営業案内。

 

 

 

12月10日の火曜日は都合により休業とさせていただきます。

勝手ながら申し訳ございませんが宜しくお願い致します。

 

 

 

Untitled

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

谷中のアレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

20191205_110213_R.jpg

 

 

今年もアレの季節がやってきました。

 

はい、この展示会の相方コゼバッグとの展示会です。

会場はいつもの裏路地の古美術上田です。

はじめての方には見つけにくい場所ですが、有名な谷中銀座の出口とぶつかるよみせ通り沿い洋食マロを目印に脇の細い路地裏にGOです。

 

12月20日(金) 11:00~18:00

12月21日(土) 10:00~18:00

12月22日(日) 11:00~17:00

 

 

お付き合いの長い常連様には相変わらずの会ですが、REW10ではご新規のお客様も多いので少し説明しておきます。

 

REW10は創業から12年目になりますが、創業から2011年夏までは文京区の住宅地の一角にあるイナバ物置を工場としておりました。

今思えば、あんな良くない立地と極狭小の環境でやっていたのが信じられないぐらいです。

良き仲間とお客様や新参ビルダーが長く全くいなかった時代に助けられ、なんとか細々と製作できていました。

 

 

その文京区の繋がりと過去にメッセンジャーをやっていた同志に骨董屋の古美術上田がいまして、その店主が展示会場としてお店を貸してくれています。

 

その古美術上田の店舗二階で産声をあげ、アトリエをかまえていたのがコゼバッグ。

創業したのは自分の少し後のほぼ同時期、そして彼女も過去に京都でメッセンジャーをやっていた同志でもあります。

 

みんな元メッセンジャーで拠点が文京区、楽しくつるんでおりました。

 

 

その後、コゼバッグが京都に移転することになり、少し寂しくなりました。

でも東京にはコゼバッグのファンも多く、顔合わせと出稼ぎ的な事もしたいという事で谷中の合同展示会は続いています。

コゼも隆天もあまり目立ちたがりでもなく、絵に描いたような華やかな展示会よりこじんまりとした展示会が性に合うかのように思っています。

 

 

そんな流れで開催されている展示会です。

昔を思い出す大事な会、可能な限りは続けていきたいと思っています。

 

 

折角の展示会なので小物の生産も進めています。

こういった機会でもないと受注分の仕事に注力し疲れ果ててしまうので、理由でもあれば合間になんとか頑張れます。

 

ヘッドキャップなどのパーツ類、フック等アクセサリー、帽子やシャツ等のアパレル、鋭意製作中です。

 

金属加工は自分一人、アパレルは妻が中心に進めてくれてます。

たった二人の分業なので大した数が用意できませんが、普段あまり在庫出来ていない商品も並べるつもりです。

 

 

小さな展示会ですが、谷根千探索のついでにでもお立ち寄りいただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

勝。

 

 

 

 

 

この仕事をやらせていただき、職人冥利に尽きると思える事が多々あります。

 

人様の乗り物を誂えで作らせていただく、ご要望は様々です。

日常使用のための一台、メッセンジャーさんたちなど業務のための一台、スポーツとして楽しまれている一台、アドベンチャー的に使われる一台、レースでの勝利のための一台、人それぞれの自転車があります。

 

すべての自転車もその他産物もしっかり使ってもらえる道具を作り、気に入って使ってもらえると嬉しく、どれも変わらず職人冥利に尽きます。

 

 

レース機材としてうちのフレームを選んでくださる方は多くはないですが、使ってくださっている方もいらっしゃいます。

 

クロモリフレームはレーサーとして生きるのは難しくなってきているところもありますが、まだ勝てる機材として使われるレースもあります。

 

 

 

 

 

 

GRINDURO

 

 

 

ちょっと時間経過してしまいましたが、9月に納車させていただいたお客様 が、先日開催されたGRAINDURO!のシングルスピード部門でREW10のフレームで優勝してくださいました。

 

作らせてもらったフレーム勝利の吉報は、最高に興奮するものです。

自転車での速さというのはライダーさんのスキルがほとんどを占めていると思います。

その中でライダーさんの力を存分に発揮できる機材を作る事が出来たというのは本当に嬉しいもの。

このフレームのおかげで勝てたと言ってくださった時はまさに感無量。

 

