LIFESTYLE PRODUCTSの最近のブログ記事

直します。

 

 

 

 

 

 

 

 

Before

 

 

恒例イベントでもいつも力を貸してくれているコナクック旦那の愛用鍵。

 

数年前に作ったキーカバーも真鍮部分が減ってきて、ちぎれて落としてしまわないか心配と直しの相談を受けました。

自分が5年以上は使っているキーカバーは多少減りは見えるものの、全く気にしないぐらい残ってるのですが、今回預かった奴のカバーは何故だか劣化が早め。

 

奴はしばしば磨いたりしてモノを愛し非常に大事にする男なのですが、穴部分などは当然磨いていないだろうけども、カバー以外なんでも消耗早めの傾向があり、味が出るのも早い。

対して自分は出来上がってしまえば特に必要でなければ特に磨きもしない放置状態、特に気を使うことも何もしておらず、同じく毎日使ってますが何故か減りが少ない。反面味わい出るのが遅い。

 

使う上での動きの違いか何かか、不思議なものです。

 

 

 

 

 

 

勿論直します。

このユーザーさんが使ってこの期間このレベルまで劣化があるというのは、修理を受ける段階で確実なデータとして毎度毎度モノが語ってくれます。

自転車の修理同様になんでも言えますが、ただ元に戻す修理という事だけでは同じ期間で再発するのは目に見えます。

今回のケースにおいてもうちの仕事としてもそれだけでは足りないので、更なる強化をしつつの修繕。

 

 

 

Repair after

 

 

ステンレスパイプを楕円につぶして、銀ロウで真鍮カバーと接合しました。

ステンレスなら真鍮よりも摩耗に強いので、穴部分の強度は数倍に至っていると思います。

 

綺麗にし過ぎてしまっても味気ないので少々荒仕上げですが、奴ならばすぐにまた味わい深くなることでしょう。

 

 

 

 

 

うちの商品は直せるものが多いです。

自転車は勿論の事、アクセサリー関連も今回のように修繕できます。

 

 

アパレル関連はTシャツなどはリペアするよりも新調したほうが理に叶っておりますが、ミシンも扱えますのでシャツなどは可能な範囲で修理できます。

 

まだ該当する方はいないと思いますが、ベルトなども直せます。

完全元通りはレザーベルト部分をすべて交換するしかありませんが部分的に継ぎ足しで直したりできますし、バックルやリベットの破損などにも修理対応できます。

 

 

ちょっとした事ですが、修繕できる構造でも商品開発しているつもりです。

どんな場合でも直るということではありませんが、可能な限りは修理対応させていただいております。

修繕ができない場合は、部分交換か新調などの選択肢となります。

 

 

無償ではありませんが、REW10が存続している限りはうちの商品は永久保証付です。

 

長く使っていれば時にガタもでますので、その際は遠慮なくご相談ください。

 

 

 

壊れるほどに日々使っていただけるほど光栄なことはありません。

 

使った痕跡がガッツリ刻まれたうちの商品を見ると、密かに嬉しかったりもします。

なんだかんだで気に入ってくださっている証拠に思えますから。 

 

 

 

 

 

 

色々なもののお直しや、今回紹介のキーカバー製作のご依頼なども随時お受けしております。

 

キーカバーを鍵へ取り付けるには鍵への加工も必要になります。

まずはご連絡いただき、その後にスペアキーなどをご用意ください。

 

稀に取付不可の場合もございますのでご注意ください。

 

 

 

 

 

 

 

使えるもの。

 

 

 

 

 

 

 

愛車

 

 

まだ大活躍中な愛車。

 

もう通勤ではこれ以外に乗る気がしない。

永き自転車人生ではじめて一生ものと思えた一台。 

 

 

 

 

 

 

 

愛用品

 

 

 

気が付けば身の回りのものの多くが我が産物に。

 

使っていて飽きず楽しく、使いにくいものなんかは使えない。

 

すべてかなりタフなのでまだまだ永く付き合える。 

 

 

 

 

 

REW10の製品はすべて自分が日々愛用しながら試して開発したものです。

 

気に入ったもののみ、十分に使いやすいと感じたもののみ、商品としています。

 

 

 

Tシャツ一枚でも特殊カスタムフレームでも、すべての商品に同じような信念込めてるつもりです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベルト。

 

 

 

 

 

 

またまた製作作業に没頭し、久々のブログ更新になってしまい申し訳ないです。

 

 

 

 

品切れ中だったベルトを少々作っておきました。

 

 

 

RIVETED BELT  

 

 

 

