LIFESTYLE PRODUCTSの最近のブログ記事

杢目の玄妙。

 

 

 

 

当工房で作らせていただいているバングル、おかげ様で多くの方に大変ご愛顧いただき、製作に勤しむ日々です。

 

 

ショップやショールームみたいなものがなく、工房での直相談の予約制&受注販売という性質にも関わらず、たくさんのお客様にお越しいただき、常々光栄の限りでございます。

 

 

 

 

 

 

当工房のバングルはデザイン勝負ではなく、重厚で無骨な素材感勝負です。

 

鉄、ステンレス、真鍮、ダマスカス鋼といった金属が主になります。

 

メッキなどは一切使わず、素材そのままでいける手法で提供しております。

 

 

 

 

中でも凝ったようなものや、趣深いものをご所望のお客様に人気のダマスカス鋼。

 

特有の杢目は全く同じに出ることはなく、一点モノです。

作っている自分が良いと思えない杢目もごく稀にでますが、そういった場合はやり直したり、作り直したりしますので、大きく雰囲気が変わる事のないように品質管理しております。

 

 

 

この杢目は彫金などで刻んでいるものではなく、積層鍛造されている素材そのものの特性を生かしたものです。

 

この杢目、ただ形にしただけではほとんど見えません。

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

この写真は形状のみ削り終わって形になったもの。

 

薄らとしか杢目は見えない状態です。

 

 

 

これを酸で処理したり、多少色調のコントロールをしていくと綺麗な杢目がでてきます。

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

 

これは斑点状の紋様と、年輪状の杢目を両方楽しんでもらえるように狙って削ったものです。

 

ステンレスベースのダマスカス鋼なので、裏張りは不要です。

裏側も斑点状のダマスカスの紋様が楽しめます。

 

 

さらに真鍮のラインもあるので、真鍮の質感も一緒に欲張っていただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

これはまた異なる素材で、鉄ベースのダマスカス鋼です。

 

この材料は杢目がすごい細かいので、削っただけの状態だと目の判別がやりにくいです。

 

 

 

 

とりあえず一度目は良い目が出なかったので、薄皮削いでもう一度挑戦したら非常に良い杢目が姿を露わに。

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

手持ちの材料だと、ステンレスベースのダマスカスのほうが 杢目が大振り、この鉄ベースは細かめ、とそれぞれ異なります。

ゆえに入る杢目もまるで性質が異なります。

 

 

自分が使っているバングルもこれと同じ仕様ですが、裏面はステンレスなので勿論錆びません。

バングルとして日々使っていると、表側の鉄は錆の層が出来る前にすべて磨かれる効果があり、一緒にお風呂はいろうが意外にも錆びません。

 

逆に使わず長く放置していると徐々に錆びます。

 

 

 

 

 

うちのダマスカス製品は基本的に磨かずそのままお使いいただくのがベストです。

自然にちょっとずつ研磨されていく質感が一番です。

 

研磨剤やらペーパーなどで磨いてしまうと、酸処理前の状態に逆戻りし杢目が飛びますので、くれぐれもご注意を。

特に磨かずにそのまま気兼ねなく使いいただくのが一番のメンテナンスです。

 

それでもどうしても磨きたい磨き好きの方は、研磨剤の一切入っていないワックスなどで磨くと良いです。

 

 

日々お使いいただければ杢目も光沢もさらなる質感となってきます。

素材の味わいを存分にお楽しみいただけれましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

オプションで銘切なども刻めます。

 

お名前や製造日付や座右の銘などなんでも良し、ご希望あればお伝えください。

 

 

銘切は曲がってからは刻めませんので、ご希望の方は受注時か早い段階でお伝えください。

 

 

 

バングルの受注は随時お受けしております。

 

お問い合わせはメールか電話にてどうぞ。 

 

 

 

 

 

 

T19 X REW10

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T19 x REW10

 

 

 

T19 SKATEBOARDSさんとコラボでWRENCH KEY HOOKを作らせていただきました。

 

 

REW10のノーマルフックはREW10の屋号にならって10㎜レンチを使用しておりますが、このレンチはインチサイズです。

 

スケートボードのトラック取付ボルトナット用3/8と、キングピン用9/16の2サイズです。

 

スパナヘッド部分の表にはT19刻印、裏にはRew10刻印入ります。 

 

上記写真にはありませんが、商品にはフレームビルドにも用いるBRASS WELDING RODを曲げた3重リングが付属します。

 

簡易工具兼キーホルダーとしてお使いいただけます。

 

 

 

