休業案内。

 

 

 

 

休業の案内です。

 

22日日曜日、23日月曜日は臨時で休業となります。

21日土曜日は定休日ですので土曜日~月曜日の3日間工房を閉めます。

オンラインストアも期間中は休業となります。

 

該当日は工房での対応、電話での対応、メール返信などできなくなりますのでご注意ください。

頂戴したメールは24日以降に返信となります。

オンラインストア発送業務も24日以降となりますのでご注意ください。

 

誠に恐縮かつ勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

UPDATE

 

 

 

 

 

 

オーダー製作させていただいた自転車を納車してからも度々の愛車改造ご依頼をくださるKさん。

リピートご依頼は本当に有難く嬉しいです。

 

この度もハンドル交換などのついでに諸々改造。

 

 

Mr.KJWR's UPDATE

 

 

この方の自転車は大人っぽいところもありつつ無骨な素材感も際立っていて格好良いです。

以前はドロップハンドルでしたが、今回は日東B352へ改造。 

 

このハンドルは当然ながらドロップハンドルよりもかなり手元に寄るハンドルですが、相談時からこういった汎用性を見越してトップチューブ長めに設計したフレームなので寄りすぎる事はありません。

 

こういった自転車でトップを長めにするとその他良い性能恩恵も色々あります。

少々長くなってしまうのでここでは割愛します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.KJWR's UPDATE

 

 

この方には随分大事にお使いいただいてます。

錆びても大丈夫なのでリアルローフィニッシュが可能なコールテン鋼をシートチューブの一部に用いてます。

まだムラのある錆、今後は自分の愛車のように均一な濃い茶色に育っていく事でしょう。

 

 

泥除けも素材感むき出しな、シムワークスさんx本所さんの真鍮。

付けたての新品時はエグいぐらい金色の輝きでしたが、もう本領発揮してきてかなり良い味わいになっています。 

アルミよりも重く走行性能でいうと恩恵が乏しいですが、所有欲を満たしてくれる質感です。

 

 

 

 

 

自転車というのは基本的に繊細かつ軽量感にあふれた美しいイメージが多い。

対して無骨で素材感と重厚感に富んだタフな自転車というのはごく少数ですが面白い。

 

自転車素材において素地で変化の良い素材はほぼ皆無なので経年変化を嗜むのは難しかったりしますが、ここはREW10最も得意とする分野。

 

この自転車や自分の愛車のような作り方は重量は出ますが、快適性が高く通常使用においての経年耐久性はレーシング車の比にならないほどです。

 

 

 

スピードを要求されるレーシング及びスポーツ用途では軽さ等は非常に大事ですが、街道の移動などの一般使用用途では軽さより重要な性能が多数あります。

 

一般ユーザー様が普通に乗る自転車は自由度が高く、一つのレース用途の車種に比べ決まり事もありません。

その人に何が好まれ、何が効果的で快適であるか、押しつけでなくしっかり見極めるのも難しいです。

人によって在り方は様々、幅広く具現化可能なオーダー製作というのがここで生きます。 

 

色々な車種の良さをミックスしたり、様々なジャンルのパーツを組み合わせてフレームに組み込むためには色々な経験も必要です。

 

たとえ色々混ざっていても全体の組み上がりを違和感なく仕上げていく。

ゆるい自転車も本気で作る、色々面白いところですね。

 

 

 

 

うちは納車して終わりではありません。

その後のカスタマイズ、メンテナンス、その他アフターサービス諸々もお受けしております。

 

少し気分変えたいな~などお考えのREW10ユーザー様がいらっしゃましたら、是非ご遠慮なくお声掛けください。 

勿論REW10らしい提案が可能、愛車の可能性を広げ、より良いものにしていただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

BELTDRIVE

 

 

 

 

 

 

 

 

UEDA ARTS 2nd

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UEDA ARTS 2nd

 

 

 

 

 

 

 

 

UEDA ARTS 2nd

 

 

 

 

友人の古美術上田弐號機。

 

鉄フレームだけどアルミラグ風な特殊ラグ。

 