待ってくださっていたお客様、お待たせ致しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつものレザーとは他に、今回良いレザーを仕入れました。

 

 

RIVETED BELT  HORWEEN CHROMEXCEL

 

 

 

HORWEEN社のクロムエクセルレザーです。

 

普段仕事やオフ時でも愛用しているワークブーツや、自分の通勤用として製作した大活躍中のレザーバッグでも用いていて、使い勝手と雰囲気の良さが非常に気に入っている革です。

 

 

ブーツは好きで数多く所有しておりますが、なんだかんだでクロムエクセルが一番多くて一番好きかもしれない。

しなやかで履き心地が良く、独特の濃淡も良くて経年の変化もなんとも渋い。

それでいてしっかり耐久性もあって、この仕事でガッツリ使かおうとも全く問題なくへこたれない。

金属粉塵の噛みにくさも地味に他のレザーより良く感じています。

ブーツは自分の業務で欠かせぬ道具で、履いていると安心します。

 

 

クロムエクセルで出来た手製の自転車通勤用バッグ、はっきりいってクソ重い重厚な相棒ですが通勤ではこれ以外考えられなくなった。

出来上がってからというもの、気付けば通勤でただの一日たりともこのバッグ以外を使わなくなりました。

雨にそのまま打たれてますが、全く気にせずとも多く含んだ油脂が内部浸水を防いでくれていて、ヌメ革のような水シミもできない。

すっかり味わい深くなってきたので、なおさら気に入っています。

コイツ無しの自転車通勤などもはや自分にとって考えられない。

 

 

 

使っていて本当に良いと思えるレザーです。

 

 

直受注分でかなり無くなってしまい数量少なめですが、是非ともお試しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセサリ。

 

 

 

 

 

しばらく欠品していたBRASS HEXHOOKを現在製作中。

 

 

STEELHOOKは製作終えてアップ済み、BRASSは製作中で近々アップできます。

 

 

 

IMG_1988.JPG

 

 

工房にも少し在庫しておきましたので、今度の11日恒例ブランチでもお買い求めいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

WRENCHHOOKも各メーカー素材で在庫分作っておきましたので、オンラインにも工房にも在庫少しございます。

 

 

 

 

今回、MACTOOLSが入手できたのでこちらも作っております。

 

REW10 WRENCH HOOK MACTOOLS KNUCKLE SAVER

 

 

廃番になってしまったKNUCKLE SAVER。

 

名前が格好良いだけでなく、細身ながら肉厚あって重厚かつ角ばっているデザインが好きでしたが廃番という事で残念です。

今後は入手できるかわかりません。

この一本で最後かもしれません。 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WRENCH HOOK   MACTOOLS PRECISION

 

 

 

そんなKNUCKLE SAVERと取って代わったPRECISION TORQUE。

二つの凹みが特徴的で、FACOMと似たような流線美があるレンチです。

 

 

 

MACTOOLS HOOKもオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

それと受注ご依頼分しか作れていなかったWRENCH KARABINER、HAZETとSTAHLWILLEだけ在庫作りましたのでこちらはオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこちらは特別仕様の受注品。

 

 

REW10 WRENCH KARABINER  Snap-on Damascus special

 

 

 

当工房が用いる手法を結集させた特注品。

 

 

開閉ゲートにはステンレスベースのダマスカス鋼、ゲート押さえネジ座金もステンレスダマスカス鋼。

 

中心部円形ナットにはスチールベースのダマスカス鋼を使用しています。

 

ネジはオールドスクールなブラスマイナスネジ。

 

 

 

当工房は可能な事でしたら形にさせていただく工房です。

 

一品一品、異なる仕様を盛り込めるのは、一品手作業製作が出来る工房ゆえの利点。

 

 

凝ったものをお求めのお客様や、自分なりの使いやすさを追求されたいお客様、お好みに合わせて仕様変更されたいお客様、様々なご要望にお応えできます。

 

 

何かご要望あれば遠慮なくお問い合わせください。 

 

仕様変更も出来ますし、欠品中のものでも受注にてお作りできるものもございます。

お問い合わせには必ずお答えしてますので、遠慮してると損しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DAMASCUS STEEL BANGLE

 

 

こちらは自ら試してみようかと考え、試作したスチールベースのダマスカス鋼を主体にしたバングル。

 

 

以前作ったスチール単体のバングルは、わかってはいたが肌に触れる裏側が当然錆びて使える代物ではありませんでした。

 

