WORKの最近のブログ記事

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一品改造小物。

 

 

 

 

 

 

 

 

CUSTOM GEARLEVER BOSS COVER

 

 

 

 

 

CUSTOM GEARLEVER BOSS COVER

 

 

 

 

 

CUSTOM GEARLEVER BOSS COVER

 

 

 

市販品ベースの改造製作。

 

 

ステンレスに真鍮ロウを盛るのはなかなかやりにくい。

 

 

しっかりロウ付けで盛れたら滑らかにフィレット研磨。

 

 

 

これで表面はメッキなどでない真鍮そのもの。

真鍮特有の質感を楽しんでいただける。

 

 

 

 

このような小物でもご相談OKです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アクセサリ。

 

 

 

 

 

しばらく欠品していたBRASS HEXHOOKを現在製作中。

 

 

STEELHOOKは製作終えてアップ済み、BRASSは製作中で近々アップできます。

 

 

 

IMG_1988.JPG

 

 

工房にも少し在庫しておきましたので、今度の11日恒例ブランチでもお買い求めいただけます。

 

 

 

 

 

 

 

WRENCHHOOKも各メーカー素材で在庫分作っておきましたので、オンラインにも工房にも在庫少しございます。

 

 

 

 

今回、MACTOOLSが入手できたのでこちらも作っております。

 

REW10 WRENCH HOOK MACTOOLS KNUCKLE SAVER

 

 

廃番になってしまったKNUCKLE SAVER。

 

名前が格好良いだけでなく、細身ながら肉厚あって重厚かつ角ばっているデザインが好きでしたが廃番という事で残念です。

今後は入手できるかわかりません。

この一本で最後かもしれません。 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WRENCH HOOK   MACTOOLS PRECISION

 

 

 

そんなKNUCKLE SAVERと取って代わったPRECISION TORQUE。

二つの凹みが特徴的で、FACOMと似たような流線美があるレンチです。

 

 

 

MACTOOLS HOOKもオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

それと受注ご依頼分しか作れていなかったWRENCH KARABINER、HAZETとSTAHLWILLEだけ在庫作りましたのでこちらはオンラインストアにアップしております。

 

 

 

 

 

 

 

 そしてこちらは特別仕様の受注品。

 

 

REW10 WRENCH KARABINER  Snap-on Damascus special

 

 

 

当工房が用いる手法を結集させた特注品。

 

 

開閉ゲートにはステンレスベースのダマスカス鋼、ゲート押さえネジ座金もステンレスダマスカス鋼。

 

中心部円形ナットにはスチールベースのダマスカス鋼を使用しています。

 

ネジはオールドスクールなブラスマイナスネジ。

 

 

 

当工房は可能な事でしたら形にさせていただく工房です。

 

一品一品、異なる仕様を盛り込めるのは、一品手作業製作が出来る工房ゆえの利点。

 

 

凝ったものをお求めのお客様や、自分なりの使いやすさを追求されたいお客様、お好みに合わせて仕様変更されたいお客様、様々なご要望にお応えできます。

 

 

何かご要望あれば遠慮なくお問い合わせください。 

 

仕様変更も出来ますし、欠品中のものでも受注にてお作りできるものもございます。

お問い合わせには必ずお答えしてますので、遠慮してると損しますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

DAMASCUS STEEL BANGLE

 

 

こちらは自ら試してみようかと考え、試作したスチールベースのダマスカス鋼を主体にしたバングル。

 

 

以前作ったスチール単体のバングルは、わかってはいたが肌に触れる裏側が当然錆びて使える代物ではありませんでした。

 

その後裏側にステンレスを内張りしたスチールバングルを作りましたが、こちらは表にしか鉄がこないので裏側は全く錆びずに成功。

しかし表の錆は楽しみたいと期待していたものの、使っても使っても錆びなさすぎて非常に質感変わりにくく、わざと錆びさせてから使ったぐらいです。

 

そんな経験ふまえて、表にスチールベースのダマスカス鋼を用いたら雰囲気良さそうと思い形にしたのが今回のモノ。

 

接合都合もあっての側面の真鍮部分もアクセントになっていて良い。

 

 

 

スチールベースのダマスカス鋼は杢目がなんとも趣深い雰囲気で入っているので、この杢目もあって雰囲気良好です。

 

 

 

