REW10 madeの最近のブログ記事

デモンタ。

 

 

 

 

 

 

基本的にREW10がブログやインスタなどで紹介しているものは、すべてどなたでも受注可能なものになります。

 

再度作るのが難しいものや、入手困難の特殊な材料を用いないと難しい製作は掲載紹介しない事が多いです。

 

 

 

 

そんなこんなで紹介していなかった自転車があります。

 

 

この投稿をInstagramで見る

先日は @grumpy_bike と #OMMBIKE 、今日明日は @circles_jp で、来週は大阪の @1jyo_ultimate_factory で、ポーセリンロケットのポップアップで店頭に立ちます。 接客に本当に向いてないタイプの人間なので粗相しかなくて申し訳ないけれども、自分の好きな遊びの道具と、そのカスタムオーダー計画を一緒に練るのは凄く面白いし楽しいのです。 カスタムオーダー自体はいつでもできるけど、対面でできる機会は少ないので、いつもの人も初めましての人も、ぜひお店まで遊びに来て下さい。 ・ という事で、自分でオーダーしていたメッシュのフレームバッグとサドルバッグが揃ったのでつけてみた。すけすけ。詳しくはそのうち。 ・ #PorcelainRocket #rew10works

mon_jya(@mon_jya)がシェアした投稿 -

 

 

 

メッセンジャー繋がりで創業間もない頃から付き合いのある友人の愛車です。

 

彼の自転車にはS&Sカップリングという部材を用いて分割出来るようになっています。

乗るだけで考えると不要なものですが、輪行を多くされる方ですととても小さく納める事が出来るのはなかなかの威力があるものです。

 

 

作った当時はこのカップリングの取り扱いをしておらず、材料は彼自身が入手してくれたものでした。

ゆえにこの自転車は是非紹介したい一台だったのですが掲載しておりませんでした。

現在はREW10でもS&Sを入手できるようになりましたので、今回紹介した次第です。

 

 

 

 

 

 

彼は本当に色々な乗り方と使い方を試してくれて、今回2回目のアップデートをさせてもらいました。

 

 

20191101_133829_R.jpg

 

 

今回はブリッジの追加です。

 

彼はお世話になっているSIMWORKSさんのスタッフ、塗装はそちらでやられるとの事で生地でお返しです。

 

ディスク車だったのでブリッジレスでしたが、考えていたより激しい乗り方をするようになって追加しています。

一部でトラッククロスという遊び方が出てきたらしく、それに合わせた仕様に更新です。

輪界の最新情勢に疎い自分は存じてなかったのですが、フィックスでシクロクロスをするという、なかなかハードな遊び方らしいです。

トレンド的情報はお客様から教わっております。

 

 

 

 

 

 

20191101_133752_R.jpg 

 

 

 20191101_133816_R.jpg

 

 

 

  20191101_133838_R.jpg

 

 

 

20191101_133847_R.jpg 

 

 

S&SカップにROCKERエンドなどの現代的な仕様と、相反してヘッド周りはラグだったり、モダンかつクラシカルなフレームです。 

 

前回アップデートした仕様で、フレームにネジ小物をたくさんつけています。

一見謎な仕様ですが、フレームバッグを直にネジ止めするための仕様です。

 

 

がっつり乗ってくれてるのでキズだらけですが、自分としてはあまり乗らずにキズ一つ付けないように扱われるよりも乗ってくれているのは喜ばしい事です。 

 

 

 

 

 

 

国内外色々なところへ我がフレームを連れて行ってくれている面白い人です。

 

ひたすら工房に籠ることしか出来ないような自分のライフスタイルなので少々羨ましくもあります。

オフでも工房離れるとサボっているような感覚になってしまい落ち着かない職業病なので、我が生業のモノ作りに励みます。 

 

 

SNSを見る頻度はかなり少ないほうだと思いますので多くは見れてなく恐縮ですが、自分の作ったフレームが色々なところへ行った写真などを見かけます。

自分が連れて行ってもらえた気分にもなって嬉しいです。

 

自分の作らせていただいたフレームが皆様のサイクルライフを支えつつ共にあると思うと灌漑深さを感じます。

 

 

 

 

GRAVEL

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.W's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SSCX

 

 

 

 

 

ご遠方よりいつもいつも足繁くお越しいただいているお客様。

オーダーいただいたフレームがやっと完成し先日納車。

 