REW10では販売しておりませんので、この商品のお問い合わせはT19さんへどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恒例イベント&帽子即売会。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Rew10 brunch & lunch 2017 jul.jpg

 

 

毎月恒例イベント、今月は23日日曜日です。

 

コナクックは今回カレーの予定だそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回REW10からは帽子の即売会を行おうと思っております。

 

 

生産中です

 

 

ただいま絶賛製作中です。

 

うちの帽子はすべてオリジナルの手作業生産ですので、生地やフェルトの裁断から、縫製などなどちょっと時間かかります。

生地の合わせや裏側まである程度丁寧にやっているつもりなので製作速度は正直早い方でないですし、生産数も少なく受注数が追いつかない状態も多いです。

 

 

今回受注分の目処が少しつきましたので、直販売分を制作しております。

多分、用意できる数少ないですが直に触れて試してお買い求めにいただける少ない機会です。

 

ついでに生地サンプルならべての受注会もする予定でいます。

大変恐縮ながら多分納期は長めです。

 

 

気にしていただける方、ぜひこの機会にどうぞ。

ご来場お待ちしております。

 

 

 

 

 

経年変化。

 

 

 

 

 

 

 

 

当工房で得意な分野、そのままの質感でいける金属を用いた産物。

 

人工的に作り出した加工ではなくリアルに生成された経年の変化は格別です。

 

 

 

DAMASCUS STEEL BANGLE 

 

経年変化。

 

 

 

以前紹介した鉄ベースのダマスカス鋼バングル。

数か月使用して黒みが増してきました。

 

これぞ鉄の色、まさに黒鉄。

 

比較的擦れやすい開口部付近は鈍い銀色、これも渋い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CORTEN & STAINLESS & BRASS 

 

経年変化。

 

 

我が愛車も初期と比べるとここまで育ちました。

あらためて写真を見返すと自分でも変化に驚きます。

 

一日の間で2時間程度乗って使用している間もフレームを触っているわけでないので、常々触れて擦れるバングルとは違い茶色味が強い。

最初期は銀、粒々の赤錆、びっしり赤錆、などの状態を経て変化。

錆が全域に行き渡ってから現在は至るまで錆の色が濃くなってきてます。

まだまだ未完のこのフレームに浪漫を感じます。

 

真鍮10ロゴは構造として組み込んでありますので、無論消えることなどなく同じく変化を続けます。

 

錆加工では無し得ない、本物の錆の質感と日々の変化。

 

このように錆を嗜めるのは耐候性鋼を用いたこのフレームの特権。

普段は忌々しい錆、このフレームならばもはや愛おしい存在。

 

 

普通のクロモリフレームは未塗装だと錆びて朽ちますのでマネしないでくださいね。

 

 

真鍮のステムとヘッドパーツ、砲金のスペーサーもフレームと同時に作ったもの。

当然真鍮メッキなどではなくこちらもリアルな金属の質感が使っていて楽しいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

天天天 

 

経年変化。

 

 

こちらはひっそりゆっくり進めている天天天のヘッドキャップサンプル。

 

強度性質が高い特殊な銅を用いて当工房で削ったサンプルですが、銅は変化が非常に早い。

使い始めてからまだ間もないですが、すっかり茶ずんでいます。

 

ここまで変化する間は色の変化が非常に面白い。
 

綺麗な銅色から、青味が差してきたりしながら茶色くなってます。

 

製作段階で磨き上げましたので、光沢はある奥ゆかしい茶色。

銅もこれから力を入れていきたい素材です。

 

 

 

 

 

 

 

メッキや色付けや錆加工でも素晴らしい出来栄えのものが多くありますが、経年劣化ではなく経年変化を楽しむには本物の無垢材には及びません。

 

金属の質感も人工的に作ったものよりリアルに生成されたものに趣を感じます。 

 

塗装やメッキなどのようにコーティングが剥げるなんて事はコーティング面自体がない無垢材には絶対に在り得ないので、構造体として本体が存在している以上は変化も永続的に楽しめます。

無論いくら変化しようが使い込もうが、再塗装や再メッキなんてことも必要無し。

 

今回紹介した商品も自分が使用した一例に過ぎませんので、ライフスタイルや使い方やお手入れ方法などによって変わります。

人によって異なる質感も、こういった素材特有の面白い性質です。

 

 

今回紹介した私物サンプルは、基本的に普通に使って特に磨きもせずに使っているものです。

フレームやパーツだけ汚れ落とす程度にたまに乾拭きしているだけで、バングルなどは全く磨かずただ使っているだけです。

 

味わいやムラが好きでこのような金属や技法を用いてますので、磨きすぎると味わいがなくなりますし手間もかからず楽です。

 