今のところ製作から数週間経過し、仕事もプライベートもほぼ片時も外すことなく付けっぱなし。

手洗うときも風呂入るときも寝てる時も、ずっと付けたままで全く錆びません。

 

錆の生成条件として様々ありますが、研磨無し状態で乾湿の繰り返しや塩分などによるものが多いです。

バングルやフックなどずっと身に付けている性質のモノは、錆が生成する前に衣類などに触れる事で細やかでごく僅かな研磨効果があります。

身に付けて使うだけで錆が極めて発生しにくい状況を自然に作れます。

 

上記のようなある程度の条件下では、水道水などの真水ならば少々濡れただけでは錆びません。

濡れて乾いてを研磨無しの状態で繰り返すと錆の層が少しずつ厚くなっていき、屋外などで放置すると気が付けば錆で真っ茶という事です。

 

使うのが最大のメンテナンスという事ですね。

 

汗の塩分に晒される内側は錆びにくいステンレスなので問題なし。

 

 

 

 

鉄は錆びやすい素材として有名ですが、鉄の特性しっかり理解して錆なども味方に付けるよう趣の一つととらえると、これほど深い素材はないと感じています。

使い込めば照りも出てきますが、ステンレスとは異なり黒みもあるような質感になることが多いです。

 

もし錆びてもそのまま使い続けると、錆に黒みと光沢がでてそれはそれで雰囲気良いです。

 

さすが黒鉄と呼ばれるだけあって、自分の連想する鉄の色は鈍く深い黒です。

 

そんな色々な色のある鉄、やはり自分は一番好きなのか、いまのところ非常に良い感触を感じております。

 

 

 

 

しばらく使ってもと詳しい経年変化の紹介が出来ると思います。

 

 

 

鉄を使ったアクセサリー。

 

好きな素材だし世間にあまりない領域なのもあって追求し甲斐があります。 

今後も色々試しながら探究してみます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シンプルゆえ。

 

 

 

 

 

 

 

 

自転車もその他プロダクツも、以前のREW10よりシンプルになっています。

 

 

ただシンプルにしても個性もない。

何かしらの箇所に細やかな作り込みを取り入れたいところ。

REW10ならではの何かを。

 

 

日々の仕事で気を付けている事の一つです。

 

 

 

 

 

今回は物凄くシンプルなピストをコンプリートで組ませていただきました。

 

 

Mr.S's Urban Single

 

 

 

特筆すべき強い個性を感じさせない至ってシンプルな一台です。

 

シンプルさにこだわりをお持ちのお客様だったので、相談の結果で主張はほんの囁く程度ということに。

 

ヘッドバッジもロゴも全く無し、シンプルの極みで潔い仕様です。

 

 

シンプルにと言っても、すべての箇所を定石通りにして欲しいというご要望ではないです。

定石に反した箇所もあったりするのがREW10のビルド。

 

ジオメトリーなどにも一工夫あり、ポジション合わせは勿論の事、乗り手が乗車時にスマートに見えるようにもしました。

詳しくは割愛します。

 

 

 

 

 

 

REW10では、当工房で作らせていただいたフレームや、修理や改造をさせていただいた自転車などのパーツ手配や組み付けは承っております。

納車後のメンテナンスなども快く承っております。

 

必要はパーツ類はすべて取り寄せとなりますので、普通に行う組み付けのみでしたら近くの自転車店で行ってください。

 

 

 

 

 

 

いままで密かにしてましたが、実はうちで組むとちょっとした特典付です。

 

フレームなどの製作物のみならず、もっともっと細やかな箇所も大事です。

うちで組み付けなどをすると、ネジやワッシャーなどがカスタムされます。

 

 

 

サービスなのですべての箇所を行えるわけではありませんが、出来る範囲で改造を施します。

 

  

Mr.S's Urban Single

 

 

この写真だけでもうちならではカスタムした箇所は7~8か所。

 

多くの方に気付いていただかなくても良いです、こちらの好きでやっていますし感謝からのサービスです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Logo delete

 

 

シンプルにというこだわりをお持ちだったのでこんなことしたり、

 

 

 

 

 

Gunmetal Machining

 

 

旋盤でこんな作業をして、

 

 

 

Hub Washer

 

 

こんなワッシャーを作って、

 

 

 

Mr.S's Urban Single

 

 

 

