DAMASCUS STEEL

 

 

 

 

 

 

 

 

また作りたくても訳あってずっと作っていないモノがあります。

 

 

 

以前にBOREDさんとコラボさせていただきました。

作りたかったのはそれで生まれたもの。

 

 

 

前にお会いした際に、トントン拍子で話が進んだダマスカスのコラボ話。

狙いすましたわけでもなく双方ともに直感的にかみ合って、ごく必然的かつ自然に進んだ有難いお話。

 

BOREDさんの分厚いご助力の甲斐あって、あの時は納得の出来栄えなヘッドキャップに仕上がった。

手前味噌で恐縮ですが、名品とも思えてくるぐらい惚れ込み、あれからずっと愛車に付いてます。

 

 

コラボでの限定品だったので、あれから販売はしていない状況。

 

 

 

 

ダマスカス鋼は本当に魅力的な素材です。

 

しかしこの辺の界隈だとBOREDさんが先に見出した素材。

あれからずっと使ってみたかった素材。

 

 

模倣などを好まないのは以前も語りましたし、人様からのアイディアでましてやお世話になっている知人。

自ら申した事や、浅はかにも無断で進めるなんて事は我が選択肢に無し。

何事も筋通っていない事はすべきでありません。

 

 

しかしあのコラボさせてもらった時に感動を今一度と、使いたい製作意欲も抑えきれなくなってきました。

 

以前からの恩義もあり用いるのならば、きっちり筋通すべく失礼ながら直に相談する事に。

駄目なら潔く諦めようと当たって砕けろ、うちの製作でダマスカスを使わせてください!と相談したところ、寛大にも気持ちよく快諾いただきました。 

 

 

 

という事で、BOREDさんのご厚意あってずっと作れなかったダマスカスヘッドキャップをおそらく再販する事になると思われます。

 

コラボさせていただいた好みもあり、BOREDさんは以前のような作業をされていないのもあり、引き継ぐ感じでもREW10でやらせていただくことになりました。

 

 

 

前回と異なりBOREDさんのお力添えが無くなるので、うちで材料手配から始めます。

切削は当工房にて行っていたので問題ありませんが、仕上げがうちで出来る仕上げとなるので以前とは多分異なります。

 

価格なども変動あるかと思われます。

うちはおそらくBOREDさんほど手際も良くないので、発売時期も今のところ全く不明です。

 

 

 

 

REW10 DAMASCUS HEADCAP

 

 

 

すべてBOREDさんより預かった残材で作ったサンプル。

ステンレス主体のものとスチール主体の異なるダマスカス。

 

 

 

快諾いただいてまた作れるのが嬉しくて、夜な夜なうちで出来る仕上げ技法を模索しておりました。

 

磨きこんでから腐食、色が出るように燻して諸々仕上げ。

以前も使ったVG10はやはり安定の格好良さ。

触ると凸凹した杢目状の質感、輝く照りと無骨さが同居し、やはり雰囲気です。

写真では伝わりきらないのがもどかしい。

スチールは腐食させた後は少しボケる感じ。 

 

 

どんな仕様でどんな仕上げにするかは材料探しながら研究しておきます。

一つと同じ杢目や色が出ないので、製作意欲が高ぶる本当に面白い素材。 

 

 

ヘッドキャップのみならず、色々と応用して用いていきたいと考えてます。

鉄、真鍮に次いで、ダマスカス鋼もREW10がよく用いる素材としてやっていきたい次第です。

 

 

 

 

 

BOREDさんの寛大なるご対応にスペシャルサンクスです。

引き継いで恥じぬように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 BBCAP

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1363.jpg

 

 

お問い合わせ多数だったREW10 BBCAP、やっと販売分が少量できました。

 

フルオリジナルにてけっこう細部までこだわって作ったので時間かかってしまいました。

お待たせしてしまい申し訳ありませんでした。

 

 

 

色々と練り上げた分、自分も気にいってほぼ毎日使っております。

 

生地の刺し子と真鍮の天ボタンが良い感じです。

REW10らしさを細やかながら込めさせていただきました。

 

 

 

※大変有難い事にブログ記事書いてる間にSOLDOUT。

また次回作りますので出来上がったらアップします。

次回完成時期は今のところ不明ですが、ご予約は承れますのでご希望のお客様はお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