時間はかかってしまいましたが、REW10らしさがしっかり込められた一台が出来ました。

 

最近は非公開の自転車が続きましたのでこの一台を紹介します。

 

 

 

 

Mr.K's SSCX

 

 

シクロクロスC1で戦われている方、こういったクラシカルな装いでも内容はレーシング車。

REW10のお客様は概ね街乗り仕様をご所望の方が多いですが、レーシング車のオーダーも光栄です。

 

 

 

 

 

 

 

Mr.K's SSCX

 

 

何度も密に相談を重ねて練り上げた各部の仕様。

担ぎを意識しつつシンプルさも求めて内装仕様に。

ステンレスインナーチューブが入ったもので、錆に強く、内装の中では強靭で、通しやすい仕様になってます。

かなり酷使される方なので、各部考慮して作らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

Mr.K's SSCX

 

 

 

アウター受けが欲しいというご要望から作らせていただいたこれ。

仕様はこちらに完全お任せいただきました。

 

普通はホイールとして組まれる#14ステンレススポークを使用、スポークならば張力かけても問題ない事は立証済み。

真鍮でネジ受けを作り、ステンレスのアジャスターも搭載されてます。

スポークとネジ受けは銀ロウをしっかり流し込んで密着させてます。

こういったシンプルなものは形を編み出すまでがなかなか大変なのですが、シンプルでらしさが出たかなと個人的に気に入ってます。

 

 

 

 

 

 

 

Mr.K's SSCX

 

 

 

かなり久々に作らせていただいたオリジナルカットのラグ。

本当に久々で感覚を忘れていましたが、取り掛かってみるとそれはもう思ってた以上に手間がかかった気がします。

 

昔よくやっていた技法でしばらくやってませんでしたが、やりたくないわけでなくお客様からご要望がなかっただけです。

手間はかかった分、すごく新鮮で達成感もあった箇所。

ガッツある方、こういったオーダーもお待ちしています。

 

ラグを飾ったのは三か所で、その他はラグレスです。

ヘッドチューブとステムのラグが揃って見応え抜群、とても格好良いと思います。

 

ステムは1インチのアヘッド専用なので1-1/8は通りません。

アヘッドでもシュッと綺麗なシルエットになります。

自分も1インチアヘッド愛好家、この仕様は大好物です。

 

強度のあるクロム銅のヘッドキャップで隙なく組み上げてます。

このヘッドキャップの経年変化は真鍮を凌駕するとも言えるぐらい雰囲気良く変化してくれます。

じっくり仕上げてください。

 

 

 

 

 

Mr.K's SSCX

 

 

このお客様の愛車に対する情熱は凄まじく、ヘッドまわりの趣向はバッジにも。

REW10の過去の写真までよく見てくださっていて、昔やった事のあるステンレスの銘切ヘッドバッジを気にして下さいました。

あの頃のままやるのでなく、今のREW10の思考も取り入れ素材を変化。

コールテン鋼耐候性鋼のヘッドバッジです。

錆が育っていく楽しみがあり、基本的に自転車では許されない経年変化をしっかり楽しむことが出来ます。

 

実はフォークエンドとリアエンドもひっそりとコールテン鋼だったりします。

コールテン鋼の箇所は勿論未塗装。

 

錆びても朽ちる事のない鉄。

各部の数年後が楽しみです。

 

 

 

 

塗装は足立区の名塗装工Z-WORKSさん。

いつもと同様に良い仕事してくださって、クロモリ部分のツヤなしローフィニッシュが生鉄っぽくてかなり格好良い。

自転車塗装工では珍しくリン酸被膜まで自社でのせてくれます。

この被膜の有無で錆び方にかなりの差がでます。

防錆効果だけでなく、見た目も良い黒味を増し良いムラも出るのでなんとも良好なペイントです。

いつもうちのフレームに彩りを吹き込んでくれて、職人のぬくもりを感じさせてくれるZさんの塗った塗装は本当に感銘を受けます。

REW10のフレームは手作業を色濃く感じさせる古き良き手法が多く、そんな鉄フレームにはウレタンやパウダーより溶材塗装がしっくり来る気がします。

 

 

 

 

 

 

Mr.K's SSCX

 

 

 

その他も特徴が相当にあるのですが、すべて語っていると本当にとてつもなく長文になってしまうので惜しくも割愛させていただきます。

 