その後裏側にステンレスを内張りしたスチールバングルを作りましたが、こちらは表にしか鉄がこないので裏側は全く錆びずに成功。

しかし表の錆は楽しみたいと期待していたものの、使っても使っても錆びなさすぎて非常に質感変わりにくく、わざと錆びさせてから使ったぐらいです。

 

そんな経験ふまえて、表にスチールベースのダマスカス鋼を用いたら雰囲気良さそうと思い形にしたのが今回のモノ。

 

接合都合もあっての側面の真鍮部分もアクセントになっていて良い。

 

 

 

スチールベースのダマスカス鋼は杢目がなんとも趣深い雰囲気で入っているので、この杢目もあって雰囲気良好です。

 

 

 

今のところ製作から数週間経過し、仕事もプライベートもほぼ片時も外すことなく付けっぱなし。

手洗うときも風呂入るときも寝てる時も、ずっと付けたままで全く錆びません。

 

錆の生成条件として様々ありますが、研磨無し状態で乾湿の繰り返しや塩分などによるものが多いです。

バングルやフックなどずっと身に付けている性質のモノは、錆が生成する前に衣類などに触れる事で細やかでごく僅かな研磨効果があります。

身に付けて使うだけで錆が極めて発生しにくい状況を自然に作れます。

 

上記のようなある程度の条件下では、水道水などの真水ならば少々濡れただけでは錆びません。

濡れて乾いてを研磨無しの状態で繰り返すと錆の層が少しずつ厚くなっていき、屋外などで放置すると気が付けば錆で真っ茶という事です。

 

使うのが最大のメンテナンスという事ですね。

 

汗の塩分に晒される内側は錆びにくいステンレスなので問題なし。

 

 

 

 

鉄は錆びやすい素材として有名ですが、鉄の特性しっかり理解して錆なども味方に付けるよう趣の一つととらえると、これほど深い素材はないと感じています。

使い込めば照りも出てきますが、ステンレスとは異なり黒みもあるような質感になることが多いです。

 

もし錆びてもそのまま使い続けると、錆に黒みと光沢がでてそれはそれで雰囲気良いです。

 

さすが黒鉄と呼ばれるだけあって、自分の連想する鉄の色は鈍く深い黒です。

 

そんな色々な色のある鉄、やはり自分は一番好きなのか、いまのところ非常に良い感触を感じております。

 

 

 

 

しばらく使ってもと詳しい経年変化の紹介が出来ると思います。

 

 

 

鉄を使ったアクセサリー。

 

好きな素材だし世間にあまりない領域なのもあって追求し甲斐があります。 

今後も色々試しながら探究してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

衣。

 

 

 

 

 

アパレル関連を少々仕込みました。

 

ワークシャツ関連を先日アップ済。

 

 

 

 

 

ros1.png

 

 

ウォバッシュストライプのワークシャツ、モールスキンジャケット、ヘビーネルワークシャツなど。

 

今回は新たに製作したワッペンをつけたコレクションです。

フェルト地ベースのものに同じくフェルトの10ロゴを縫い付けたクラシックな感じのワッペンになります。

 

勿論うちのお決まりである、無垢真鍮のメタルボタンとリベットがピリッときいたものになっております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Custom N-1

 

 

こちらは先日アップしたN-1を気にしてくださったお客様からの受注品。

 

N-1といえば定番のこの色、これも格好良いです。

 

胸元はUSNプリントでなくワッペンを付け、ボタンは真鍮にカスタム。

ワークテイストも香るシンプルなジャケットになっております。

 

 

自分の業務でも大活躍なコイツ、冬場に仕事には欠かせません。

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 Casquette Sashiko

 

 

 

『自分が欲しいから』

 

という理由だけで製作に至り、ごくシンプルなので伝わりにくいかなと思っていたキャスケット。

わかってもらえる方が少なくても自分だけでも愛してやまないものになれば、とぐらいにしか考えてませんでした。

 

これに限らずうちの商品すべてですが、多く売れるためにとかの考えは微塵もなく出来上がっている帽子です。

 

しかし意外にもジワジワと人気があり、受注分のみしか出来ない現状です。

 

 

細部仕様すべて練りに練った帽子で、シルエットにもかなりこだわったので、直に見てくださった方々にそれがガッチリ伝わり嬉しいです。

通常のキャスケットより膨らみを抑えて、ハンチング寄りなシルエットがさりげなく使いやすい。

コスプレ感なく地味に洒落つつも、やさくれた労働者な雰囲気が好みです。

 

 

仕事でもプライベートでもずっと使ってますが、使用感ともどもすべて気に入っています。

 

自分が愛する商品なら純粋におすすめできます。

 