明日はブランチです。

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch jun.jpg

 

 

明日は恒例のブランチです。

 

皆様のご来場をお待ちしております。

各種相談、談話、ご依頼いただいたものの納品など、どなた様も是非どうぞ。

 

 

 

明日は本来定休日ですが、上記イベントのため営業です。

イベント終了後の時間は閉めます。

 

振替で明後日の5日日曜日は休業とさせていただきます。

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何かを宿す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

歪み無く。

 

 

 

補強や軽量化のため、特殊な肉厚確保や変化をさせるのにうちでよく用いるかぶせや継ぎ合わせ。

 

継ぎ面の歪みない均一な光沢面を作るのはなかなか大変。

単純な箇所だからこそ非常に大事でもある。

素地の曲がりない光のラインは誤魔化しが利きません。

フレームとして出来上がった際、元からこういったチューブであるかのように自然過ぎて気付かないぐらいを目指す。

 

塗装前などでパテを盛って整形というのはREW10の製作工程選択肢において皆無。

それをした時点でうちの造形では無くなります。

 

 

 

 

 

何かを宿すという事。

こういった細かい事やどうでも良いような事の応酬です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

対面販売のみです。

 

 

 

 

 

ご好評いただきバックオーダー多数のREW10製バングル。

 

以前も紹介させていただいた通り、バングルにつきましては受注時及び納品時に採寸調整が必須のため対面のみ販売させていただいております。

 

 

サンプルや納品済の写真も増えてきましたので紹介します。

 

 

 

 

 

 

REW10 BANGLE STAINLESS

 

 

こちらはステンレス素材単体、燻し仕様。

コストは抑えられますが、質感及び経年変化を楽しめるのは一素材のみ。

 

勿論、燻し無しもできます。 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 BANGLE BRASSxSTAINLESS

 

 

これは以前自分が使用していたサンプル。

この仕事を初めてから摂取しすぎたのか、銅系金属の軽度アレルギーになってしまいました。

はじめに製作したバングルは真鍮無垢でした。

真鍮無垢だと夏場のみアレルギー反応で痒くなったり、手首が緑青で青黒くなるので、それらを防ぐため直接真鍮が肌に触れないように考慮したものです。

自ら使ってもいないものをお売りするのは説得力に欠けるので、自分でも快適にどうにか使えるようにしたのが内側ステンレス仕様。

 

 

ステンレスに真鍮をロウ付けして仕上げたもの。

単体素材に比べロウ付けや仕上げなどの工程が激増、かかる手間は倍どころではありません。

ステンレスには真鍮ロウ付けがやりにくいのもあります。

 

仕事でもプライベートでも数年間ハードに使用していたので、立っていた角も丸くなり傷だらけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 BANGLE BRASSxSTAINLESS

 

 

こちらはステンレスの六角に一面のみ真鍮をのせ燻したもの。

 

肌に触れる部分はステンレスなので手首が青黒くなることもありません。

擦れてくると燻しの奥からステンレス素地銀色が出てきます。

 

真鍮の変化も一緒に楽しめます。

写真では質感がわかりにくいですが、無骨な青黒さと真鍮の金色がなんとも格好良い。 

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 BANGLE STEELxBRASSxSTAINLESS

 

 

こちらは以前試しで製作した現在使用中の私物サンプル。

 

鉄xステンレスx真鍮、三素材掛け合わせの欲張りな仕様。

かかる手間もさらに増加。

 

 

やはり当工房の主な素材は鉄。

以前に鉄単体で作って試したのですが、当然ながら肌に触れる内側が凄く錆びました。

でも外側はまるで大丈夫でしたが鉄単体はボツ案、予想は出来ても実際試すのは非常に大事。

 

何か問題を抱えるモノはお客様にお出ししないのが信条、試行錯誤したのが写真の三素材ハイブリッド。

やはり内側はステンレスが一番良い。

 

出来た当初は鉄素地の銀色のままで使用。

数か月ずっと風呂入る時も寝るときも如何なる場合でも全く気を使わずつけぱなっしでしたが一向に錆びず。

錆が発生する前にすべて研磨されてしまうような効果がありずっと綺麗。

 

錆を嗜みたくて作った一品、痺れを切らせて人工的に錆びさせてから使う事に。

すぐに研磨されては面白くないので厚めに錆びを付けました。

写真がこの状態。

 