 

 

REW10の商品はタフネスで永く使える耐久性を備えたものが多く、終わることの無い経年変化とともに末永く楽しんでお使いいただければ幸いでございます。

 

 

うちの得意分野として今後もこういった素材の探究をしていく所存です。

 

 

 

 

 

 

 

新サンプル。

 

 

 

 

REW10オリジナルの帽子たちの新サンプルできました。

 

 

 

REW10 BBCAP

 

 

REW10 BBCAP

Grained grey stripe  

 

ベースボールキャップらしからぬシックで渋い色調で作ってみました。

ステッチはグレーのコアヤーン、ツバ裏生地はネップ入りのブラックブロークンデニムとなっております。 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 CASQUETTE

 

 

REW10 CASQUETTE

Sashiko Beige 

 

薄いベージュ色の刺し子生地が確保できたので作ったキャスケットです。

ツバ裏生地は少し茶色がかったネップ入りブロークンデニムです。

 

当然濃い色より汚れも目立ちますが、ガッツリと作業で汚してワークウエアらしくかぶりたいと思っています。 

インディゴや濃い色が使い込まれた感じも好物ですが、生成とかベージュが使って汚れた感じもなんとも好きなもので。 

 

 

 

 

 

大変恐縮ながら当工房製作の帽子類は、現状も生産数が受注数に追いつけない状態です。

引き続き受注販売しかお受けできない状況です。

 

 

現在受注を承れるのは下記の生地になります。

 

・Sashiko Indigo

・Sashiko Beige

・Grained Herringbone Stripe beige

・Grained Grey Stripe

・Wabash Stripe Indigo 

・KakiShibu Brownduck 

・Grained Black & Red canvas (生地相性によりCasqutteのみ可)

 

上記の内容となっております。

 

ご要望の多いSashiko Blackは長く欠品中で、入荷時期など不明です。

 

 

 

 

オンラインストア販売分などはいつご用意できるかわかりません。

確実に入手されたいお客様は長らくお時間は頂戴しますが、受注にてご注文いただければ順番で製作致します。

 

お問い合わせは通常と同様に工房までお願い致します。

 

 

 

型紙作成、生地選別、ステッチ選別、縫製などなど、すべて手作業製作オリジナルの帽子です。

その他REW10の製品同様にお楽しみいただければ幸いでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Before

 

 

恒例イベントでもいつも力を貸してくれているコナクック旦那の愛用鍵。

 

数年前に作ったキーカバーも真鍮部分が減ってきて、ちぎれて落としてしまわないか心配と直しの相談を受けました。

自分が5年以上は使っているキーカバーは多少減りは見えるものの、全く気にしないぐらい残ってるのですが、今回預かった奴のカバーは何故だか劣化が早め。

 

奴はしばしば磨いたりしてモノを愛し非常に大事にする男なのですが、穴部分などは当然磨いていないだろうけども、カバー以外なんでも消耗早めの傾向があり、味が出るのも早い。

対して自分は出来上がってしまえば特に必要でなければ特に磨きもしない放置状態、特に気を使うことも何もしておらず、同じく毎日使ってますが何故か減りが少ない。反面味わい出るのが遅い。

 

使う上での動きの違いか何かか、不思議なものです。

 

 

 

 

 

 

勿論直します。

このユーザーさんが使ってこの期間このレベルまで劣化があるというのは、修理を受ける段階で確実なデータとして毎度毎度モノが語ってくれます。

自転車の修理同様になんでも言えますが、ただ元に戻す修理という事だけでは同じ期間で再発するのは目に見えます。

今回のケースにおいてもうちの仕事としてもそれだけでは足りないので、更なる強化をしつつの修繕。

 

 

 

Repair after

 

 

ステンレスパイプを楕円につぶして、銀ロウで真鍮カバーと接合しました。

ステンレスなら真鍮よりも摩耗に強いので、穴部分の強度は数倍に至っていると思います。

 

綺麗にし過ぎてしまっても味気ないので少々荒仕上げですが、奴ならばすぐにまた味わい深くなることでしょう。

 

 

 

 

 

うちの商品は直せるものが多いです。

自転車は勿論の事、アクセサリー関連も今回のように修繕できます。

 

 

アパレル関連はTシャツなどはリペアするよりも新調したほうが理に叶っておりますが、ミシンも扱えますのでシャツなどは可能な範囲で修理できます。

 

まだ該当する方はいないと思いますが、ベルトなども直せます。

完全元通りはレザーベルト部分をすべて交換するしかありませんが部分的に継ぎ足しで直したりできますし、バックルやリベットの破損などにも修理対応できます。

 