過去にメッセンジャーのレースで良い吉報があった以来の久々勝利でした。

 

GRINDUROのホームページでリザルトも見れますし、cyclowiredさんでもライダーさんと実車見れますので、ご覧になってみてください。 

 

写真のチャンピオンサドルをREW10の店舗に、とお預けくださいました。

頂いたものでなくお預かりしているものとして、REW10SHOP内に大事に有難く鎮座させていただきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

001_R.jpg

 

 

勝利のお祝い&御礼と、サドル預かった御礼にトロフィー的に立派な植物を進呈させていただきました。

 

このお客様はうちでも多くの植物を買っていただいてる園芸好きの方、貴重な株にとても喜んでいただけました。

 

 

 

 

 

様々な人を支える事が出来る商品作り、今後も頑張ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アパレル。

 

 

 

 

 

REW10は一体何屋なのでしょうか。

フレームビルダーであり、修理改造屋であり、アクセサリー製作屋でもあり、アパレル生産もしており、植木鉢などその他雑貨も生産、本当に色々作っております。

 

屋号をREW10CYCLESにせずREW10WORKSにしたのも、最初から色々な分野の製品を製作したかったのが理由であります。

 

横道それまくっているな、という印象の方もいらっしゃると思いますが、自分としては目論見通りでもあり考えていた以上の事もできています。

REW10でモノを作る時は、自分が心底欲しいと思えるものを作る、というのが一番最初の開発理由です。

そしてよく出回っているものでなく、オリジナリティを必ず込め、自分たちの手作業工程を必ず入れる事も欠かさず行っております。

この理念はブレずにずっとやってきています。

 

 

 

 

 

REW10の製品は多岐に渡って増えてきてます。

今後も何か欲しいと思えるもので製作可能なものがあれば積極的に作っていきたいと思っております。

 

 

 

そんなこんなでアパレルも作っております。

若い時から洋服は好きで学業終わったら、セレクトショップか古着屋かアパレルメーカーを自分で起こしたいと思っていた時期もあります。

インポートもののセレクトショップで働かせてもらい、厳しくも有難い先輩方から洋服のいろはと仕事の姿勢を叩き込まれました。

 

フレームビルダーになりたいと考えてきてからは自転車に熱を注ぐようになり、夢描く仕事も変わり現在に至ります。

 

 

 

REW10の主な業務は鉄工業ですから、アパレルは鉄工仕事で使うワークウエアとしてリリースしているものが多いです。

昔からワークウエアは大好きなのですが、鉄工はじめてからはワークウエアをオシャレ着でなくきちんと労働着として着れるようになり、ワークウエアの使いやすさとタフネスさを噛みしめながら使っています。

 

うちで作っている自転車と同様で、道具としてさりげなく、シンプルで使いやすい、使い込むほどに良さが出る、こんな空気感を共通させて作っております。

 

 

 

 

最近は形にするのが大変過ぎる難物でほぼ手一杯でしたが、少ない合間でアパレル生産も進め、久々に新たに生産販売できる在庫確保できました。

 

REW10 WORKSHIRTS

 

 

 

 

REW10 WORKSHIRTS

 

 

 

 

 

REW10 WORKSHIRTS

 

 

 

 

REW10 WORKSHIRTS

 

 

 

久々に装い新たなワークシャツ。

 

形はシンプルでしっかり堅牢なワークシャツしていて、形もさりげなく気に入っています。

REW10では火を使うので生地はコットン100%でないとダメです。

 

鉄工の空気感を込め、ボタンはすべて無垢のメタル使用。

今回はベージュのツイルが真鍮と鉄のボタン、デニムが真鍮と銅のボタンです。

 

ポケットと袖口は真鍮リベットで補強しております。

 

すべて当工房のプレスで打ち込んでいます。

胸元のプリントも自分たちでハンドプリントです。

 

 

早速仕事でガシガシと労働着として働いてくれてます。

 

 

 

 

 

 

 

REW10 BBCAP SASHIKO

 

 

 

 

REW10 CASQUETTE SASHIKO

 