この状態からどう変化するかは自ら試したいと思います。

 

 

 

 

 

 

これらバングルに付きましては、直に工房にて受注時に採寸、納品時にご試着いただき微調整が必須です。

 

普通では調整不可なぐらい固く超高耐久で無骨、シンプルで素材感重視の当工房製の堅牢バングル。

 

 

是非ライフスタイルのお供にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

B&Lやります。

 

 

 

  

 

 

 

Rew10 brunch & lunch jun.jpg

 

 

相方たちの出産等で忙しく5月はお休みいただきましたが、6月4日土曜日に行います。

出産から子育てと続くのでしばらくの間は日程や内容変動など続くと思われます。

少々不定期で申し訳ありません。

 

 

なにはともあれ続けられる催し事はやり続けます。

 

皆様のご来場も心よりお待ちしております。

 

 

 

 

 

余談ですが、もう一つの継続したい催しであるコゼバッグとの谷中受注会が10月開催決定しました。

こちらも子育てで忙しい合間でやりくりしてくれています。

 

谷中のほうもどうぞよろしく。

 

 

 

 

 

 

 

休業案内。

 

 

 

 

休業の案内です。

 

22日日曜日、23日月曜日は臨時で休業となります。

21日土曜日は定休日ですので土曜日~月曜日の3日間工房を閉めます。

オンラインストアも期間中は休業となります。

 

該当日は工房での対応、電話での対応、メール返信などできなくなりますのでご注意ください。

頂戴したメールは24日以降に返信となります。

オンラインストア発送業務も24日以降となりますのでご注意ください。

 

誠に恐縮かつ勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

UPDATE

 

 

 

 

 

 

オーダー製作させていただいた自転車を納車してからも度々の愛車改造ご依頼をくださるKさん。

リピートご依頼は本当に有難く嬉しいです。

 

この度もハンドル交換などのついでに諸々改造。

 

 

Mr.KJWR's UPDATE

 

 

この方の自転車は大人っぽいところもありつつ無骨な素材感も際立っていて格好良いです。

以前はドロップハンドルでしたが、今回は日東B352へ改造。 

 

このハンドルは当然ながらドロップハンドルよりもかなり手元に寄るハンドルですが、相談時からこういった汎用性を見越してトップチューブ長めに設計したフレームなので寄りすぎる事はありません。

 

こういった自転車でトップを長めにするとその他良い性能恩恵も色々あります。

少々長くなってしまうのでここでは割愛します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.KJWR's UPDATE

 

 

この方には随分大事にお使いいただいてます。

錆びても大丈夫なのでリアルローフィニッシュが可能なコールテン鋼をシートチューブの一部に用いてます。

まだムラのある錆、今後は自分の愛車のように均一な濃い茶色に育っていく事でしょう。

 

 

泥除けも素材感むき出しな、シムワークスさんx本所さんの真鍮。

付けたての新品時はエグいぐらい金色の輝きでしたが、もう本領発揮してきてかなり良い味わいになっています。 

アルミよりも重く走行性能でいうと恩恵が乏しいですが、所有欲を満たしてくれる質感です。

 

 

 

 

 

自転車というのは基本的に繊細かつ軽量感にあふれた美しいイメージが多い。

対して無骨で素材感と重厚感に富んだタフな自転車というのはごく少数ですが面白い。

 

自転車素材において素地で変化の良い素材はほぼ皆無なので経年変化を嗜むのは難しかったりしますが、ここはREW10最も得意とする分野。

 

この自転車や自分の愛車のような作り方は重量は出ますが、快適性が高く通常使用においての経年耐久性はレーシング車の比にならないほどです。

 

 

 

スピードを要求されるレーシング及びスポーツ用途では軽さ等は非常に大事ですが、街道の移動などの一般使用用途では軽さより重要な性能が多数あります。

 

一般ユーザー様が普通に乗る自転車は自由度が高く、一つのレース用途の車種に比べ決まり事もありません。

その人に何が好まれ、何が効果的で快適であるか、押しつけでなくしっかり見極めるのも難しいです。

人によって在り方は様々、幅広く具現化可能なオーダー製作というのがここで生きます。 

 