 

ちょっとした事ですが、修繕できる構造でも商品開発しているつもりです。

どんな場合でも直るということではありませんが、可能な限りは修理対応させていただいております。

修繕ができない場合は、部分交換か新調などの選択肢となります。

 

 

無償ではありませんが、REW10が存続している限りはうちの商品は永久保証付です。

 

長く使っていれば時にガタもでますので、その際は遠慮なくご相談ください。

 

 

 

壊れるほどに日々使っていただけるほど光栄なことはありません。

 

使った痕跡がガッツリ刻まれたうちの商品を見ると、密かに嬉しかったりもします。

なんだかんだで気に入ってくださっている証拠に思えますから。 

 

 

 

 

 

 

色々なもののお直しや、今回紹介のキーカバー製作のご依頼なども随時お受けしております。

 

キーカバーを鍵へ取り付けるには鍵への加工も必要になります。

まずはご連絡いただき、その後にスペアキーなどをご用意ください。

 

稀に取付不可の場合もございますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

使えるもの。

 

 

 

 

 

 

 

愛車

 

 

まだ大活躍中な愛車。

 

もう通勤ではこれ以外に乗る気がしない。

永き自転車人生ではじめて一生ものと思えた一台。 

 

 

 

 

 

 

 

愛用品

 

 

 

気が付けば身の回りのものの多くが我が産物に。

 

使っていて飽きず楽しく、使いにくいものなんかは使えない。

 

すべてかなりタフなのでまだまだ永く付き合える。 

 

 

 

 

 

REW10の製品はすべて自分が日々愛用しながら試して開発したものです。

 

気に入ったもののみ、十分に使いやすいと感じたもののみ、商品としています。

 

 

 

Tシャツ一枚でも特殊カスタムフレームでも、すべての商品に同じような信念込めてるつもりです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルト。

 

 

 

 

 

 

またまた製作作業に没頭し、久々のブログ更新になってしまい申し訳ないです。

 

 

 

 

品切れ中だったベルトを少々作っておきました。

 

 

 

RIVETED BELT  

 

 

 

待ってくださっていたお客様、お待たせ致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものレザーとは他に、今回良いレザーを仕入れました。

 

 

RIVETED BELT  HORWEEN CHROMEXCEL

 

 

 

HORWEEN社のクロムエクセルレザーです。

 

普段仕事やオフ時でも愛用しているワークブーツや、自分の通勤用として製作した大活躍中のレザーバッグでも用いていて、使い勝手と雰囲気の良さが非常に気に入っている革です。

 

 

ブーツは好きで数多く所有しておりますが、なんだかんだでクロムエクセルが一番多くて一番好きかもしれない。

しなやかで履き心地が良く、独特の濃淡も良くて経年の変化もなんとも渋い。

それでいてしっかり耐久性もあって、この仕事でガッツリ使かおうとも全く問題なくへこたれない。

金属粉塵の噛みにくさも地味に他のレザーより良く感じています。

ブーツは自分の業務で欠かせぬ道具で、履いていると安心します。

 

 

クロムエクセルで出来た手製の自転車通勤用バッグ、はっきりいってクソ重い重厚な相棒ですが通勤ではこれ以外考えられなくなった。

出来上がってからというもの、気付けば通勤でただの一日たりともこのバッグ以外を使わなくなりました。

雨にそのまま打たれてますが、全く気にせずとも多く含んだ油脂が内部浸水を防いでくれていて、ヌメ革のような水シミもできない。

すっかり味わい深くなってきたので、なおさら気に入っています。

コイツ無しの自転車通勤などもはや自分にとって考えられない。

 

 

 

使っていて本当に良いと思えるレザーです。

 

 

直受注分でかなり無くなってしまい数量少なめですが、是非ともお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセサリ。

 

 

 

 

 

しばらく欠品していたBRASS HEXHOOKを現在製作中。

 

 

STEELHOOKは製作終えてアップ済み、BRASSは製作中で近々アップできます。

 

 

 

IMG_1988.JPG

 

 

工房にも少し在庫しておきましたので、今度の11日恒例ブランチでもお買い求めいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

WRENCHHOOKも各メーカー素材で在庫分作っておきましたので、オンラインにも工房にも在庫少しございます。

 

 

 

 

今回、MACTOOLSが入手できたのでこちらも作っております。

 

REW10 WRENCH HOOK MACTOOLS KNUCKLE SAVER

 

 

廃番になってしまったKNUCKLE SAVER。

 

