REW10 madeの最近のブログ記事

カスタム探究。

 

 

 

 

 

 

 

STAINLESS STEM

 

 

一見鉄にも見えますが、オールステンレスのステム。

 

ステンレスには銀ロウ付けが基本とされてます。

時にステンレスには真鍮ロウ付けは向かないだか出来ないとかも耳に入ったりしますが、この通りきちんと出来ます。

でも美味しくロウ付け出来る温度範囲がピーキー過ぎて鉄よりも難物な事は確かです。

 

お客様のお好みもあってあえて磨き過ぎず、鉄のローフィニッシュかのような仕上げにしました。

鉄と違って塗膜もないリアルローフィニッシュを嗜めるのは生地でいける金属の特権です。 

 

 

 

 

 

 

 

DAMASCUS PEDAL

 

 

真鍮ではよくやってますが、今回はダマスカス。

 

ダマスカスヘッドキャップより面積がかなり広いので杢目の雰囲気は相当なもの。

 

面積広いだけでなく、一つ作れば終わりのヘッドキャップと違い、片方2枚x2=4枚作らないといけないので、手間も材料費もかかります。

 

踏むのがもったいなくなってくるぐらいですが、固いダマスカス鋼はペダルとしても堅牢で優秀だと思います。

使い込まれた姿がぜひ見たいです。

 

格好良すぎて自分用にも作りたくなりましたが、お客様の製作が優先なので暇にならない限りは作れなそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

SURLY PARODY

 

 

ここまでやった自転車なので、気になさっていたヘッドバッジもカスタムさせていただました。

 

REW10の自転車も愛してくださっているお客様ゆえ、相談の結果でREW10のヘッドバッジを自ら模してSURLY仕様にセルフパロディしました。

 

数多くカスタムをさせていただいた経緯も込め、特別にやらせていただきました。

 

 

しばしばお問い合わせいただきますが、他社様の自転車にREW10のヘッドバッジ付けたり、銘切を刻んだりは承っていないのでご注意ください。

今回でもREW10の純正そのままのバッジを付けるという事でしたらNGです。

REW10のヘッドバッジではなく、SURLY仕様のREW10セルフパロディなので承りました。

他社様の自転車をうちの名前であるかのようには出来ません。

 

 

その他、他社様の真似や模倣そのまま、強く他社様の仕様を連想させるような仕様は承っておりません。

 

 

あとは動作がきちんと確保出来て、技術面で可能な内容でしたら無制限で各種改造を承っております。

 

自転車のみならず、生活雑貨やその他部品、可能なものでしたらなんでもどうぞ。

 

 

 

 

市販品では満足できないカスタム愛好家のあくなき探究は続きます。

うちなどでよろしければご相談に乗りますので、なんなりとお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

不朽。

 

 

 

 

 

 

 

 

Mr,S's CORTEN STEEL BIKE

 

 

 

 

 

 

 

Mr,S's CORTEN STEEL BIKE

 

 

 

 

 

 

 

Mr,S's CORTEN STEEL BIKE

 

 

 

 

 

 

 

Mr,S's CORTEN STEEL BIKE

 

 

 

 

 

 

Mr,S's CORTEN STEEL BIKE

 

 

 

 

 

 

Mr,S's CORTEN STEEL BIKE

 

REW10 "BLACK SMITH"

CORTEN STEEL BICYCLE

 

 

不朽の鉄製自転車。

末永くお使いいただけます。

 

 

 

 

VALVECAP

 

 

 

 

 

昨日案内のバルブキャップは先ほどオンラインストアにアップしました。 

 

HEX BRASS VALVECAP

 

 

まとめて数十セット製作しました。

 

店舗在庫もございます。

今日は営業しておりますので、よろしければお立ち寄りください。

 

 

 

 

 

HEX BRASS VALVECAP

 

 

NCでなく手作業での旋盤加工、先端の丸みを作るのがコツつかまないと大変です。

 

2軸同時に動かして刃物を曲面に動かします。

二つのハンドルを片手ずつに持って円やかに動かします。

直線削りはハンドル一つの制御で済むので楽ですが、ある程度熟練しないと綺麗なアールを安定して作るのは難しいです。

 

手作業の証に生み出した曲面は個体差ありますが、自分の目で見て気に入らない曲面は作っておりません。

製品は買う身になってつくっておりますので、自分の手元にきたら嫌な個体差は作りません。

 

 

 

 

 

hr.png

 

 

その他BBCAPのグレーストライプ等も追加してます。

 

 

オンラインストアにアップされているものについて案内です。

 

SOLDOUTになっている商品の再入荷をじっと待ってくださり、待ってましたとご注文くださる方も多く有難い限りです。

 

 

今回のバルブキャップも有難くも待ってくださったお客様が多いようで、昨日アップ予告したところお問い合わせを多数頂戴しました。

 

