REW10 madeの最近のブログ記事

Messbike

 

 

 

 

 

 

Tora's Messbike

 

 

 

 

 

Tora's Messbike

 

 

 

 

 

Tora's Messbike

 

 

 

 

 

 

Tora's Messbike

 

 

 

 

 

 

Tora's Messbike

 

 

自分は過去にメッセンジャーとして4社の会社に勤務しました。

 

最後に所属した会社の後輩の自転車です。

 

 

 

いつもよりジャンクな雰囲気の仕上がり。

黒錆仕上げとも合います。

 

これはただのピストでなくメッセンジャー業務用のストリート仕様。

曲がったシートチューブ、エアロのダウンチューブ、パシュートの攻撃的部分などに目が行きますが、それ以外の部分でも独自の作り込みがあります。

 

メッセンジャー専用車はやっていた人間でないと本質を取り入れるのが難しい。

レーシングバイクの作り込みとはまるで異なる部分がかなり多いです。

 

 

 

本気のストリート仕様、REW10の得意分野です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

HEADCAP

 

 

 

 

 

 

 

 

STAINLESS DAMASCUS x BRASS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

KUROSABI

 

 

 

 

 

 

 

KUROSABI

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Mount

 

 

 

 

 

 

 

サイクルコンピュータの台座を作れますか?とお問い合わせいただきました。

 

 

とりあえずご相談だけになっても良いのでよろしければお越しください、と返答。

技術面で可能であってコストに折り合いがつけば基本なんでもお受けしています。

 

熱心にご相談いただき、形状や仕様を決め、図面を作成しつつコストなども案内、OKがでたらGOです。

 

 

 

 

出来上がったのはこちら。

 

 

Cycle computer mount

 

 

 

Cycle computer mount

 

 

 

Cycle computer mount

 

 

25.4㎜のハンドルにクランプします。

 

 

 

 

今回はコストを落とすため、磨き甘めのメッキです。

研磨跡が少し見えますが、美観だけで保護性質は変わりません。

メッキはのせる前の研磨で美観が決まり、のせた後は研磨できません。

磨きを入れれば入れるほどコスト上がります。

 

 

 

 

 

 

Cycle computer mount

 

 

 

コンピュータに付属しているプラスチックの部材にばっちり合う寸法で作りました。

先端部分は鉄の丸棒から削り出した一品部材です。

程よい抵抗感で装着できます。

開いている穴を利用し固定します。

 

全長も希望通りで喜んで頂けました。

 

 

この手のものは特殊仕様の要素が含まれ安くはないですが、適合するものがいまいちなくお悩みの方はご遠慮なくご相談ください。

 

熱いカスタム魂をお持ちの方、いつでもお待ちしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

元年最後作。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.N's BIKE

 

 

 

 

 

Mr.N's BIKE

 

 

 

 

 

Mr.N's BIKE

 

 

 

 

 

 

Mr.N's BIKE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

営業案内。

 

 

 

お客様対応の都合で、3月7日の土曜日は本来定休日ですが、営業致します。

翌日3月8日の日曜日は振替で休業です。

 

勝手ながら宜しくお願い致します。

 

 

 

BRASS SEATCRAMP

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バルブのキャップ。

 

 

  

 

 

 

 

 

REW10 VALVE CAP

 

 

お客様からの受注依頼がここ最近でけっこう集まりましたので、一緒に在庫分も作りました。

店頭在庫補充とオンラインストアにもアップしてます。

 

 

在庫生産は次回いつになるかわかりません。

お待ちの方などいらっしゃればぜひどうぞ。

 

在庫生産をお待ちくださっているお客様もいらっしゃり有難い限りです。

受注いただければ一定期間でお作りしますので、生産時期未定が困る方は遠慮なくお問い合わせください。

 

 

手作業で作られた希有なバルブキャップです。

愛車のアクセントにぜひ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ただ乗り手のために。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

 

 

 

 

 

Mr.H's Gravel road

 

 

  

どこにどう個性を入れるか、時間と手間をかけてお客様と練り上げていきました。

 

