可能であれば、

 

 

 

 

 

なんでも作らせていただきます。

 

 

何かの完全模倣品、技術や設備面で形に出来ない内容、おおよそこれら以外はどんなものでも製作致します。

 

 

 

 

 

 

 

メッセンジャーのケビンから製作依頼を受けて製作したBBQ SMOKER。

 

 

彼の今後の野望のために必要な機材です。 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

 

がっつり相談して必要な機能は盛り込みつつ、荒々しいジャンクな仕上がりが良いという事で、そんな雰囲気を狙ってます。

 

 

 

各部細かいところにREW10の仕事が垣間見えるようにしました。 

その他、薀蓄や作り込みは多々ありますが割愛します。 

 

 

 

 

これをどう使いこなすか、彼の今後に期待です。

アフターのカスタムもしながら応援したいと思います。

 

早くこれで焼いたものを食べてみたい。

 

 

 

 

 

鉄工所出なので、こういった工作も得意なんです。

 

 

何か目論んでいる方は相談してみてください。

 

自転車のみならず、ライフスタイル全般を支える工房で在りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カスタム魂。

 

 

 

 

 

 

 

当工房は可能な事であればなんでもご依頼お受けしております。

 

 

 

 

 

 

今回はカスタム事例を2台紹介します。

 

 

 

Custom before

 

 

まずは知人経由で承った一台。

 

 

お預り時は麻紐で留められていたワイヤーの処理が気になっている模様で、出来るだけ多くの箇所を内装仕様にして欲しいとの事。

 

 

内装処理はパイプの肉厚や各部仕様によって、適正の施工方法が変わります。

今回はメッキは守って欲しいというご要望、そして肉厚は十分なフレームセットだったので穴あけのみの内装処理です。

ハンドルとフォークも内装処理を施し、リア三角は内装処理せずに紐留めでなくガイドを設置という事になりました。

 

 

その他ついでに細かく気になるところも伺って、出来る限りそれを解消します。

 

 

加工する際はほぼすべての事例でパーツを取り外す必要があるので、全バラシして加工に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一人経営で不器用な自分は加工してる最中に写真を撮ってる余力など無いので、いきなり完成後の写真です。

 

 

 

Custom after

 

 

 

Custom after

 

 

 

このフレームには幸い大きいガセットが付いていたのでその裏側に穴を開け、見えないように&強度低下を考慮した穴あけ位置。

アメリカンBBなのも幸いしてBB付近もいささか通しやすい仕様でした。

 

ハンドルは肉厚なものだったのでこれも幸い。

 

フォークはクラウン付近のコラム根本に穴あけて通す手法に。

元の内部水抜き穴が小さく施工は難儀しましたが、ワイヤータッチも許容内でなんとか通せました。

 

 

あとはちょっとした細かいところいじりなから再組み付けをフィニッシュです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 続いて現行のMUDDYFOXをフルカスタムしたいというご要望。

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom before

 

 

所謂自転車店でないREW10はメーカーラインナップの最新情報は疎いので、古き良き旧車イメージのMUDDYFOXがいまだにあったのと、現行モデルが立派な現代仕様になっていたのが意外でした。

 

 

これをあえて細部にREW10のテイストと、少し旧車感のある仕様を盛り込んだようなカスタム内容で相談が進みました。

 

 

 

 

 

ARAYA Custom

 

 

ディレイラーは使わないということなので、変速系のダボはすべて除去。

 

ディスクブレーキは使うけどワイヤー引きしか使わないという事で、油圧対応のダボでなく通常の割りダボに変更。

 

リアキャリアは付けないので、リアダボ穴は綺麗に埋める。

 

 

フロント29er、リア650Bにしたいというご要望もあり、フォークは他のものを持ち込み。

確認させていただき特にジオメトリーでも問題ないので、このフォークも搭載決定でワイヤー引き対応にダボ変更。

 

 

 

パーツの選定もある程度お任せいただいたので、主要部分と全体の雰囲気のみのご要望をいただいて細かい他はこちらで選別。

 

 

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

 

ARAYA MUDDYFOX Custom after

 

 

 