 

 

 

 

お客様の自転車フレーム製作、やればやるほど大変だと思います。

その分一番やり甲斐があるのはたしかですが、重圧と責任も圧し掛かります。

 

でも今まで作ってくださったお客様方の製作実績がある事で、重圧と責任を良い緊張へとプラスに変換する事が出来る。

おかげでこんな自分でも作らせていただける気がします。

 

 

そんなことを感じておりますと一人ぼっちの経営でも皆さんの支えを感じれます。

人が居ないと自分の求めるモノ作りの本質は薄れます。

 

お客様がいらっしゃるから続けられるREW10の仕事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内&二代目隆天(仮)の愛車。

 

 

 

 

まず営業案内ですが、明日31日は勝手ながら臨時休業となります。

振替で本来土曜日定休である8月3日は営業致します。

3日はご遠方のお客様ご予約都合で開店時間がいつもより遅く、14時~20時の営業となります。

その他は平常通りの営業となります、4日日曜日などは営業しております。

 

 

 

 

 

更新がかなり出来ておらず申し訳ありません。 

フレーム製作は相変わらず頑張っておりますが、全業務一人ゆえに忙しい時ほど更新に割く余力がないです。

更新が少ないと動きがなさそうに思われてしまうかもしれませんが、たくさんの製作仕事をしております。

 

最近はなかなか手間のかかる大作製作続きでした。

これら大作含め最近作った自転車はお客様のご意向やその他諸々の訳あってすべて非公開となってます。

ゆえに数少ない更新を待ってくださっている方々に紹介できるものが少なく申し訳ないです。

 

 

 

あまり更新乏しくても申し訳ないので、組み上がりを紹介していなかった一台と背景でも紹介しましょう。

我が息子である現在小学生の二代目隆天(仮)の愛車です。

 

 

二代目隆天(仮)の愛車

 

 

 

 

子ども用の自転車というのは洋服などと同じく使える期間短く、通常だと子どもの成長に合わせて数年に一度程度はフレームごとサイズアップをし続けなくてはならない。

新しいものを用意し続け、乗り終わったものが出てくるなんて事はしたくなく、子ども用でも長く使えるものが良い。

それならば選択肢は必然ともなってきて、BMXなら成長してもサイズ変える事無くずっと乗れる。

変に子ども用に寄せた設計だと乗れる期間が短いので、基本設計はまるで子ども用でない通常のBMXに。

大きくなったら最低限ハンドルとシートポストを変えれば、大人になっても十分使える。

 

上のような考えは大前提であったので、『20インチに乗れるまではお前の自転車は作らん。』と息子に伝えてあった。

幼い彼は父の真意など当然理解できず焦らされてるぐらいに感じてたかもしれないが、いざギリギリ乗れるその背丈まで成長したところで作ってあげたのがこのBMX。

 

 

一応彼からのオーダーBMXという体の一台、作る前に軽く要望聞いていく。

自転車の事など詳しくわかってないので構造の大半はこちらで考えるが、見た目だけでも彼の好みを反映しようかと色々提案してくとこの親父の愛車と同じような感じが良いとの事。

結果、自分の愛車と同じ耐候性鋼材を用いたBMXに。

 

 

自転車好きの親は子どもの自転車によく高級パーツなどを鏤めてしまいがちなところもあるけど、普通の子どもはそんなもんまずわからんしこちらのエゴを押し付けたくもないない。

必要なら後はてめえ自身で好きにカスタムしろという意味を込め、極めて安いママチャリパーツ中心で構成。

 

今は細かい価値などわかってなく、ママチャリパーツでも問題なく機能するしなにより気兼ねなく使えこれで十分。

チープでも十分というかこれが現時点でのベスト。

 

自転車好きの視点で見なければ、サビサビの風貌でチープなパーツついてればスクラップのようにも見える。

ゆえに盗難もされにくいしこれが良い。

でも、これは親父の魂のこもった一台、日々大事に使い、少しでも離れる時は鍵を絶対にかけなさい、と強く念押し。

 

 

自分はこちらから何でも与えレール敷くのは好まず、自身で考えさせ時に愛をもって蹴落とすほう。

ゆえに父として用意するのはこの辺まで。

自分が彼に自転車作るのも最後になるかもしれない。

気に入らないパーツが出てきたらカスタム出来るところもたくさん残したので、自分自身でいじって自転車の深みと楽しさに自然と触れてもらえれば幸いだとささやかな願いを込める。