今回もクドさがでないようにシンプルさに気を付けました。 

 

 

 

 

旧式カンパの逆爪エンドにベルトドライブという変わり種。

このミスマッチな組み合わせの施工には少し手間がかかりましたが、なかなか良く出来たかなと思えます。

 

 

 

 

 

自分の愛車にも搭載のベルトドライブ。

一度使うとチェーンには戻りたくないぐらい違和感も特になく非常に良いです。

 

 

我が愛車、以前にタイヤを履き替えてから全く手を付けずベルトのテンションを張り直してませんが、全く伸びが生じず快適です。

気付けばたるみが原因の張り直しをしたことが無い。

 

一日30km弱乗っておりますが、チェーンだったらたるみがでて何度か貼り直しが必要だったことでしょう。

 

当然オイルも不要なのでメンテナンス頻度が格段に下がります。

ギアとベルトを見ても摩耗も少ししか生じておらず、耐久性の高さが見て取れます。

動作抵抗も非常に少なく、動作の軽さと静かさもかなり良好。

完全ドライなのでパンツを捲らずとも汚れない。

 

 

なにやらベタボメですが、デメリットはあります。

搭載できるフレームが限られる、パーツ規格が少ない、コスト高、外装変速不可で内装ハブかシングルしか使えない等、少々曲者。

 

 

レーシング傾向の性質ではないですが、適合する仕様で使う用途も適合していればメリットが目立ちます。

搭載してから一年半以上経ち通勤でずっと使ってますが、これといってトラブルも何もありません。

 

 

こんな仕事を生業としている自分ですが、やはり必要メンテナンス頻度は少ないに越したことは無いと考えます。

頻繁に調整やメンテナンスが必要なモノは、ある種良く出来ていないモノと認識します。

使う用途に合わせ、初回組む際には手間を惜しまず作り上げれば、こういったものは非常に長く快適に使えます。

 

駆動するモノというのは永劫メンテナンスフリーというのは無理、でも回数も手間も減らせる。

極微細な不調の兆しがあれば適切に察知し、速やかに手を加えれば少ない回数かつごく簡単なメンテナンスで済み日々快適です。

ベルトは駆動音が非常に静か、使っている内装ハブもフリーの音がないので、自転車の声が聞きやすい。

心地よい機械音も良いですが、自分は無音派です。

 

 

 

市販のフレームでもカスタム施し条件を満たせば搭載可能です。

ご興味ある方は是非ご相談ください。

 

ベルト仕様のフレームオーダーも随時承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CUP AND CONE

 

 

 

 

 

 

 

 

CUP AND CONE  2nd

 

 

 

二台目にご依頼いただいた専用ランドナー。

 

ごくシンプルで道具として実にさりげなく、何も考えていないかのようで考えつくした彼らしい一台。

飾りっ気はほぼなく自然すぎる仕様、でもジオメトリーは少し特殊。

 

こういった一台は写真などで見ると凝った仕様のような見応えは少なめですが、シンプルさと使い勝手のおかげでジワジワと味わいを増し長く快適にお使いいただけることでしょう。

一乗りめで込めた片鱗を感じてもらえた模様、使う場面で色々な作り込みをもっと感じていただけたら幸い。

 

 

 

 

もし自分がREW10の看板を背負っておらず製作依頼する側だったら、こんな雰囲気の感じな一台にしそうな気もします。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

告知が遅れGWの最中ですが、営業案内です。

 

5月5日を臨時休業とさせていただきます。

明日は水曜日定休ですので、明日明後日と休業となります。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

明日はREW10 B&Lです。

 

 

 

 

 

明日の29日金曜日昭和の日は久々のB&Lです。

 

 

 

Rew10 brunch & lunch apr.jpg

 

 

今回、チャリンコーヒーとコナクックとともに売上を熊本地震被災地へ送る義援金に致します。

REW10からはグッズ等を販売させていただき、義援金へと当てさせていただきます。

 

 

 

 

友人の古美術上田から義援金に当てて欲しいと、自転車パーツの提供がありました。

 

