自然体。

 

 

 

 

 

 

昨年作らせていただき、タッグを組んでいるお馴染みブルーラグで先日組みあがった一台。

著名な声優さんのお客様ですが、忙しいお仕事の合間に見せに来てくださいました。

 

 

 

 

 

今回はシンプルなロード。

フレームの造形はモノステー以外目立つ個性は控えめですが、目立たないながらもジオメトリーやその他細かい箇所にRew10スパイスを織り交ぜております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当工房の定番のカーボンフォークWound Upと、お客様装着率9割前後のクリスキング。

クロモリに相性良すぎる組み合わせでしょう。

 

 

キングのパープルを少々効かせ、鈍く輝くスペーサーとヘッドバッジとフィレットの真鍮。

シンプルなフレームを引き立たせるべく、サドルのグラフィックでちょっとした遊び心を。

ブルーラグによる組み付けならでは個性も少し香る。

 

 

 

 

主に都会で効率よく楽しく移動するための道具。

時には遠乗りもされたいというご要望。

しっかりと盛り込みました。

 

 

 

人馬一体でポジションは勿論の事、乗った佇まいまで考慮してのジオメトリー。

ポジションだけなら市販車でも十分に出せる、オーダー車ならではの個々の好みまで反映したビルド。

眺めて良い佇まい、乗ってなお良し。

ごく普通に扱いやすく、各部ディテールや乗った姿にもくどさや違和感のない全体の雰囲気。

良質かつ自然、細かな箇所に気の利いたような、そんな自転車を目指しています。

 

 

 

 

 

今回も乗り味含め気に入っていただきました。

良きお客様のおかげで自信になります。

あれこれ考えだしたジオメトリーと、手間をかけた製作が報われます。 

 

 

 

シンプルの中にあるごく僅かな個性。

そういったところに己が進むべき細い道が見えています。

 

 

 

 

 

 

 

永きカスタムでした。

 

 

 

 

 

 

 

2年越しのカスタムがやっと終わりました。

 

おおよそ2年前、旧いMONGOOSE DECADEをカスタムしたいとご依頼を受ける。

 

 

 

たしか最初はフォークにUブレーキ台座を取り付けるのと、芯出し修正。

 

納品し加工箇所の問題は解決したものの、その後組み付けをされた模様で新たにむず痒い箇所が。

 

 

 

 

 

またお問い合わせを頂戴し、ジャイロのために必要なアウター受けを設置。

 

 

 

 

 

またまた繰り返し、今度はジャイロの上側のアウター受けをお手持ちのステムに設置したいというお問い合わせを。

 

 

 

 

 

またまたまた繰り返し、ステムをベタ下げするとジャイロ可動部が干渉するのでしっかりと保持しながらクリアランスを確保する特殊パーツを作って欲しいというお問い合わせを。

 

 

 

 

 

『またお世話になるかもしれません。』と言われ、いくらでもお付き合いするのでいつでもお待ちしています。と毎度の如く返す。

 

 

 

 

 

 

またいらっしゃるかなとお待ちしていたら、今度は作業依頼ではなくやっと組みあがったよと見せにいらしてきてくださった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな短い文章で書いたり、写真で見るほどあっけないものでないですが、この方のご苦労と繰り返し繰り返しの作業が色々詰まった一台です。

 

 

自転車を一台問題なく作り上げるというのは思う以上に本当に大変なことですが、特殊なものや旧いものとなると予測もできない事が多いのでなおさら大変な内容となります。

自転車って乗り物は一か所ダメだとたちまち動作しないので、きっちり行うほどに難しい内容となります。 

 

 

 

 

このお客様は他だとできないような加工なのでと、理解も深くうちを信頼してくださり足繁く通ってくださいました。

どんなものでもどんな組み合わせでもなんでも加工ができるわけではありませんが、信頼してくださるのであれば己の出来る最大限でお応えするしかありません。

 

 

色々と大変な作業もありましたが、今となれば良き思い出。

完成してほっとする反面、一抹の寂しさもなくもない。

 

 

 

一台を完成させるカスタムで、ここまで根気よく何度も通ってくださった方は稀です。 

熱意を感じるとお応えしたくてたまらなくなる性分です。

 

なにはともあれ、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下駄。

 

 

 

 

 

Rew10worksは自転車という道具をオーダー製作させていただいている工房。

 

そんな道具感が色濃くでた一台。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日々の通勤や散歩、時にはパニアにどっさり荷物を積み長旅も。

日常の足としてゆったり快適に、重い荷物にもへこたれない頑強さと、味わいあって飽きずに末永く付き合える一台を。

 

 

こんなご要望でお客さんと一緒に突き詰めていった結果生まれた一台です。

実用車と旅行車を混ぜ合わせ、ブレーキも二系統つけられる汎用性のあるフレーム。

 

装飾の類の仕様はほぼ省き、パーツもヘッド以外はリーズナブルなグレードで概ね構成、型落ち品も多く使用、良い意味で気の抜けた道具です。

 

このオーナーさんはトライアスロン等もやられている猛者ですが、こういった車種の抜きどころをよく理解されています。

高級品や最先端のモノで固めるのも勿論恰好良いですが、こういったどこか良い野暮ったさがある組み方は自分も好み。

 

 

 

肉厚チューブのフレームとパーツの多さで重量超級ですが、意外と走ると好評価いただきました。

抜群の安定感と強度で安心して使い倒せることでしょう。

しっかりとした強度があるものは剛性と安定性にも富んでいるので、ゆったりとした用途では良い効果が得られます。

 

非スポーツ車的意味合いが強い自転車ですが、日常使用においては非常に快適なものになります。

レースと日常使用では性能の出し方が全く異なります。

 

シンプルなので非常に細かな個性ですが、うちならではの工作で作らせていただきました。

日常に欠かせないような、ついつい自然と乗ってしまうような下駄になれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

美術的でなく、日々使う道具として追い求める美からの雰囲気。

今後も探求します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本年一発目。

 

 

 

 

癸巳年最後作。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は甲午。

干支というのは十二支でなく、十干を組み合わせて60年周期。

 

 

 

同じ干支銘を切れているとすれば90歳過ぎですから。

また同じ干支の銘を切れる可能性がほぼ無いと思うと感慨深いです。

そんな歳で手間のかかるフレーム製作が出来ている気がしません。

 

いつまでこの仕事ができているかなどわかりもしませんが、続けられるならば続けていきます。

 

 

 

 

 

 

 

謹賀新年。

 

 

 

 

あけましておめでとうございます。

 

本日より今年の営業を開始してますが、初日は年末年始でがっつりと溜まったメール対応と事務作業で製作作業をすることなく終えました。

 

 

 

明日から製作となりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりの忘年会にお集まりいただいた方々、本当にありがとうございました。

リピートオーダーくださっている方々や、製作中の方々、関連の皆様にお集まりいただきました。 

 

個展以来多くのオーナーさんが集まり、濃厚な会でした。

また来年やろうかと思います。

 

 

 

 

 

 

またオーナーさんが増えていくと思うと嬉しくもあり、気が引き締まります。

カスタムフレームビルドで生計を立てるのは楽ではないですが、今年も自分なりに進みます。

何処かを目指すような感じではなく、Rew10ならではの道を。

 

それでは今年も宜しくお願い致します。