 

もし2台目欲しくなったら、自分で何か買うも良し、隆天の息子として生まれ落ちたのを利用しお下がりを利用してカスタムしたり教わりながらでも自身の手ですべて作り上げるのも良し。

 

 

 

 

この自転車をあげてからある程度年月も経った。

父がこの自転車に込めた詳しい核心の理屈など当然わかりもしてないだろうけど、ジワジワと男の所有欲を刺激しているようだ。

たとえ子ども相手でもきちんと彼を見据え、彼が好んでくれるようには作ったつもり。

作り込みをしたゆえに密かにも確かな手応え。

通常のお客様の自転車製作と同様に何故だが自然に使いたくなるものを追求、子ども相手でもそれが通用した模様。

この辺は普段のオーダー自転車作らせていただく仕事と同じで手抜きはない。

 

 

幼くとも男が浪漫を抱く自分専用のマシン。

自分だけのマシンはどこか誇らしげでかなり自慢の愛車らしい。

幼稚園の時に乗っていた市販の自転車とは気に入り方の違いが明らかに見て取れる。

こっちからは何も伝えてないがBBパイプに刻まれた名前の銘切を勝手に見つけ、自分のために生まれたマシンなのだというのも彼のお気に入りのポイントらしい。

ちゃんと見つけたなと少し感心。

幼い彼でもこういった反応を目の当たりに出来ると密かに職人冥利に尽きます。

 

なにやらいれこんできてるし成長してきたので、小さい頃から使っていた派手めなヘルメットもそろそろ卒業かと、自分が使っていたBELLの渋いレザー調ヘルメットをプレゼントしたらこちらも痛くお気に入り。

少しずつ大人に近づき、子ども用なんてものは嫌になってきた年頃。

大人と同じものを身に着け少々勇んでいるのだろう。

 

学校から帰ってきては、お気に入りのヘルメットと作ってあげたバングルで武装し、自慢の愛車跨っては一人近場のツーリングに洒落込む日々。

行く当ても何もないのに、毎日毎日欠かさず自宅周辺地域をずっとずっとゆったり乗り回している。

 

 

己一人で自転車に乗り出かけられるになってからは、どこにでも行ける感覚、翼生えたような感覚でも抱いてるのか、お気に入りのマシンに跨る高揚感もあって楽しくて仕方ないのだろう。

こっちが何言うことも無くとも自発的にしばらくこんな習慣が続いているのでどうやらほんと楽しいらしい。

 

そんな瞬間が自分にもあったかと懐かしく思う。

そのような感覚を自分自身最初にいつ抱いたかと言えば、今思えばポンコツだったけどはじめてスポーツ車を知人から譲ってもらったのが中学2年の時。

ロードマンのパチものみたいな自転車だったが、最初のスポーツ車はなんともかっこよく映りそれはもうお気に入りのマシン。

ポンコツでもママチャリとは次元が違う走行性能に心躍った。

その夏休みに知人と東京湾から新潟の日本海まで走破し日本横断できたときは本当にどこまでも行けるという事を強く感じたのを思い出す。

 

昔懐かしいものを思い出させてくれて、自転車ってやっぱり男の心を躍らせる熱い道具なのだなと、息子をみて再認識。

 自転車作りは大変だがこういった事があると頑張ってきてよかったと思う。

 

自分は人のために自転車を作るのが生業であり人生、息子のように近い存在でもお客様でも気に入って日々使ってくれるとなによりも嬉しい。

アーティストではなく職人、自分の表現をするのではなく人の希望に沿ったものを道具として作り込んだ結果で気に入ってもらえるのが喜び。

展示会などで目立つよりこれが楽しい。 

 

 

 

この自転車はまだ未完。

まずは愛車の整備ぐらい己の手で仕上げられないと話にならぬ。

あとは己で楽しみながら業を会得し仕上げるのだ。

 

 

二代目隆天(仮)

 

 

 

 

 

 

 

彼に合わせたつもりでも、結局は父親のエゴかのようなBMXでした。

彼のため頑張って作った自転車だけど、飽きて放置されちゃったら自分がチョイ乗り用でこっそり使っちゃいます。

 

 

 