基本的に数量まとめての再生産は業務に合間が出来た時にしか行っておりません。

でも合間が大きくないタイミングでも一つ作る事は容易にできますので、お待ちくださるのも忍びないです。

 

再生産できる商品に関しましてはオンラインストアでSOLDでも受注承って早めにご用意できることが多いです。

 

基本的に数量まとめての再生産は業務に合間が出来た時にしか行っておりません。

ゆえにオンラインストアにて次回入荷はいつになるかはわかりません。

長ければ数か月空いてしまいます。

 

今回は本業受注生産の予期せぬ材料入荷待ちの理由で、手が止まるタイミングできたのでまとめて生産しています。

 

完全手作業ゆえ、数量まとめて作るのと一つだけ作るのは段取り大きくかわりません。

受注生産が忙しい時でも、合間でお作りできるものは多いので遠慮なくお問い合わせくださればと思います。

 

職人という性質上で致し方なく敷居高く見られてしまい敬遠されてしまう事も多いです。

でも意外に人の話し聞ける奴(自称)ですし笑、うちは技術やご要望の幅も融通利く方だと思います。

ご相談さえいただければスムーズに事が運ぶ事も多いので、オンラインストア商品でも製作でも修理改造でも何かあればなんなりとお問い合わせください。

 

うちのようなところを気にしていただきご相談いただくだけでも嬉しく、受注に至らずとも悪態付く事も決して致しませんので、ご遠慮なくどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

夏季営業案内&変種。

 

 

 

 

 

夏季の営業案内ですが、仕事多数なのでしばらく休みなく営業します。

盆休みも土曜日定休日もなくずっと営業します。

 

進行次第でお休みいただく事もあるかもしれませんが、その際は必ず告知致しますので告知がなければ店舗及び工房は営業していると思っていただいて大丈夫です。

googleの営業日情報もいじっておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最近は少なめな変わり種な自転車の紹介です。 

 

 

Tommy's POLOBIKE

 

 

 

もはや付き合い古くなってきたバイクポロプレイヤー兼現役メッセンジャーのTommy。

 

なにやら新しいプレースタイルを見出したようなのでVブレーキ台座を新設しました。

 

 

怪しげなフィニッシュは粗めの黒錆。

ガツガツとぶつかる競技ゆえ、綺麗なフィニッシュなど望まない自転車。

最初から荒々しいぐらいのほうがさらに風格もでたります。

 

うちで製作したイカついディスクキャリパー&ローターが懐かしい。

バイクポロで使う実際のボールを手元に、絶対ヒットしないように作りました。

かなり堅牢に作ったのでまだまだ使えます。

 

新しいスタイルが成就するのを願っておきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Untitled

 

 

こちらはスキッドを楽しみまくっているお客様の一台。

 

26x1.4のタイヤにぴったりのクリアランスで強靭なディスクフォークが欲しいとのご依頼で、フォークのみ作らせていただきました。 

見た目が似たようなものでもロード用のフォークとはまるで異なる強度あるディスクフォーク。

ディスクの制動負荷にもしっかり耐えてくれます。 

 

この条件を満たすようなフォークなど、ニッチ過ぎて市販品あり得ないのでオーダー製作というのが生きてきます。

 

前後のタイヤ径が違くともフレームがホリゾンタルに近く設定できて、まとまり良く出来上がっています。

 

ストリートはスタイルが自由で縛りもありません。

ぴったりと要望に合わせようとすると、特異な箇所でこだわる人ほど思い通りのものがありません。

彼も自分なりのポジションとセッティング等を日々試して追求し、今回のカスタムはかなり好感触になったと喜んでくれています。

 

 

 

 

 

 

Custom made fork

 

 

うちの自転車は決まった組み方や雰囲気で組まないといけないというのは、生みの親である自分としては特にありません。

 

自分がシンプルで渋い色調のものが好みであるだけで、今回のような一台も良い自転車だと思います。

差し色の赤、ステッカーチューンも自由にやってもらったり、色々なスタイルのREW10を見れるのはこちらとして強く望んでいる事です。 

 

 

 

 

こういった変わった自転車の製作やカスタムも随時お受けしております。

 

自転車はオールジャンル得意、守備範囲の広さはREW10の強みの一つです。

ヴィンテージから新しいもの、ジャンクバイクから繊細で美しいもの、車種は正統派から変種やミックス車種まで色々。

 

とりあえずはご遠慮なくなんでもお問い合わせいただければ幸いです。

可能なことでしたら積極的に承っております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

塗装は自由です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Cream & Matcha Grenn

 

 

 

 

当工房のイメージなのか、ダークトーンかローフィニッシュのご要望が多いREW10のフレーム。

 