焼けて部分剥離してしまった塗装は、足立のZさんで綺麗に剥離再塗装してもらって良い感じです。

 

 

組み付けにはREW10でよくやっているネジカスタムを盛り込みながら行う。

旋盤加工でネジ頭を美麗に仕上げて、真鍮ワッシャーを各部に鏤める。

 

アウターワイヤーカップとニップルは、メッキ無しの真鍮無垢仕様。

 インナーエンドキャップも真鍮。

 

スペーサー、ヘッドキャップはREW10製。

 

パッと見は目立たないけど真鍮好きな方には所有欲を高めてくれる、細やかで欠かせぬ薬味。

 

 

 

懐古と現代仕様が混ざった面白いMTBに生まれ変わりました。

 

ガッツリ乗ってあげてください。

 

 

 

 

 

 

このようなカスタムも快くお受けしております。

 

自転車屋さんで出来るような普通のパーツ組み換えなどのカスタムなら、お近くの自転車屋さんのほうが現物在庫もあるので、すべて取り寄せのうちよりも自転車屋さんで行ったほうがスムーズかと思います。

 

 

金属加工やREW10テイストを取り入れたようなカスタムご希望でしたら、うちでやっていただくと特有の改造ができます。

 

そういった際は是非お問い合わせください。

 

 

 

 

 

良い味。

 

 

 

 

 

 

の自転車、良い味に育ってきた。

 

 

 

Messenger B's Urban single

 

 

 

 

メッセンジャーっぽくして欲しいというオーダー内容。

過去の勤務経験も生かして全力でそんな雰囲気と乗り味を出したつもりです。

 

 

これをオーダーした時の心境が高じて、本当にメッセンジャーになってしまったこの男。

見た目だけでなく、本当にデリバリーでも有効なポテンシャルを込めておいて良かった。

 

 

 

 

 

片付けてたらでてきた。

 

 

メッセンジャーといえばこんな感じだろ!と、相談時の参考に見てもらったのがこの本。

 

目を通せばすぐに高揚し、痛く気に入った様子。

 

 

 

自分も過去に擦り切れるほど見ていて、この写真の本は実は二冊目。

もう一冊は自宅の本棚で朽ちかけてます。

 

この本見てリアルなメッセンジャーの息吹と自由を感じ、バイブルとなっていた一冊。

 

この手のものが好きな人間には、メッセンジャーのカルチャーは本当に格好良く映ります。

 

 

 

そんなこんなで出来上がった彼の自転車、そして本職のメッセンジャーとなって傷だらけになった彼の自転車は本当に恰好良い。

 

 

 

 

 

Messenger B's Urban single

 

 

 

 

 

Messenger B's Urban single

 

 

 

本職でないと付かないこのキズ。

キズだらけだけどタフに作ったし、ダメージなどはなくまだまだ乗れる。

 

一見粗雑にも見えますが、彼はすごく愛車を大事にしてるのが伝わってきます。

いつも駆動系は綺麗でメンテナンスはきちんとされてるし、ちょっとした何かでもあればすぐにうちにも持って来てくれて調整も抜かりなし。

来てくれる度説明もして、モノとの付き合い方を深く知ろうとしてくれてます。 

 

 

 

使い込んだ自転車の味わい、大好物です。

ピカピカの自転車では語ることの出来ない領域がここにあります。

 

今や憧れた本の中に載っていてもおかしくないような雰囲気になってます。

 

ほんとにシブい。

 

 

 

 

 

 

真鍮好きも高じてメッセンジャーでの通り名もブラス君となったこの男。

自転車細部にREW10の真鍮パーツを搭載し、デリバリーに勤しむ。

それだけでは終わらず、REW10真鍮アクセサリーは勿論、うちの真鍮ボタンやリベットの付いた服を好んだり、その他持ってる服のボタンの多くも真鍮ボタンに打ちかえて欲しい等々。

 

すっかりその名の通りになって、名は体を成してる正に真鍮野郎。

 

  

日々足繁く通ってくれて有難い限りです。

 

 

 

 

 

 

自分の手の入ったものに意味を感じてくれて使ってもらえるほど有難いことはありません。

 

 

 

 

