COOL








Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike











謹賀新年。








少し出遅れてしまいましたが、あけましておめでとうございます。


昨日より平常営業を開始しております。

今年から定休日を変更しております。

毎週水曜日、木曜日、日曜日が定休日となります。


休み多くて申し訳ないですが、接客対応はしていないだけで製作仕事や事務などを主に休業日は動きます。





年末から忙しく、正月らしい事も少ししかできませんでしたが、年のはじめから仕事をさせていただける事の有難みを感じております。



日々のライドも年末も正月も変わらず続けていますが、作った愛車で駆れる事も喜びも感じてます。

コイツは乗り納めになってしまいそうなのは寂しいところですが、それはまた追って。







20211231_092433_R.jpg






今年も頑張りますので、よろしくお願い致します!










良いお年を。










MR.U´s BIKE



MR.U´s BIKE




昨日最終営業日にこのフレームを納車、本日は最後の作業に本年製作完了ご希望の製作をなんとかギリギリで終える事が出来てお客様に完成報告。

これで今年の仕事を終えました。



このフレームはお客様ご自身が組み上げて、折を見て披露にお越しくださる事になってますので、全容はその時にでも。

組まないと伝わらない面白いフレームです。






今年はコロナで入荷状況が前代未聞で悪く、色々大変な一年でした。

来年も引き続きの状況になってしまいますが、なんとか踏ん張りたいところです。



年末にかなり多くのお客様にお越しくださり、またまたいつもと同じようなあわただしい年末でしたが、お仕事いただけるのは本当に心の底から有難い事だと思っております。

来年もご相談なんでもお待ちしております。

作らせていただける喜びと感謝を来年も変わらず噛みしめたいところです。




今年も有難うございました!

良いお年を。


















営業案内と世界旅自転車。






遅ればせながら営業案内です。

接客対応営業は明日30日まで、新年は4日より通常営業です。



対応日は以上の通りですが、やらねばいけない仕事が多数あります。

いつもと同様に正月らしい事などちょっとだけ、毎年ずっと作業です。



来年より接客対応日を減らして作業日を増やし、定休日も変えさせていただきます。

毎週水曜・土曜定休 → 毎週水曜・木曜・日曜定休


業務増加で作業進行に重きを置きます。

営業時間は13時~19時で変わりないです。


どうしても定休日しかご都合付かないお客様がいらっしゃれば、事前にご相談くだされば可能な限り対応させていただいております。

何かあれば引き続きご相談ください。









Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




Mr.M´s Bike




こちらは、素晴らしいご活動をなさっている方からご依頼いただいたフレームセットです。


松本英揮さんという方で、12歳にして自転車一人旅をはじめ、すでに100か国を越えて地球を6周されたという、とんでもなく素晴らしいサイクリストです。

今ちょいちょい聞くアドベンチャーライドなんてワードがありますが、それをずっと前から末永く地でいってらっしゃる人。



このような方が実際に世界を旅する自転車を作って欲しいとご相談、光栄の限りですがとてつもない旅路へ我が自転車が挑戦する事になります。






自分もへっぽこながらサイクリストの端くれで、普段乗って感じている事なども生かしたいところですが、戦われているフィールドが凄まじすぎてイメージもしにくいところもあります。

ご相談にお越しくださった際にご本人様から旅のご苦労も伺い、自転車に求める事も伺いました。


ご本人だけでなく普段お付き合いるメカニックさんにも良きアドバイスを受け、極力無駄を省き作らせていただきました。


長い旅でもフロントにキャリアを積まないというスタイル、スピーディーに走破される傾向が強いようでストイックさに敬服するばかりです。


仕事都合で1DAYツーリングしかいけず、200㎞前後でヒーヒー言ってる自分などでは想像もできない領域です。


コロナが落ち着いたらまた旅に出られるらしく、陰ながら応援したいというか気になって仕方がないです。


乗り心地はとても良いというかなり嬉しい報せと共に、少し暖かくなったら1日300㎞超のライドに行くとの一文が...さらにすべての大陸に行けるとも...もう超人です。