 

そして受注分で一杯だった帽子ですが、こちらも久々に在庫作る事ができました。

 

刺し子の黒は人気でずっと生地切らしていたのですが、今回良いものが見つかりどっさり生地確保しておきました。

 

黒刺し子以外にも生地多数ございます。

オーダー製作も承っておりますので、ご相談はなんなりとどうぞ。

 

 

REW10SHOP奥のアトリエで作られるフルオリジナルの帽子です。

帽子好きの自分が練り上げたシルエットと縫製方法。

REW10はほぼ一人の業務ですが、アパレル生産は妻も手伝ってくれており、帽子作りはかなりやってくれています。

 

 

細部も作り込んでおりタフネスで洗濯もTシャツと同じような感覚で手軽に扱えます。

ワークキャスケットは仕事でもずっと使って、労働着としても本当に気に入っています。

 

 

こちらも鉄工の空気感を込めて無垢真鍮天ボタンを取り付け、オリジナリティを出しています。

裏側のネジは自転車でもよく用いるステンレストルクスボルト。

緩みと洗濯に強くするため、自転車でも使う耐水性のあるロック剤を塗布して締めこんでいます。

 

主な業務で培ってきた技術を用い、繋がりを持って作ると良い作り込みも出来ます。

 

 

 

 

 

REW10の商品はどれもさりげなく使えるものばかりです。

変にかまえずガシガシと使っていただけましたら幸いです。

 

 

ワークシャツも帽子も今なら店舗在庫ございますし、近々オンラインストアにもアップします。 

自転車と同じくアパレルも宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BANGLE

 

 

 

 

 

自転車系の業務以外もREW10では様々な製作を承っております。

 

バングルはその中でもご依頼が多い商品。

フレームビルドの技術を用い変わった製法と素材で作られるバングルです。

 

 

 

 

BRASS x STAINLESS BANGLE

 

 

 

これは真鍮とステンレスをロウ付けで接合したもの。

外側三面は真鍮、内側三面はステンレスです。

 

なぜわざわざこのような仕様にするかというと、真鍮単体ですと特有の緑青という錆が手首に付着し肌が青黒くなります。

水や石鹸で洗えば落ちますが、強く締め付けられたかのようなアザみたいにも見えっちゃったりします。

この現象を防ぐため、肌に触れる三面のみにステンレスを仕込んでます。

これは鉄バングルなどを作る時にも使える手法です。

 

こういった工夫を施す事で真鍮の旨味がありつつも錆の付着が防げる良い仕様のバングルにすることが出来ます。

 

ただこの仕様を取り入れるには非常に手間がかかります。

少々つけにくいステンレスに真鍮ろう付けを施し、凸凹の溶接面を綺麗に仕上げます。

 

 

 

 

BRASS x STAINLESS BANGLE

 

 

この面を作るのはなかなか手間がかかります。

 

当工房のバングルはろう付けの有無で価格が大きく変わります。

それとろう付けをする面積が多いほどに価格が上がります。

 

六角断面のバングルを半分真鍮盛って綺麗に仕上げるのは、単体素材のバングルとはまるで手間が異なるのでコストにも反映されます。

 

 

このバングルはサイズ取りも少し変わったもので、先端にも少し厚み絞り入れてます。

 

 

 

 

 

 

 

 

STAINLESS DAMASCUS BANGLE

 

 

続いて、初めて承った断面形状のダマスカスバングル。

 

ダマスカス鋼は表面の削り方で杢目がある程度コントロールできます。

これは先端に峰を作っており、いつもの曲面とは杢目が大きく変わります。

 

材料によっても異なりますがこのステンレスダマスカスですと、平面にすると斑点状の杢目が強くなり、斜めに削ると縞状の杢目が強くなります。

 

このバングルは峰を作ったせいで縞状杢目がほとんどの構成となります。

曲面ですと平面に近い部分は斑点状で、端は斜めに削られるので縞状になります。

 

 

 

 

 

STAINLESS DAMASCUS BANGLE  

 

 

令和元年の銘を裏側に。

 