こうしてはめたりします。

 

訳あって130㎜エンド幅をご所望だったので、デュラエースのピストハブの軸を入れ替えたカスタムです。

真鍮でも問題ありませんが、一応軸部分なのでワッシャーには強度のある砲金を用いました。

 

ナットとツラ位置合わせるとスマートです。

 

 

 

 

 

シンプルな一台はただ形にするだけだと面白みに欠けたりもします。

 

それならば細部こそが真価を問われる箇所。

 

 

 

シンプルゆえ、それを崩さぬように気を払いつつ、出来る僅かな領域に深い可能性を感じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誂えの自転車。

 

 

 

 

 

 

以前にご依頼いただいたフレーム製作、先日塗装前の完成披露をさせていただいた。

 

 

 

 

 

 

数多色々経てやっと完成するわけですが、REW10の製作は直にお会いし相談することから始まります。

 

 

お客様から抽象的でも良いので乗り味、使い勝手、持って行きたい雰囲気やルックスなどを伺って、こちらが具体案を提案するのがいつもよく行うオーダーの進行方法。

 

決める事は多かったりすることがほとんどですが、難しくはありません。

 

 

寸法指示や極細部まで指定される場合は極めて少ない事例で、こちらから色々案内しますのでわかる範囲で十分です。

 

ジオメトリーや細部はこちらからの提案を基に構築していく事が多いです。

難しい事はこちらで考えさせていただくのがうちの基本です。

 

 

 

一個人の乗り手専用車であり、使うご自身に心底気に入っていただくのがREW10の仕事。

オーナー様にとことん永く可愛がっていただけるような自転車を目指しております。

 

こだわった結果にオーナー様以外の方に気にしていただいても気にされずとも、乗り手と作り手が納得出来てさえいればそれで御の字。

対外的に賞賛を得れたりするのも勿論嬉しいですが、それはいつも二の次でご要望の具現化を遂行します。 

 

 

 

 

今回作らせていただいたのは一見普通なラグフレーム。

 

 

Mr.I's Randonneur

 

 

 

見る多くの人が個性が強いと感じることの無いような自転車かもしれません。

 

 

 

ここに至るまでに様々な相談を重ね、極細部まで練り上げた一台。

しっかりご要望を伺って練り上げたジオメトリーや、美麗なビルド手法の逆を行くような今回の厚いラグも、乗り手のご要望を伺った上で成った仕様。

 

 

クラシックなビンテージ車などがお好みのオーナー様、でもレプリカなような一台を作りたいわけでない。

お求めなのは永く快適に付き合える重厚なご自身の専用車。

 

 

この自転車にふさわしい仕様を盛り込ませていただきました。

繊細な作りだけが良い仕様ではなかったりします。

 

その他も様々な箇所に個性があったりしますが、すべて書いていると長くてクドくなってしまうので割愛します。

詳細気にしてくださった方などいらっしゃれば説明しますので、是非お問い合わせください。 

 

 

 

 

今回もばっちり気に入っていただいた。

 

この瞬間こそ自分の仕事のやり甲斐を感じれる。

出来栄えを喜んでいただけると己の仕事が少なからず認められた気がします。

 

乗り手のお客様がいらっしゃるからこその喜びです。

 

 

 

 

 

 

乗り手と作り手が心通わせ相談をすれば、自転車にもしっかり血が通います。

 

 

その人専用の誂えものを作らせていただく仕事。

プロの端くれとしてただ自転車の形に成っているだけでは許されません。

 

 

 

 

これからフィニッシュ、その後が楽しみな仕上げになりそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

製作のご相談はどなたでもいつでもお待ちしております。

 

職人という仕事柄と、予約制という工房の営業形態から、お問い合わせもしにくいところもあるかもしれませんが、相談だけでもかまいませんのでご遠慮なくなんでもお問い合わせください。

 

うちのようなちっぽけな工房で恐縮でございますが、是非色々な自転車を作らせていただけましたら幸いでございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナリティ。

 

 

 

 

 

 

 

作るモノにどうオリジナリティを込めるか。

 

ただフレームを作れるという理由で工房を構えたわけでなく、求める自転車が無かったから工房を構えました。

 

 

 

シンプルなモノほど個性が込めにくく、込められたにしても目立たないもしくは気付かれもしない。

 