不効率な業務ばかりですが、これからも何か気の通ったものを作り続けたく思っています。 

前から己の性質を痛感してますが、効率的に数多く作って売っての業務をするのは不器用な自分にはおそらく無理です。

 

 

職人らしく、言葉でなくモノで語れるように頑張ります。

 

 

 

 

 

 

STEM

 

 

 

 

 

 

 

 

stem

 

 

 

ステム単体でのご注文もお受けしております。

 

ステムに限らず、細かなもの一つからご依頼いただけます。 

 

 

 

 

 

stem 

  

 

こちらはお客様よりいただいた指示書。

 

 

溶接によって接合される手法のクロモリスレッドステムは、アルミ等の一体成型のステムと違い段差のないスムーズな形状にはしにくく、上端に突起が出来る構造が多いです。

製法都合上でやりにくいところもありますが、滑らかにして欲しいというご要望あれば勿論やっちゃいます。

 

 

 

ばっちり指示書のご要望に似せつつ、作り込んでおきました。

 

この手のステムはシルエットのライン作りが命。

なんでも手を抜けませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ブランチ。

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch jan.jpg

 

   

 

今年はじめの恒例ブランチは15日に開催します。

 

 

 

どなた様も参加歓迎の交流会です。

 

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

謹賀新年。

 

 

 

 

 

 

明けましておめでとうございます。

 

昨日より仕事を開始しております。

本年も色々と作らせていただくべく仕事に励みます。

 

変わらず可能な限りなんでもお待ちしております。

 

 

 

簡単ではありますが新年の挨拶でした。

 

明日5日は臨時で休業となりますのでご注意ください。

金曜日以降は平常通りの営業となりまして、毎週水曜日と土曜日が休業となります。

 

 

本年も宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

年末年始営業案内&裏隆天會。

 

 

 

 

 

告知が遅くなってしまいましたが、年末年始の営業案内です。

 

30日 営業

31日 休業

元旦 休業

2日  休業

3日  営業

4日  営業

5日  休業

 

以降は平常通りとなります。

 

明日の最終営業後は昨年は出来なかった裏隆天會(忘年会)を工房にてささやかに行います。

19:30~の予定です。

日々隆天を支えてくださる皆様やどなた様でも、是非ご参加ください。

 

少し用意しておきますが基本持ち寄り歓迎スタイルでよろしくです。

 

 

 

 

今年も皆様のご愛顧のお蔭で楽しく製作をすることが出来ました。

 

来年もより良き製作が出来るように励みます。

 

 

変わらないスタイルで在り続ける事、変わっていかなければならない事もございますが、どうあってもモノづくりを続けることにこだわってまいります。

 

それでは皆様、良いお年を。

 

 

 

 

 

本日はブランチです。

 

 

 

 

 

 

 

 

本日23日は今年最後の恒例ブランチです。

 

 

Rew10 brunch & lunch DEC.jpgのサムネール画像

 

 

10:00~15:00の開催となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 直前の告知になってしまいましたが、アパレルの新作の即売会も行います。

 

今回は新しいワッペンができましたので、ワッペンをつけたワークウエアになります。

ワッペンは黒いフェルト地に、手作業にて生成フェルトを10のロゴに切り抜き縫い付けたものです。

総刺繍より温かみとハンドメイドの質感を感じていただけると思います。

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WORK SHIRTS  HEAVY FLANNEL

 

 

こちらはヘビーフランネルのワークシャツ。

綾織のざっくりとしたインド綿を使用した生地です。

 

いつもと同じくREW10ウエアの特徴として、プレスで打ち込んだ真鍮のボタンに真鍮のリベットが付いた商品です。

いずれも無垢の真鍮ですので、経年の変化をお楽しみいただけます。

このシャツのボタン中心部分は鉄になります。

 

パターンは非常にシンプルですので、色々合わせやすいです。

これからの寒い時期はインナーとして、春先などは軽く羽織っていただけます。

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WORK SHIRTS INDIGO WABASH

 

 

こちらはインディゴデニムをストライプ状に抜染したウォバッシュ地です。

 

ボタンは無垢の真鍮に中心部分は銅、リベットは真鍮です。

 