色々な車種の良さをミックスしたり、様々なジャンルのパーツを組み合わせてフレームに組み込むためには色々な経験も必要です。

 

たとえ色々混ざっていても全体の組み上がりを違和感なく仕上げていく。

ゆるい自転車も本気で作る、色々面白いところですね。

 

 

 

 

うちは納車して終わりではありません。

その後のカスタマイズ、メンテナンス、その他アフターサービス諸々もお受けしております。

 

少し気分変えたいな~などお考えのREW10ユーザー様がいらっしゃましたら、是非ご遠慮なくお声掛けください。 

勿論REW10らしい提案が可能、愛車の可能性を広げ、より良いものにしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

BELTDRIVE

 

 

 

 

 

 

 

 

UEDA ARTS 2nd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UEDA ARTS 2nd

 

 

 

 

 

 

 

 

UEDA ARTS 2nd

 

 

 

 

友人の古美術上田弐號機。

 

鉄フレームだけどアルミラグ風な特殊ラグ。

 

今回もクドさがでないようにシンプルさに気を付けました。 

 

 

 

 

旧式カンパの逆爪エンドにベルトドライブという変わり種。

このミスマッチな組み合わせの施工には少し手間がかかりましたが、なかなか良く出来たかなと思えます。

 

 

 

 

 

自分の愛車にも搭載のベルトドライブ。

一度使うとチェーンには戻りたくないぐらい違和感も特になく非常に良いです。

 

 

我が愛車、以前にタイヤを履き替えてから全く手を付けずベルトのテンションを張り直してませんが、全く伸びが生じず快適です。

気付けばたるみが原因の張り直しをしたことが無い。

 

一日30km弱乗っておりますが、チェーンだったらたるみがでて何度か貼り直しが必要だったことでしょう。

 

当然オイルも不要なのでメンテナンス頻度が格段に下がります。

ギアとベルトを見ても摩耗も少ししか生じておらず、耐久性の高さが見て取れます。

動作抵抗も非常に少なく、動作の軽さと静かさもかなり良好。

完全ドライなのでパンツを捲らずとも汚れない。

 

 

なにやらベタボメですが、デメリットはあります。

搭載できるフレームが限られる、パーツ規格が少ない、コスト高、外装変速不可で内装ハブかシングルしか使えない等、少々曲者。

 

 

レーシング傾向の性質ではないですが、適合する仕様で使う用途も適合していればメリットが目立ちます。

搭載してから一年半以上経ち通勤でずっと使ってますが、これといってトラブルも何もありません。

 

 

こんな仕事を生業としている自分ですが、やはり必要メンテナンス頻度は少ないに越したことは無いと考えます。

頻繁に調整やメンテナンスが必要なモノは、ある種良く出来ていないモノと認識します。

使う用途に合わせ、初回組む際には手間を惜しまず作り上げれば、こういったものは非常に長く快適に使えます。

 

駆動するモノというのは永劫メンテナンスフリーというのは無理、でも回数も手間も減らせる。

極微細な不調の兆しがあれば適切に察知し、速やかに手を加えれば少ない回数かつごく簡単なメンテナンスで済み日々快適です。

ベルトは駆動音が非常に静か、使っている内装ハブもフリーの音がないので、自転車の声が聞きやすい。

心地よい機械音も良いですが、自分は無音派です。

 

 

 

市販のフレームでもカスタム施し条件を満たせば搭載可能です。

ご興味ある方は是非ご相談ください。

 

ベルト仕様のフレームオーダーも随時承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CUP AND CONE

 

 

 

 

 

 

 

 

CUP AND CONE  2nd

 

 

 

二台目にご依頼いただいた専用ランドナー。

 

ごくシンプルで道具として実にさりげなく、何も考えていないかのようで考えつくした彼らしい一台。

飾りっ気はほぼなく自然すぎる仕様、でもジオメトリーは少し特殊。

 

こういった一台は写真などで見ると凝った仕様のような見応えは少なめですが、シンプルさと使い勝手のおかげでジワジワと味わいを増し長く快適にお使いいただけることでしょう。

一乗りめで込めた片鱗を感じてもらえた模様、使う場面で色々な作り込みをもっと感じていただけたら幸い。

 

 

 

 

もし自分がREW10の看板を背負っておらず製作依頼する側だったら、こんな雰囲気の感じな一台にしそうな気もします。