 

 

 

 

 

現在、帽子関連は受注生産分のみでパンク状態です。

生産数も多くできないので申し訳ありません。

 

数か月~時期不明なぐらいお待ちいただく事になってしまいますが、確実な入手をされたいお客様は受注生産でしたら順番にてお作り致します。

ご遠方の方でもご予約承っております。

 

 

 

申し訳ないですがオンラインストア販売分が出来るのはいつの日やら全くわかりません。

 

 

 

 

 

 

今後もジャンル問わず思うものは製作していきます。

 

どんなものを作っても、一貫して在るREW10の空気感みたいなものだけは失わぬよう気を付けます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可能であれば、

 

 

 

 

 

なんでも作らせていただきます。

 

 

何かの完全模倣品、技術や設備面で形に出来ない内容、おおよそこれら以外はどんなものでも製作致します。

 

 

 

 

 

 

 

メッセンジャーのケビンから製作依頼を受けて製作したBBQ SMOKER。

 

 

彼の今後の野望のために必要な機材です。 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

 

がっつり相談して必要な機能は盛り込みつつ、荒々しいジャンクな仕上がりが良いという事で、そんな雰囲気を狙ってます。

 

 

 

各部細かいところにREW10の仕事が垣間見えるようにしました。 

その他、薀蓄や作り込みは多々ありますが割愛します。 

 

 

 

 

これをどう使いこなすか、彼の今後に期待です。

アフターのカスタムもしながら応援したいと思います。

 

早くこれで焼いたものを食べてみたい。

 

 

 

 

 

鉄工所出なので、こういった工作も得意なんです。

 

 

何か目論んでいる方は相談してみてください。

 

自転車のみならず、ライフスタイル全般を支える工房で在りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WRENCH KARABINER

 

 

 

 

 

 

 

 

以前に発売となりましたWRENCH KARABINER、初回生産分はすべて売り切れとなりましたので少し生産しました。

 

 

自分の試作品は自ら使ってきました。

 

 

REW10 WRENCH KARABINER

 

  

 

仕事中も通勤時もプライベートも、自宅に休んでいる時以外はずっと腰にぶら下げて試してきました。

下げているだけでなく、合間で動作チェックをしたりで使い続けて数か月、長い使用にも耐えてくれそうです。

耐久性や動作チェックもありますが、つい触りたくなって触れているのもありその辺も気に入れて楽しい。

 

 

キーホルダーとして十分な機能を果たしていることは自分が試して確信持てましたので、この度の生産分はオンラインストア販売分としてアップしました。

 

 

 

いつも通り数は少ないです。

 

このレンチカラビナはレンチフックよりもかなり手間を要します。

動作モノなので、問題なく動作させるために製作の手間が倍増。

細かなパーツ類も自らの手で旋盤等を操り削り出したもの、製作はなかなか大変です。

 

 

 

追求した結果シンプルな作りにしてますし、基はタフなレンチですので永くお使いいただけると思います。

 

初期不良以外は有償となりますが、仮に破損などがあっても修理など可能です。

 

 

バネ構造が自転車ブレーキのアームと同様の構造です。

そこに言われないとわからないぐらいの自転車感を取り入れています。

 

ブレーキほど負荷もかかりませんし、動作が過酷なものでないので、耐久性は十分でしょう。

 

ブレーキ同様にグリスアップやバネ調整なども出来ます。

納品時はこちらでベストセッティングをだしておりますので、不調が無い限りしばらくいじらなくて大丈夫です。

 

逆にいじりすぎるとネジ摩耗なども生じる可能性もありますのでご注意ください。

 

 

鉄のアクセサリーはなかなか世にありませんが、普段からずっと使う事で錆びにくい性質もあります。

写真の試作品は作業で汚れた手で触れたり、洗って濡れたままの手でも平気で触れています。

普通に使う事以外は特にメンテナンスらしいことは一切しなくて良いのも扱いが楽です。 

 

 

 

 

 

 

自分もばっちり気に入ってます。

身に付けたくないもの、使いにくいもの、気に入らないもの、自分がそう感じるものはうちの商品には並ばない。

自分が気に入っているものでないと人に勧められる説得力など生まれません。

 

 

 

自ら気に入って、使いたくなる使えるモノを。

うちの製作理念の一つです。

 

自転車フレームやパーツは勿論、アクセサリーやアパレルも、うちの商品はすべてこの理念を一貫して取り入れ作らせていただいてます。

 

 

 

 

是非ライフスタイルのお供にしてくだされば幸いです。

 