伝えてくださったご要望をしっかり具現化するのが我が生業。

実現できる事もあったりはしますが、出来ると思えるならば積極的に。

一人の乗り手の専用車を作り上げます。

 

どこに作り込みが入っていてどう個性が出ているか、乗り手オーナーのお客様と作り手の自分とでばっちり共有できてます。

 

REW10のフレームはひっそりとさりげないディテールが多いです。

わかりにくいので文章で説明するのも野暮になるような気がしています。

数少ない方でもわかっていただけたら幸いだと思っています。

ゆえに説明は割愛しますので、写真を見てくださっている方はどうなっているか探してみてください。

 

 

 

目立つ仕様は最初のうちは目を引きます、シンプルな仕様はジワジワと末永く所有欲を高めてくれます。

うちは完全に後者です。

 

 

 

乗り味もしっかり気に入っていただけた。

喜んでいただければ毎度毎度苦労が報われ、本当に嬉しいです。

 

乗り手のための一台、今後も頑張って製作します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ステン。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Stainless

 

 

今回も良く仕上がった自転車を納車させていただきました。

他の写真は後日紹介出来ると思います。

 

 

お客様と一緒に練り上げるフレーム製作、いつもいつも感無量でございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終。

 

 

 

 

 

 

先ほど今年最後製作のフレームお披露目と、その他商品の最後の製作作業を終えました。

 

 

令和元年の銘に間に合わせて欲しいというお客様のご要望は一つ残らず終える事が出来ました。

 

 

Bangles

 

 

1日半でバングル5本はきつかったですが、なんとか間に合って安堵しています。 

明日になってしまえば令和2年、そこで令和元年の銘を刻めば偽りになってしまいます。

 

銘は我が魂、偽りなどあってはなりません。

 

お客様にお渡しする前なので、どなたのかわからないぐらいの写真ですがきちんと終わりましたという一応証拠的なものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして自転車製作として本年最後に作らせてもらったフレームのお披露目と塗装等の打ち合わせ接客を。

本年最後の接客対応です。

 

Untitled

 

 

アドリブ利かせたコールテン鋼を用いた真鍮ロゴ入りステー。

それはもう大変でしたが気合込めてしっかり作らせていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

Untitled

 

 

自分が提案させていただきとても気に入っていただいた真鍮チェーンステーガード。

さりげなくもとても格好良いです。

 

 

 

その他かなり作り込ませてもらったフレームですが、また来年にでも紹介させていただきます。 

ちょいと疲れてまして記事書く余力がありません...ごめんなさい。

 

 

 

最後の接客でもかなり喜んでいただき、こちらも感無量でした。

製作フレームのお披露目や納車の時、うちのお客様の喜びようはとてつもなく、本当に気に入っていただけたのだなと確かな感触をいただけます。

うちのオーダーはかなりお話しして仕様や内容を細かく決めていきます。

遠慮なくなんでも歓迎で、楽しみながら決めていきます。

直に顔を合わせしっかり相談をして話して話して純度を高めていけば、これで作れば間違いないと思える確かな仕様と寸法が見えてきます。

 

 

 

毎度毎度話していますが、オーナーさんでないと伝わらないような領域ですし、変に言葉で語ると安くなってしまうような感覚があり、多分今回の自転車も完成後の詳細の文章紹介は割愛させていただくと思います。

展示会やブログやSNSなどでの承認欲求は微塵もないような地味な職人です。

 

職人らしく語るならばモノで語りたいところです。

 

オーナーさんには勿論伝え、その他はわかる人にわかってもらえればそれでよいです。

 

本当に喜んでくださっているのが確かに伝わってきますので、幸せな仕事をさせていただけていると思います。

 

悪い方向に変わってしまえそのお客様のみならず、これまで頼ってくださったお客様も悲しませてしまう事になります。

裏切る事が無いよう、変わらぬところは変わらず、進化すべきところは進化して今後も頑張っていこうと思います。

 

 

疲れ気味で何を申しているのかわからなくなってきてますが笑、本年もとても良い仕事ばかりさせていただき誠に有難うございました。

 

来年もより一層頑張りますので、REW10を宜しくお願い致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

月別 ARCHIVES

https://www.instagram.com/potalmetalpot/