IMG_1145.jpg

 

IMG_1146.jpg

 

IMG_1147.jpg

 

お代は気持ちで良いのでどなたかご助力を。

 

 

ちっぽけな工房をかまえる一職人に出来る事など限られます。

でも出来る何かはしたいです。

 

明日はチャリンコーヒー、コナクックともにチャリティーイベントB&Lになります。

皆様のご来場をお待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

CAP量産中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

量産中。

 

 

ただいま製品版量産中です。

 

明日のイベントには間に合いません、お待たせして申し訳ないです。

一個一個こだわって手作業にて作っています。

 

良いモノに仕上げますので、もうしばしお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

 

 

直前告知で申し訳ありませんが、明日26日は打ち合わせ及び自宅にて業務ゆえ工房は不在になります。

工房で行う業務は休業となりますのでご注意ください。

 

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

作らせていただくという事。

 

 

 

 

 

 

 

 

大したプロモーションも出来ていないのにREW10をどこからか見出してくださり、何かでご興味をお持ちくださり、信頼くださってご依頼をいただく。

 

お問い合わせがひっきりなしという事ではないですが、途切れることなく手を動かし続ける事が出来るのは職人にとってはどれほど有難い事か。

どんなご相談であろうとうちのような工房を頼りにしてくださるだけで光栄です。

 

 

 

 

知人しかユーザーがいない創業当時、こちらの個性を押し付けているかのような感じだった気がします。

見た目重視のデザイン先行が強い、ある種誂えられていない。

 

あれから様々な仕事をさせていただき、うちなりの追求すべき道が見えてきております。

デザインのみ先行でなく、乗り手に最適化した使い勝手と性能を追求した道具としての作り方。

それに付随して成るべくして成った自然に入る意匠や、ご要望を具現化していく上で必要なデザイン。

 

自転車フレーム作りなんてものはただ形にしたり、時間かけてただ適当に凝って作ることは素人でもできる。

プロには工場の維持存続及び生活を成り立たせるためにある程度の時間制限がある。

その時間内でいかに効率良く一定のクオリティを保って作っていくかが肝要。

工房運営を維持しつつ、その生業で最低限以上食べていけなければプロでない。

 

 

 

 

それでも心底気にいっていただく事が自分にとっての至福。

それに至るには技術云々だけでなく、容易でないです。

 

 

その人に合わせ理に叶った仕様の見極め、しっかりと責任を持ち気に入っていただける一台を仕上げるとなると色々なものが必要になり、簡単なものではありません。

ただ手間をかけた綺麗さとかそんな小手先の事だけでは足りない気がしてきました。

ご要望を伺った上でそれを形にしつつ、どこかにこちらの個性もそっと自然に入れる。

如何にして総じて『何か』を込められるか。

 

 

 

その『何か』などブログなどではすべて伝わると思っておりませんし、一職人として文章で逐一すべて説明するのでなく、出来るものならば実際のモノで語るべきだと考えております。

 

 

 

 

 

 

 

 

Untitled

 

 

昨日、生地状態をお客様にご覧いただきました。 

凄く喜んでくださった、作り甲斐を強く感じる事が出来る瞬間。

一生乗ります、なんて有難いお言葉も頂戴した。 

 

 

信じて長くお待ちくださり、ここでがっかりされては自分の食い扶持など無いぐらいに考えてます。 

実際に出来上がったモノを見て触れて乗って、実物と対峙していただく賞賛こそ自分にとっての一番の評価です。

 

これからコーティングにかかりますが、本当に一生乗っていただくためにしっかり出来ているか一層細部に目を配る。

 

 

 

 

『作る』という事が、いつからか『作らせていただく』と変わりました。

モノ作りの難しさと面白さの深遠なる道、自分ごときやっと入り口程度に思います。

まだまだ高みへ行けません。 

 

自転車だけでなく、思うモノ作りを探究していきます。

人ありきのモノ作りは登り甲斐があります。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

漆黒。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.MTNG's FIXED

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.MTNG's FIXED

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.MTNG's FIXED

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.MTNG's FIXED