旅のご無事とご活動の発展をお祈りするばかりです。









鉢。











少し前に作って店舗在庫にしていた鉢をオンラインストアにもアップしました。





ols.jpg





今回多めに引けたので、レアな鋼材規格プリント入りが混ざっていますよ。

ステンレスとコールテン双方にあり、お求めの方はチャンスです。



その他、真鍮垂れ、炙りラインなんかもあります。





園芸好きのフレームビルダーがフレームビルドの技術を生かし、植物を植える鉢としての性能も高めながらシンプルかつ重厚な鉢になります。

自分でも多数使っていますが、かなり調子よい鉢です。


排水性と通気性はかなりのもの。

分厚い鋼材を用いているのでタフネスさも相当なもので、コールテンも強いですがステンレスはさらに経年耐久性が高いです。

重みのある寸胴形状なので、屋外管理されている方でも風で倒れる事はまずない安定性もあります。











20211206_182022_R.jpg



植えるとこんな風になりますよというサンプルかつ、実は店舗だけで販売している株たちでもあったりします。

当工房のお客様でも植物を愛する方々がかなり増えてきており、植物ごと譲ってほしいというお声も多く、販売可能な株をお店に置いていたりします。


すでに売約済みのものも混じってます。


店舗限定の鉢などもあります。



敷居がどうしても高いイメージのREW10ですが、営業時間中はいつでもウエルカムです。

集中したい作業は時間外にしかやらないので、お越しくださって作業の妨げになるなんて事は全くないのですが、いつまで経っても歓迎なのは伝わらないのがREW10の悲しい現実です。

個人営業の路面店で工房併設の職人がいるところ...、まあどうしたって敷居高そうですよね。


営業時間前後のがっつり作業したい時はシャッター完全に閉めてますので、開いてればご遠慮なくどうぞ。

いつでも遊びにいらしてください。










指輪。












隆天不銹積層鋼指輪





また当工房で記念の指輪を作ってくださったカップルが一組。



当工房のような小さな工房にたどり着いてくださるだけで光栄なのに、人生において大事な記念の指輪まで作らせていただけるとは...