在庫切れの際は受注生産も快く承っておりますので、ご遠慮なくお問い合わせください。

カスタム仕様などもご相談可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワッペン。

 

 

 

 

 

しばらく生産していなかったREW10のワッペンが装い新たに復活です。

 

 

 

REW10 Emblem

 

 

 

以前のものとはデザインを一新してよりシンプルにしました。

 

黒いフェルト地にシンプルで素朴なロゴで仕立てました。

縁はREW10のイメージカラーでもある夕闇夜空の濃紺です。

 

10ロゴは刺繍ではなく、BBCAPなどの意匠と合わせて手作業で切り出したフェルトを縫い付けてます。

ワッペンの構造及び製法上致し方ないですが、ある程度太い線になると連続した刺繍糸が目立ちます。

そこをフェルトに変更することで手作業の味わいも出してみました。

 

 

 

 

 

 

 

REW10 Emblem

 

 

 

これからの寒い時期の作業に大活躍するN-1 デッキジャケットを新調したので、裏地ごと縫わないように少しばらしつつ試しに縫い付けてみました。

なかなか良い感触です。

 

ついでにボタンを真鍮無垢のものへ、ポケットの縁も真鍮リベットでカスタム。

元は軍艦甲板作業用ジャケットのN-1ですが、ワークウエアの仕様を盛り込むとミリタリーテイストが少々中和されます。

N-1は非常にタフネスだし底冷えするREW10の工房と事務所の業務にぴったりです。

肉厚のコットングログランは火花などでも燃えにくいのも良く、兎に角暖かいコイツは冬の業務で一番です。

 

 

 

写真奥のは創業当時からずっと作業で使っていたN-1、溶接の光や火花を浴び続けてきたので色がかなり褪せています。

よく頑張ってくれましたが引退、いささかもの寂しいですね。

 

 

 

 

 

私物紹介したわけでなく新作の予告でした。

このワッペンを使用したワークシャツなどが近々発売となります。

N-1ジャケットはリリースしませんが、もしお求めの方などいらっしゃれば問い合わせください。 

 

 

 

ワッペンは単体販売もする予定ですので、よろしければ是非お買い求めください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

隆天帽子。

 

 

 

 

 

 REW10オリジナルの帽子の新サンプルが完成。

 

 

 

 

REW10 CASQUETTE & BBCAP

 

 

 

この度新しく作ったキャスケットもお目見えです。

 

古き良き労働者がかぶる帽子の決定版、鉄工従事者な自分はこれをかぶってがっつり鉄工をしたく、自分が欲しくてSCHUNESSとともに開発。

 

 

 

自分は粉塵にまみれる仕事性質から業務上で帽子必須、そして昔から髪型に無頓着ゆえ毎日帽子かぶって終わり。

というライフスタイルが根付いているので帽子は仕事でもプライベートでも欠かせない道具、そしてそんな帽子という道具を愛してます。

 

セレクトショップに勤務時以前から好きで様々な帽子をかぶってきました。

紆余曲折を経ているわけですが、うちの帽子はこんな帽子が欲しいというのを自分なりに具現化したものです。

 

キャスケットはBBCAPのようにフェルトロゴもハトメも配していないので、パンチは少し欠けるかもしれませんが、その分シルエットなどは何度も型紙調整してこだわってみました。

ふっくらし過ぎずにさりげない雰囲気を追求してみました。

 

うちらしく天ボタンには得意素材の真鍮、その他縫製や仕様もBBCAPの作りや雰囲気を踏襲しています。

 

 

 

 

 

おかげ様で大変人気なBBCAPも精悍な黒でこの度製作。

ステッチはグレー、フェルトもグレー、少々モノトーンテイストです。

写真だとよくわからなくなってしまっていますが、キャスケットのステッチはブラウン、BBCAPはグレーです。

双方サシで真鍮がきいてます。

 

 

 

キャスケット及びBBCAPの黒刺し子版の販売はしばらく先になりますがお楽しみに。

 

 

 

 

 

以前製作したものとほぼ同様の紺刺し子BBCAPは、10月の谷中受注会に向けて現在製作中です。

ほんのごく僅か生地感と、極細部の縫製方法を改善マイナーチェンジしてリリースします。

REW10と同じくたった一人のSCHUNESSによる手製作ゆえ、生産数量は多くないです。

 

紺刺し子の谷中受注会販売分に付きましては事前お取り置きなどは恐縮ながらお受けしませんので、是非当日会場にてお買い求めください。

大変有難い事にいつも瞬殺でなくなってしまう帽子ですので、お求めの方は是非お早めに。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_