お気に入りの愛車の威力もあって自分の仕事が良く映ってくれてるのか、今のところ絶対二代目隆天になりたいと彼自身が言っています。

無理やりやらせるつもりは毛頭ないですが、お客様の事を思うと自分が年老いてきた時に二代目が居るのは有難い。

そして自分が居なくなっても隆天の製品と技術が世に残るのは喜ばしい事です。

考え方良く素質もあってやる気に溢れた人間が身近に居るなら娘でもいいし家族以外でも継がせるぞ、と息子に告げると奴は絶対おれがやるとなにやら燃えてます。

子どもの言ってる事なので半分以上当てにしてないですが、やる気になっているのはなんでも良い事です。

 

いざ跡継ぐとなると果てしない技術習得も大変だが、うちの仕事は技術云々だけでできるものでないし、彼が大きくなる頃には時代も変わっているので、どうなるのかはわからないが永くを見据えて変わり変わらず頑張っていこうかと思ってます。

ただ継がせるのでなく、彼自身がより強くやりたいと思える仕事に感じさせ、自信を持って引き渡す事の出来る工房に仕上げておかなければいけないと思ってます。

そうするには曲がった事など出来ず日々精進してないと堂々としてられない。

近くに子どもの目があると思うといろんな面で怠けられないのでこっちも大変ですが、純度上げられるのもありでこれも有難い事です。

 

 

 

 

 

 

 

 

先は長そうですが親という漢字の通り、木に立ちそっと見守るが如く、あまり多くはしてやらずにいようと思います。

二代目を襲名する事があれば自分と同等かそれ以上には育てるつもりでいます。 

自分が長年かけて培った極意を要約して叩き込めるわけですから、自分と同等が最低限、むしろ超えて欲しい。

 

でも子どもの事というか目先の仕事を本気で積み重ねることしか結局は出来ないのかもしれません。

 

 

まずは愛車のメンテナンスから自身の手でやらせサポートしながら教えていく所存です。

好きでなくては出来ないこの仕事、押し付けもダメですし、職人として親として大人として良くない背中は見せられませんね。

 

実際に跡継ぐかはどうあれ、彼からデカく見える背中で在れるよう彼以上に常々頑張ろうと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

CX

 

 

 

 

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

Mr.S's CX  

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

Mr.S's CX

 

 

 

以前納品したフレーム、お客様ご自身が組み上げて見せに来てくださいました。

お客様のパーツ選別もとても良好で、やっぱり組み上がった姿は格好良い。

 

REW10の自転車が一番、などという自惚れた事ではありませんが、自分が世界で一番好きな自転車はやはりREW10の自転車と言えます。

技術比べみたいなモノ作りはしたくなく、昨今は自分ならではのモノ作りへの探求心しかありません。

 

REW10の自転車はシンプルでささやくような個性のものが多いですが、目立った仕様よりも年々ジワジワと所有欲を高めてくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銘切。

メッキ皆無。

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

Mr.G's Urban bike

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

銘。

 

 

 

 

 

 

更新があまり出来ておらず、本当に申し訳ありません。

 

仕事は多数やって紹介出来るものも多いのですが、ご依頼いただいたお客様が喜んで下さる姿しか考えていないようで、ウエブやSNSなどでの認証欲求も乏しい自分はつい写真を撮り忘れてしまいます。

 

楽しみにしてくださっている方も少なからずいらっしゃると思いますが、更新乏しく申し訳ない限りです。

 

 

銘

 

 

 

不器用ながらも相変わらず魂は込めてます。

 

洋風のみに偏らず、日本人としての矜持を込めたい一心です。

責任と感謝も大きく込められてます。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

研磨無間。

 

 

 

 

 

 

 

STEEL x BRASS x STAINLESS

 

 

クロモリフレームにステンレス胴抜を入れつつ真鍮ラインで引き締める。

 

この手のものは研磨に終わりがない。

 

写真見ているとまた磨きたくなる。

終わりません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ROAD

 

 

 

 

 

 

Mr.H's ROAD

 

 

 

 

 

 

Mr.H's ROAD

 

 

 

 

 

 

Mr.H's ROAD

 

 

 

 

 

 

Mr.H's ROAD

 

 

シンプルで競輪ピストのような雰囲気。

 

格好良しです。

 

 

今回も作らせていただき有難うございました。 

 

 

 

 

 

 

 

月別 ARCHIVES

https://www.instagram.com/potalmetalpot/