本当に毎度有難い事だと身に染みております。


ステンレスダマスカス鋼の指輪は使い込むほどに杢目は少し慣れますが、鋼材自体に積層されているものゆえに消える事はまずありません。


これからのお二人の幸せな生活と共に末永くご使用いただけたら幸いだと思っております。



















Triple







triple



お客様と度々相談し、しっかりと練り上げて生まれた仕様。


太いタイヤが入るとは思えないようなシャープなストレートステー。




シンプルな仕様は長く飽きることなく、優しくゆっくり所有欲を刺激してくれます。


このフレームの大好きな部分、他は完成時に。








営業案内と帽子。







営業案内です。

明日13日土曜日は本来定休日ですが、都合により営業致します。


振替で14日の日曜日は休業となります。


勝手ながら申し訳ありませんが、お間違えないようご注意ください。










キャスケットの在庫を作りました。

店舗とオンラインストアの在庫を補充しておきました。



当工房の帽子類は外注工場で生産しているものやメーカー生産のものではありません。

型紙を起こしてシルエットや縫製方法に至るまですべてオリジナルのハンドメイド品になります。



シンプルでもありそうでないものを追求しており、さりげない個性がある帽子です。



REW10 Casquette



当店にお越しの方ならわかると思いますが、いつも仕事中に自分が被っているのがREW10のキャスケットです。

キャスケットにしては横のボリューム感を抑えてありますので、さりげないシルエットになっております。


被りやすくて気に入ってます。

帽子がないと髪が鉄粉だらけになるので、自分の仕事には必須で重宝してます。








REW10 Casquette


よくある帽子はスベリ(ビン革)の部分の縫い目は裏から見ると、帽体生地の切断面が見えるものが多いですが、当工房の帽子は生地の切断面を見せない作りにしてます。


洗濯機でガシガシ洗っても耐えうるようにするのと、切断面は見えないほうが好ましいと思っての仕様です。








真鍮天ボタン


そして、当工房の帽子の強い特徴の一つが、真鍮の天ボタンです。

普通の帽子の天ボタンはプラスチックのベースに生地を張ったものが一般的ですが、本業が鉄工屋のREW10ですからその空気感を取り入れ金属を仕込んでいます。

真鍮の無垢材ですので、使うほどに味わいを増します。


当工房の帽子特有のオリジナル仕様になってます。






天ボタン裏


その真鍮天ボタンはステンレスのトルクスボルトでしっかり留めています。

使うワッシャーはもちろんここも真鍮。



強固に食いつくロック剤を塗布してから締めこんでますので、不意に取れる事はまずありません。

乾燥後にかなり食いつくロック剤なので、緩めようとしてもかなり緩みにくいのであまりいじらないほうが良いです。


細かいところに本業の自転車技術を生かした作りになっております。

金属を散々いじっている当工房ならではの作り込みです。







生地サンプル



店舗にお越しいただいたお客様は生地サンプルから指定してのオーダーも可能です。

パネル一枚一枚全部色変えるクレイジーパターンも承れますし、シンプルに渋くきめるのもやっぱり格好良いです。


刺し子各種、帆布、ダック、モールスキン、グログラン、リネンキャンバス、撚り杢シャンブレー等々、少し珍しい生地も含めて揃えてます。

全体的に渋めのものばかりですいません。



各種ステッチの色も選べます。

ステッチはポリエステル糸の周りに綿糸を巻いたコアヤーンを使っています。

綿糸の風合いがありながら、化繊糸の強さも備えた糸です。


当工房の帽子は細かな味わいも大事にしてますので、ステッチにも取り入れてます。



フェルトロゴの入るBBCAPはフェルトの色も選べます。

ウォッシャブルフェルトですので、普通に洗濯してもらって全く問題ないです。







製作サンプル




店舗にいらしていただくと製作サンプルも多数あります。

この棚に並んでいるのは全部自分が被ってきた私物兼サンプルで売り物ではないのですが、生地がまだあるものに関しては同じものお作り出来ます。



サイズオーダーも可能です。

自分が頭大きめでして、ぴったりばっちり合う帽子がなかなか無くって困る事が多いですが、当然REW10の帽子はサイズも好みもドンズバです。


今までお作りした事があるサイズに関してはアップチャージは無しでやらせてもらってます。

けっこう作ってきましたのでよほど極端なサイズでなければある事が多いです。

型紙がない帽子に関しては調整料として3割ほどアップチャージいただいてます。



頭が小さくてお悩みの方、大きめでお悩みの方も合うものがきっと出来ると思います。




オーダーはいつでもお受けしております。


他の小物と同様におおよそ一か月ぐらいいただければご用意できます。











カラビナ。






本日は作業に集中するための定休日。


営業時間外や作業日はシャッター閉め切って作業に集中する事が多いです。


納期が迫っていたカラビナ製作を進行。





隆天カラビナ



当工房のカラビナは本物のレンチを用いた鉄製です。



構成する細かな部品は専用に手作業で旋盤加工した小物になります。

自転車のブレーキ構造を代用したもので、ブレーキのリターンスプリングを用いて動作させてます。

単純な構造でも動作物なので、ある程度以上の精度もないと動作が気持ちよくいきません。




すべて手作業ゆえ、なかなかこの細かい部品の製作が大変です。

世に出回っているものでは代用が利かず、格好良く仕上げられないので作るしかないです。



開閉ゲートはノーマルがステンレスですが、プレートを鉄にしたり、真鍮にしたり、ダマスカス鋼にしたりと、ハンドメイドというのを生かして色々カスタムも可能です。


レンチも各種メーカー色々あります。

販売在庫はあまりないですが、受注ご希望の方はご相談いつでもお待ちしています。




使い込むとかなり渋く仕上がってくるカラビナです。


持ち主と一緒に歳とって渋くなってくれます。



少量ですが、在庫分も一緒に作りましたのでオンラインストアにも補充しています。

ぜひ日々のお供にどうぞ。












感謝と責任。









MEI





作らせていただいた感謝と責任を込めた証に銘を刻み、塗装前の一旦完成。




製作を終えたら連絡し、完成披露兼塗装の打ち合わせ。

お越しいただける方にはいつもさせていただいている流れです。



生地状態をご覧いただくのは誠意の一つでもあるし、確認のためでもあり、何より喜んでくださる大事な流れ。

ここでいつも喜んでくださり、こちらも作りこんだ苦労も飛んで嬉しい限りの解説と談笑。

これが顔を合わせて作った醍醐味、ご自身の専用車ですし込められる念も違います。



乗り手側が大きな原案を考え、それに基づき具現化するのが作り手の仕事。

双方の考えを合致させ作り上げるのがREW10のフレーム製作法。


気に入っていただけるようにしっかり設計を練って、伺っていたお好みも出せるように作りこみます。














月別 ARCHIVES

https://www.instagram.com/potalmetalpot/