こちらからおすすめする色は特にありませんので、色はお客様の自由です。

うちのイメージに沿っても良いですし、イメージなどぶち壊してピンクでもなんでも良いと思っています。

個性は色々ですし、願わくば様々な在り方があるというのが好ましいです。

お客様のお好きな色に染め上げていただければ幸いと思っています。 

 

 

今回はうちでは比較的珍しいクリーム色的な色。

 

リアルの抹茶の色で!としか伝えていないロゴ色指示でしたが、Z-WORKSさんがばっちりきめてくれて、ご要望通り。

 

 

その他見どころあるフレームですが、納めてしまったので組み上がった姿でも拝めたら幸いです。

 

今回も気に入っていただけたようで、ぜひ大事になさってください。 

 

 

 

 

 

 

 

 

本業は自転車製作です。

 

 

 

 

 

 

 

最近は植木鉢なんかも作り始めてしまって、見る人によっては横道ぶれてる感もあるかと思えるREW10WORKS。

 

自転車もその他も自分が欲しくて使うもの、屋号をREW10CYCLESでなくREW10WORKSにしたのも総合的に色々作りたかったのが理由です。

 

 

REW10にどんな印象を抱くかは自分の打ち出し方次第でもあるし、見てくださる方の感じ方次第でもあります。

自分なりの信念は曲げずに突き進む所存です。

 

 

 

 

 

色々なものを作っていてもやはり本業は自転車。

 

最近はフレーム以外のパーツ製作と塗装祭りでした。

それぞれバッチリ良いもの出来たかと思います。

 

 

フォークその他パーツ

 

 

様々なものを作っても自転車はおろそかにしておりませんよ。

 

 

 

 

REW10ではフレーム製作のご相談は勿論の事、その他パーツ単体、修理、改造、自転車以外でも製作や修理改造、随時色々承っております。

 

職人というのはどうしても敷居高く見られてしまう性がついてまわりまして、お問い合わせいただく以前で躊躇ってしまう方も多いようですが、自分は些細な事でも性格上相談される事は光栄にしか思いません。

こんなちっぽけな工房を気にしていただきお問い合わせくださるのですから、実際に受注に至らずともただ嬉しいのみです。

こちらにはお気遣いなくなんでもお問い合わせいただけましたら幸いに思います。

 

 

 

どんなご相談でも必ず返答しております。

一品物のハンドメイドゆえに市販品よりはコストはかかりますが、可能であればなんでも承っております。

 

REW10の商品を気にしてくださっていたり、何かお悩みの方はなんなりとご相談だけでもお問い合わせください。

 

うちの敷居なんてものはただのイメージの片鱗です、気にせず越えちゃってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一台一台。

 

 

 

 

 

 

 

MONO STAY

 

 

 

 

 

FILLET

 

 

 

毎回作らせていただき本当に有難い。

良きお客様のおかげで今回も納得のいく仕上がりに出来た。

 

 

嬉しい反面、一台一台研ぎ澄ませていくほどに責任も圧し掛かる。

自転車は命預ける乗り物。

フレーム磨いていくほどに魂も削れているような気がする。

 

 

 

たとえ魂削がれていようとも、やはりもっともっと作らせていただきたい。

 

おそらく自分の生きていく道はここしかないのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

枯淡の趣。

 

 

 

 

 

 

 

Aging

 

 

Aging

 

 

以前にスペシャルカスタムにて作らせていただいた一台。

 

鉄&真鍮のブレーキレバー、無垢真鍮削り出しのヘッドにステム、ダマスカスヘッドキャップなどなど、良き経年変化が進んでいます。

 

自分愛車以上に真鍮箇所の多いこの自転車。

メッキなどでは絶対出せないこの趣。

 

真鍮とフレームの黒錆仕上げの色調は相性抜群、互いを引き立ててくれます。

 

この自転車の細部を見ていると、過去の自分の執念が伝わってくるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

Aging

 

 

Aging

 

  

こちらは上記の同氏所有の自転車に付けていただいているREW10の商品たち。

 

コールテン鋼と真鍮で出来たヘッドキャップはすっかり保護錆が生成され、味わいもかなりのもの。

通常の鉄とは異なり、錆を何もせずに嗜めるのもこの耐候性鋼の特権。

リアルな錆ゆえの雰囲気、自然な凹凸もなんとも所有欲を満たしてくれます。

錆加工や錆風塗装ではないので剥げる事もなく、使うほどに経年の深みを増していきます。

 

銘を刻んだシートクランプはヘッドキャップとはまた違う真鍮の照りがあり、簡素な中にもまた趣があります。

自転車のパーツらしく薄く軽く削り込んだりはせず、あえて真鍮らしさを強く感じれるような曲面にて製作しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Aging

 

 

 

Aging

 

 