令和元年の銘を刻めるのもあと40日ほど。

自転車製作はすでに今年製作分は手一杯ゆえ来年の銘しか承れませんが、バングルは今月中ぐらいの受注でしたらあと数本程度はお受けできます。

 

製造年の銘は通常干支で刻んでおりますが、元年の銘はなかなか格好良いので、元号変わってからの今年のみ干支では刻んでおりません。

来年からは干支に戻し、『令和庚子年』という銘になります。

 

干支というのは詳しく言うと皆さまがよく言う十二支の事ではなく、漢字で書いた通りで十干と十二支を組み合わせて干支と言います。

還暦という言葉を聞いた事があると思いますが、十干と十二支を組み合わせると同じ干支は60年に一度、生まれた干支に還るので還暦というわけです。

 

干支の元号を加え、令和庚子年と刻むと何年に作られたかわかるわけですね。

昭和は64年まであったので重複する干支は出てきてますが、滅多にある事ではないと思います。

単純に漢数字で刻むよりも灌漑深くこのようにしています。

 

少し調べるとわかりますので、すでにREW10の銘切入り製品をお持ちの方は調べてみてください。

 

こういった趣も加える事でちょっとした所有欲でも増していただければと思っております。

特に絶対こうしないといけないという事ではありませんので、令和二年など漢数字での刻みが良いというお客様はご要望に沿いますので、色々とご遠慮なくご相談いただければ幸いです。

 

 

受注のご相談は店舗にて承っております。

営業日でしたらいつでもお待ちしておりますので、ご相談だけやとりあえず見るだけでもぜひどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

デモンタ。

 

 

 

 

 

 

基本的にREW10がブログやインスタなどで紹介しているものは、すべてどなたでも受注可能なものになります。

 

再度作るのが難しいものや、入手困難の特殊な材料を用いないと難しい製作は掲載紹介しない事が多いです。

 

 

 

 

そんなこんなで紹介していなかった自転車があります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

先日は @grumpy_bike と #OMMBIKE 、今日明日は @circles_jp で、来週は大阪の @1jyo_ultimate_factory で、ポーセリンロケットのポップアップで店頭に立ちます。 接客に本当に向いてないタイプの人間なので粗相しかなくて申し訳ないけれども、自分の好きな遊びの道具と、そのカスタムオーダー計画を一緒に練るのは凄く面白いし楽しいのです。 カスタムオーダー自体はいつでもできるけど、対面でできる機会は少ないので、いつもの人も初めましての人も、ぜひお店まで遊びに来て下さい。 ・ という事で、自分でオーダーしていたメッシュのフレームバッグとサドルバッグが揃ったのでつけてみた。すけすけ。詳しくはそのうち。 ・ #PorcelainRocket #rew10works

mon_jya(@mon_jya)がシェアした投稿 -

 

 

 

メッセンジャー繋がりで創業間もない頃から付き合いのある友人の愛車です。

 

彼の自転車にはS&Sカップリングという部材を用いて分割出来るようになっています。

乗るだけで考えると不要なものですが、輪行を多くされる方ですととても小さく納める事が出来るのはなかなかの威力があるものです。

 

 

作った当時はこのカップリングの取り扱いをしておらず、材料は彼自身が入手してくれたものでした。

ゆえにこの自転車は是非紹介したい一台だったのですが掲載しておりませんでした。

現在はREW10でもS&Sを入手できるようになりましたので、今回紹介した次第です。

 

 

 

 

 

 

彼は本当に色々な乗り方と使い方を試してくれて、今回2回目のアップデートをさせてもらいました。

 

 

20191101_133829_R.jpg

 

 

今回はブリッジの追加です。

 

彼はお世話になっているSIMWORKSさんのスタッフ、塗装はそちらでやられるとの事で生地でお返しです。

 

ディスク車だったのでブリッジレスでしたが、考えていたより激しい乗り方をするようになって追加しています。

一部でトラッククロスという遊び方が出てきたらしく、それに合わせた仕様に更新です。

輪界の最新情勢に疎い自分は存じてなかったのですが、フィックスでシクロクロスをするという、なかなかハードな遊び方らしいです。

トレンド的情報はお客様から教わっております。

 

 

 

 

 

 

20191101_133752_R.jpg 

 

 