でもそういった細やかな事こそ、隆天の追求すべき製作だと考えています。

 

 

 

 

平成丙申年小雪隆天作銘

 

 

 

裏側に隠れ、組めば見えなくなる銘切。

 

刻んである事自体に意味があり、自分が魂を注いだ証です。

 

 

 

よくある打刻印とは異なる、こういったモノだから宿る何か。

 

銘切はうちのオリジナリティの要でもあり、ただの片鱗でもあります。

 

 

 

当工房で生み出されるREW10の名が付くフレーム、すべて銘が刻まれます。 

 

 

 

 

 

 

念。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.FJMT 's CX

 

 

 

 

ご依頼いただいたF氏のCXフレーム。

 

世間様で主流の44㎜ヘッド、うちのオーダーでは珍しい仕様。

合わせるフォークによってはこの選択肢以外が少なくなってきている昨今のパーツ事情。

 

付けたいパーツに合わせて作れるのはオーダー車の強みです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.FJMT 's CX

 

 

 

塗装してもくっきり見える銘。

意志疎通しやすく仕事に対する考えが合致しているZ-WORKSさんの塗装。

 

やはり塗装後に塗膜で埋まってしまうよりはこうやって視認できるほうが良いです。

何も伝えずともこういったところで我が仕事を引き立ててくださっていて有難い限りです。

REW10のフレーム及び当工房で改造などをしたフレームなど、すべてZ-WORKSさんで塗られます。

 

 

 

 

 

 

Mr.FJMT 's CX

 

 

 

ワイヤーリードを取り付けると写真のように隠れてしまい、少し残念に思う方も今までにいらっしゃいましたが、銘はこれで良いのです。

 

骨董品などは見えない底面などに刻んであったり、日本刀も柄に隠れた茎(なかご)の部分に刻まれるものが多い。

 

 

 

見せる仕様ではないのが銘切の粋というもの。

刻んであること自体に意味があり、装飾ではないのです。

 

銘に宿った我が念の片鱗でも感じていただければ幸いです。

感謝や責任やこだわりなど、様々な信念を込めつつ、ここに魂を宿します。

 

 

 

最後の一画をあえて刻んでいない未完の産物。

どう完成させるかは乗り手側にお任せです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オリジナルカラビナ。

 

 

 

 

 

前置きですが、明日は恒例のブランチ開催です。

10時~15時まで開催してますので是非お越しください。

 

 

 

 

 

さて、先日軽く紹介し反響いただいてるプロトタイプを諸々試行錯誤しました。

 

普段作っているレンチフックなどの空気感、自転車ビルダーとして自転車的機構をさりげなく取り入れる。

とりあえずこんなコンセプト設定を考え開発してました。

 

 

 

 

 

 

 

先に紹介した一本目。

 

いろいろ試し過ぎて取り返しつかなくなり廃棄した二本目。

 

 

 

本当に色々経て三本目でやっとやっと納得。

 

 

 

 

レンチフックの雰囲気と、自転車ブレーキのバネを使って自転車的機構、これらはきちんと搭載。

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 WRENCH KARABINER

 

  

REW10 WRENCH KARAVINER

 

  

 

REW10 WRENCH KARABINER

 

 

ここまでくるのにかなりの労力を要して大変でしたが、ここですべて語っているとクドくなるので今回は割愛します。 

詳細や薀蓄など聞きたい方はご連絡くださるか直にお越しくだされば、いくらでもお聞かせ致します。 

 

 

 

様々試行錯誤して、軽量化も生産効率も使い勝手もすべて上げ、ほぼ製品化しても良いところまでやっとたどり着きました。

 

カンチやUブレーキアーチの機構を取り入れていますので、メカ好きな方々は自転車のブレーキアーチと同じようなバネセッティングや、グリスなど入れてメンテナンスもできちゃいます。

シンプルな構造なのでしばらくメンテナンスもしなくとも勿論問題ないです。

 

  

 

頭を悩ませデザインや構造をお売りできる製品レベルで開発していくのは、こんな小さなものでも非常に大変でした。

写真で出来上がったもの見てるとあっけないのですが... 