こちらも非常にシンプルですので、色々使えます。

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WORK JACKET BLACK MOLESKIN

 

 

 

こちらは黒いモールスキン生地のワークジャケットです。

 

ラグラン袖が少し特徴的で、エルボーパッチがついたワークらしい仕様です。

 

腰の脇にはポケットがつきます、縁はリベットで勿論補強。

 

ボタンは真鍮無垢に中心は銅です。

 

デニムジャケットより少し薄手ぐらいで、シャツ感覚的にライトアウターとして使えます。

 

 

 

 

 

 

本日はこの新作以外にアウトレットや、ほんの少しだけ本日だけのセール品並べます。

 

 

いつもはご予約いただく工房ですが、本日は不要です。

普段からお気兼ねなくお越しいただいて良いのですが、本日はもっとお気兼ねなくお越しください。

 

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

今年最後の。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch DEC.jpgのサムネール画像

 

 

 

23日の天皇誕生日に開催です。

 

 

 

アウトレットを多めに用意したり、はじめてのちょっとしたセールを考えてます。

模索中なのでやるかどうかも詳細も考え中です。

 

 

 

 

今年最後のブランチ、是非ご来場ください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルゆえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車もその他プロダクツも、以前のREW10よりシンプルになっています。

 

 

ただシンプルにしても個性もない。

何かしらの箇所に細やかな作り込みを取り入れたいところ。

REW10ならではの何かを。

 

 

日々の仕事で気を付けている事の一つです。

 

 

 

 

 

今回は物凄くシンプルなピストをコンプリートで組ませていただきました。

 

 

Mr.S's Urban Single

 

 

 

特筆すべき強い個性を感じさせない至ってシンプルな一台です。

 

シンプルさにこだわりをお持ちのお客様だったので、相談の結果で主張はほんの囁く程度ということに。

 

ヘッドバッジもロゴも全く無し、シンプルの極みで潔い仕様です。

 

 

シンプルにと言っても、すべての箇所を定石通りにして欲しいというご要望ではないです。

定石に反した箇所もあったりするのがREW10のビルド。

 

ジオメトリーなどにも一工夫あり、ポジション合わせは勿論の事、乗り手が乗車時にスマートに見えるようにもしました。

詳しくは割愛します。

 

 

 

 

 

 

REW10では、当工房で作らせていただいたフレームや、修理や改造をさせていただいた自転車などのパーツ手配や組み付けは承っております。

納車後のメンテナンスなども快く承っております。

 

必要はパーツ類はすべて取り寄せとなりますので、普通に行う組み付けのみでしたら近くの自転車店で行ってください。

 

 

 

 

 

 

いままで密かにしてましたが、実はうちで組むとちょっとした特典付です。

 

フレームなどの製作物のみならず、もっともっと細やかな箇所も大事です。

うちで組み付けなどをすると、ネジやワッシャーなどがカスタムされます。

 

 

 

サービスなのですべての箇所を行えるわけではありませんが、出来る範囲で改造を施します。

 

  

Mr.S's Urban Single

 

 

この写真だけでもうちならではカスタムした箇所は7~8か所。

 

多くの方に気付いていただかなくても良いです、こちらの好きでやっていますし感謝からのサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Logo delete

 

 

シンプルにというこだわりをお持ちだったのでこんなことしたり、

 

 

 

 

 

Gunmetal Machining

 

 

旋盤でこんな作業をして、

 

 

 

Hub Washer

 

 

こんなワッシャーを作って、

 

 

 

Mr.S's Urban Single

 

 

 

こうしてはめたりします。

 

訳あって130㎜エンド幅をご所望だったので、デュラエースのピストハブの軸を入れ替えたカスタムです。

真鍮でも問題ありませんが、一応軸部分なのでワッシャーには強度のある砲金を用いました。

 

ナットとツラ位置合わせるとスマートです。

 

 

 

 

 

シンプルな一台はただ形にするだけだと面白みに欠けたりもします。

 

それならば細部こそが真価を問われる箇所。

 

 

 

シンプルゆえ、それを崩さぬように気を払いつつ、出来る僅かな領域に深い可能性を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_