名前が格好良いだけでなく、細身ながら肉厚あって重厚かつ角ばっているデザインが好きでしたが廃番という事で残念です。

今後は入手できるかわかりません。

この一本で最後かもしれません。 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WRENCH HOOK   MACTOOLS PRECISION

 

 

 

そんなKNUCKLE SAVERと取って代わったPRECISION TORQUE。

二つの凹みが特徴的で、FACOMと似たような流線美があるレンチです。

 

 

 

MACTOOLS HOOKもオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

それと受注ご依頼分しか作れていなかったWRENCH KARABINER、HAZETとSTAHLWILLEだけ在庫作りましたのでこちらはオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこちらは特別仕様の受注品。

 

 

REW10 WRENCH KARABINER  Snap-on Damascus special

 

 

 

当工房が用いる手法を結集させた特注品。

 

 

開閉ゲートにはステンレスベースのダマスカス鋼、ゲート押さえネジ座金もステンレスダマスカス鋼。

 

中心部円形ナットにはスチールベースのダマスカス鋼を使用しています。

 

ネジはオールドスクールなブラスマイナスネジ。

 

 

 

当工房は可能な事でしたら形にさせていただく工房です。

 

一品一品、異なる仕様を盛り込めるのは、一品手作業製作が出来る工房ゆえの利点。

 

 

凝ったものをお求めのお客様や、自分なりの使いやすさを追求されたいお客様、お好みに合わせて仕様変更されたいお客様、様々なご要望にお応えできます。

 

 

何かご要望あれば遠慮なくお問い合わせください。 

 

仕様変更も出来ますし、欠品中のものでも受注にてお作りできるものもございます。

お問い合わせには必ずお答えしてますので、遠慮してると損しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DAMASCUS STEEL BANGLE

 

 

こちらは自ら試してみようかと考え、試作したスチールベースのダマスカス鋼を主体にしたバングル。

 

 

以前作ったスチール単体のバングルは、わかってはいたが肌に触れる裏側が当然錆びて使える代物ではありませんでした。

 

その後裏側にステンレスを内張りしたスチールバングルを作りましたが、こちらは表にしか鉄がこないので裏側は全く錆びずに成功。

しかし表の錆は楽しみたいと期待していたものの、使っても使っても錆びなさすぎて非常に質感変わりにくく、わざと錆びさせてから使ったぐらいです。

 

そんな経験ふまえて、表にスチールベースのダマスカス鋼を用いたら雰囲気良さそうと思い形にしたのが今回のモノ。

 

接合都合もあっての側面の真鍮部分もアクセントになっていて良い。

 

 

 

スチールベースのダマスカス鋼は杢目がなんとも趣深い雰囲気で入っているので、この杢目もあって雰囲気良好です。

 

 

 

今のところ製作から数週間経過し、仕事もプライベートもほぼ片時も外すことなく付けっぱなし。

手洗うときも風呂入るときも寝てる時も、ずっと付けたままで全く錆びません。

 

錆の生成条件として様々ありますが、研磨無し状態で乾湿の繰り返しや塩分などによるものが多いです。

バングルやフックなどずっと身に付けている性質のモノは、錆が生成する前に衣類などに触れる事で細やかでごく僅かな研磨効果があります。

身に付けて使うだけで錆が極めて発生しにくい状況を自然に作れます。

 

上記のようなある程度の条件下では、水道水などの真水ならば少々濡れただけでは錆びません。

濡れて乾いてを研磨無しの状態で繰り返すと錆の層が少しずつ厚くなっていき、屋外などで放置すると気が付けば錆で真っ茶という事です。

 

使うのが最大のメンテナンスという事ですね。

 

汗の塩分に晒される内側は錆びにくいステンレスなので問題なし。

 

 

 

 

鉄は錆びやすい素材として有名ですが、鉄の特性しっかり理解して錆なども味方に付けるよう趣の一つととらえると、これほど深い素材はないと感じています。

使い込めば照りも出てきますが、ステンレスとは異なり黒みもあるような質感になることが多いです。

 

もし錆びてもそのまま使い続けると、錆に黒みと光沢がでてそれはそれで雰囲気良いです。

 

さすが黒鉄と呼ばれるだけあって、自分の連想する鉄の色は鈍く深い黒です。

 

そんな色々な色のある鉄、やはり自分は一番好きなのか、いまのところ非常に良い感触を感じております。

 

 

 

 

しばらく使ってもと詳しい経年変化の紹介が出来ると思います。

 

 

 

鉄を使ったアクセサリー。

 

好きな素材だし世間にあまりない領域なのもあって追求し甲斐があります。 

今後も色々試しながら探究してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_