 

 

 

最初よりははるかに生産効率向上を果たしているのですが、それでも通常のレンチフックの5本以上の製作手間を要してしまいます。

 

レンチフックなどに比べて動作精度も要りますし、各部パーツが増えるので削り出していく手間がどうしても必要。

 

流石にその分すべてはとりませんが、安くはない価格にはなりそうです。

 

 

 

それでも必要としてくださるお客様、是非ご相談ください。

段取り諸々考慮して販売価格も考えておきますが、受注販売はこれより承ります。

 

開閉ゲートや中心部ナット部、真鍮やステンレスやダマスカスなどにもカスタム可能です。

その他ご要望あればご相談も承ります。

 

 

 

在庫分販売はいつになるかは未定です。

出来上がりましたらまた告知致します。

 

 

 

 

明日のブランチで製作したサンプルを置いておきますので、現物見たい方は是非お手に取ってご覧ください。

繊細なものでなく十分タフネスなので、動作確認もしていただいて問題ありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

手作業。

 

 

 

 

 

 

 

信頼の日本製、工程は手作業。

 

 

 

よく聞くこういった言葉は半分どうでもよいとは考えてます。

 

たしかに日本という国のモノづくりは技術は平均して高いけど、工場個々の売りでも特性でもない。

ハンドメイドという言葉もただの工程に過ぎず、機械多用の量産品でも良いモノは多数ある。

 

 

 

モノの良さは生産国でも工程でもなく、どういった個性を基に何が出来上がっているかという事です。

 

 

 

 

 

 

REW10WORKSのモノづくりは自分一人のみ。

生み出すものも少量の性質なので、多数生産ロットで業者に依頼したり機械をセッティングして多く作るのは相性が悪いです。

 

 

REW10の追い求める製作は、生み出す商品の性質諸々含め自らの手での手作業という工程が応用も利き性に合います。

 

 

人の手作業が醸し出すことが出来る雰囲気や味わいというモノを、見て確かに感じる事が多々あります。

なんだかんだで作り手が手を入れたものが好きなんです。

 

 

 

矛盾もしているかもしれませんが、やはり手作業なREW10。

 

自転車フレームは勿論の事、うちで生み出すパーツもすべて自分一人で作っています。

キーフックなどのアクセサリーやその他ご依頼いただくライフスタイルに使う製作物も、すべて自分。

オンラインストアなどで販売しているTシャツなどは使うベースはメーカー品ですが、せめて手の味をとプリントは自分と妻の手刷り、タグの縫い付けも自宅で行います。

 

手作業の何かを感じていただければと、どんな商品でも自ら手を加えたモノのみを提供しています。

 

真っ先に謳い文句にするつもりはないですが、REW10にとってはハンドメイドというのも日本人として大和魂込めるのも、とても大事で意味のある事だと認識しています。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

色んな考えを抱きつつ、今日はキャップ類を製作。

 

 

Hand machining

 

 

最近、生み出した商品の説明や薀蓄などを言葉で語るのも少々無粋なのかなと、しばしば頭をよぎります。

そんな事を考えているとブログを書く手がつい止まってしまいます、集中力が高まってる期間は特に。

 

仕事の事以外だとあまり口数多いほうでないですし、出来上がったモノが勝手に語ってくれるのが自分の求める職人なのかと考えてます。

 

 

 

 

昨日はヘッドキャップという小さなものに、じっくり手作業にて我が魂と命を込めました。

 

 

 

 

我が産物が雄弁かはどうかはわかりませんが、モノに語ってもらい何か少しでも感じてくだされば幸いと思いつつ...

 

 

作らせていただき有難い限り、日々製作に没頭です。

 

 

 

 

 

STAINLESS & BRASS

 

 

 

DAMASCUS & BRASS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

製作中。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

fillet

 

 

   

写真撮り忘れたりなどがかなり続き自転車以外の紹介が多くなっておりますが、勿論自転車も絶賛製作中です。

 

うちのロウ付け工作も変わらず健在です。

 

 

製作に集中したりお客様とのやりとりが楽しいと、つい撮影するのを忘れてしまいます。

修理や改造も数多行っておりますが、ことごとく撮り忘れて紹介出来ず申し訳ないです。

 

 

 

 

 

 

 

自転車関連やその他も更新回数増やしていこうかと考え中ですが、また更新滞ってしまったら申し訳ありません。

 

 

製作も改造も修理もその他ご相談も、変わらず受注お受けしております。

ご遠慮なくご相談ください。

 

 

 

銘切

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_