 20191101_133816_R.jpg

 

 

 

  20191101_133838_R.jpg

 

 

 

20191101_133847_R.jpg 

 

 

S&SカップにROCKERエンドなどの現代的な仕様と、相反してヘッド周りはラグだったり、モダンかつクラシカルなフレームです。 

 

前回アップデートした仕様で、フレームにネジ小物をたくさんつけています。

一見謎な仕様ですが、フレームバッグを直にネジ止めするための仕様です。

 

 

がっつり乗ってくれてるのでキズだらけですが、自分としてはあまり乗らずにキズ一つ付けないように扱われるよりも乗ってくれているのは喜ばしい事です。 

 

 

 

 

 

 

国内外色々なところへ我がフレームを連れて行ってくれている面白い人です。

 

ひたすら工房に籠ることしか出来ないような自分のライフスタイルなので少々羨ましくもあります。

オフでも工房離れるとサボっているような感覚になってしまい落ち着かない職業病なので、我が生業のモノ作りに励みます。 

 

 

SNSを見る頻度はかなり少ないほうだと思いますので多くは見れてなく恐縮ですが、自分の作ったフレームが色々なところへ行った写真などを見かけます。

自分が連れて行ってもらえた気分にもなって嬉しいです。

 

自分の作らせていただいたフレームが皆様のサイクルライフを支えつつ共にあると思うと灌漑深さを感じます。

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

11月14日の木曜日ですが打ち合わせ対応の都合で15時より営業になります。

 

勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

結婚指輪。

 

 

 

 

 

 

 

知人から依頼されたのを最初に、作らせていただく事が増えてきたご結婚記念の指輪。

 

自転車の職人である自分が作らせてもらって良いものか、毎回思うわけですがお受けした以上しっかり作らせていただいております。

アクセサリーの職人さんとは異なる製法と素材を用い、自転車の製法を取り入れた指輪です。

 

 

 

Marriage ring



 

 

ステンレスの指輪ベースを削り出し、ロウ付けで真鍮を取り入れたもの。

はめ込んだものでもコーティングでもないので、長年お使いいただけます。

 

二つの素材を強く結合させる事で願掛けをしています。

ご夫婦の良い絆が長年続かれる事を願います。

 

 

 

 

 

 

 

 

Marriage ring



 

Marriage ring



 

 

 

一緒にご依頼くださった指輪スタンド。

お客様が送ってくださった写真が良い雰囲気なので許可いただいて掲載しています。

 

 

REW10で商品化しているレンチフックのようにコンビネーションレンチを加工し作らせていただきました。

ベース土台は鉄ダマスカス。

 

 

 

 

 

 

 

Marriage ring



 

 

まさか自分がご結婚記念の品を作らせていただける立場になるとは。

以前は思いもしない事でした。

 

人生においてとても大事なものを作らせていただくのはプレッシャーもありますが、ご依頼いただき本当に嬉しい限りで光栄です。

 

 

REW10の通常業務は非常に地味、かかる手間も尋常でない製作も多数あります。

ずっと一人で工房に籠っているのがほとんど、好きな仕事なのですが時に悶々としてしまう事も。

お客様に喜んでいただけるとそれも吹っ飛びます。

 

 

 

ただモノを作る作業ではおそらく気が持たないのかもしれません。

お使いいただくお客様と直にお会いし直にご相談をお受けし直に納品し喜んでいただく事で製作作業も生きた仕事になり、次の製作に臨む事ができます。

 

 

 

 

一人一人のお客様のおかげで工房及び店舗の業務と運営維持が出来る事はずっと忘れません。

主な業務の自転車製作は勿論、その他商品の製作をするのも、Tシャツ一枚プリント刷るのも込める心は同じです。

どんなものでも本当に有難いです。

 

創業12年目になってもずっと儲かる仕事でも楽な仕事でも全くありませんが、喜んでいただける限り頑張って続けていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

 

11月9日土曜日は本来定休日ですが、ご遠方のお客様の対応都合で営業致します。

振替で10日の日曜日は休業となります。

 

勝手ながら申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

 

 

 

GRAVEL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月別 ARCHIVES

https://www.instagram.com/potalmetalpot/