こちらはメッセンジャーを引退したBRASSくんの自転車。

 

うちで自転車を作ってから真鍮に魅了され、メッセンジャーっぽく作った自転車に跨っているうちにメッセンジャーを始め、メッセンジャーの通り名もBRASSになったナイスガイ。

 

彼は表面が錆びていようと、それを良しとしてあえて愛でている。

いつも足繁く通ってくれるので、自分がその度に細部状態に目を運び、錆の特性と対処方法をしっかりと伝えてある。

伝えた事をきっちりと守ってくれているのもあって、彼の手入れは十分すぎるほど行き届いている。

ゆえにヤレた見た目でも状態はすこぶる良く、パイプ内部は普通のクロモリフレームよりもかなり綺麗な状態を保ってます。

 

 

真鍮やステンレスダマスカスではなく鉄ダマスカスのヘッドキャップを気に入って使っているのも、REW10のお客様の中でもごく少数派。

 

こういった自転車やパーツの魅力は普通の人にはわからないかもしれず、彼のような人間が嗜める領域。

万人受けなんか狙ってもないこの自転車、使う本人のオーナーと作り手の自分が気に入っていればそれで良し。 

 

 

 

 

 

 

BRASS's URBAN TRACK

 

 

今や彼の自転車はハンドルやサドルがイカれたメッセンジャーな角度になっています。

 

定石からするとあり得ない、基本のポジションも経て乗って乗って辿り着いた彼ならではのポジション。

古き良きメッセンジャーの写真集にもこんな角度の自転車が載っていて、嗄れたプロの運び屋っぽく格好良い。

 

ピーキーすぎてお前にゃ無理だと言われそうなセッティング。

かつて自分もメッセンジャーだった頃に同じようなポジションを試した経験がありますが、とても乗れたものでなかった。

下ハンなら握れるのはわかるが上ハンを奇怪に握り、これを快適と言っている。

その証拠に全く変えずこのままで、手首も傷めずに長く乗り続けているのだから大したものです。

この自転車は彼にとっては欠かせぬ愛車、長く使い続けて欲しい。 

 

 

 

 

 

今回紹介したこの人たちや自分もそうですが、こういった枯れたような空気感を好むと通常とは異なる自転車の世界も見えてみます。

 

自転車は軽く繊細で美しいのが一般的。

逆行してタブーでもあるかのような無骨で重厚な自転車。

自転車では誰もやらないこの方面の小さな隙間、REW10の大得意分野であります。

 

自転車は重量の軽さだけが大事じゃない。

大事なのは総合的な使いやすさであり、道具としていつも自然に共を出来てどれほど愛でてあげられるか。

 

一つの視点や基本だけにとらわれていては個性も出せない。

基本を知らねば有効な型の破り方も見えてこない。

乗り手のための最善策は何なのか。 

 

こんな事を考えつつ、いつも細部を積み上げて製作に励んでおります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個々の形。

 

 

 

 

 

 

Mr.T's Randkruizer

 

 

 

 

Mr.T's Randkruizer

 

 

 

 

 

Mr.T's Randkruizer

 

 

 

 

 

Mr.T's Randkruizer

 

 

 

 

以前に乗っていた自分の愛車とほぼ同形の自転車を納車。

ランドナーにクルーザー要素を加味した自転車ゆえ、ランドクルーザーという自転車です。

名前の通り、一般的ランドナーよりもどっしりと安定感と強度に富んでおります。

有名な車とかぶってしまう名前なので、RANDKRUIZERと文字ってます。

 

 

今回も気に入っていただけたようで光栄です。

 

 

 

 

 

 

 

 

今回納車の自転車が以前の我が愛車と似ているので、少し昔の事を思い出しました。

 

最近のREW10の自転車はシンプルな外観のものが多く、文京区に工房があった時とは作風がまるで異なります。

以前は少々目立つ仕様が多かったです。

 

 

 

色々なお客様の製作をさせていただく度に勉強させていただき、今の作風にたどり着いたのでしょう。

 

 

 

 

REW10は以前にどんな自転車を作っていたか作っていたか、ご存知でない方も多いかと思います。

 

特徴的な自転車を主に紹介してみます。

 

 

 

隆天號

 

 

2way Chain stay

 

  

Mr,o's 29er cruiser

 

 

Mr.KJYM's Narrowtrack

 

 

29er Staggered

 

 

Monster Twins

 

 

Mr.Q's Funny

 

 

Mr.Iseya's Custom Discroad

 

 

Mr.RON's special build bike

 

 

REW10 1stDARUMA,

 

 

 

その他もすべてのお客様の自転車を紹介したいぐらいですが、最近のようなシンプルな外観の自転車は割愛させていただいてます。

 

しかし遡ると色々な事やってましたね。

おかげで製作の幅広さには自信がつきました。

 

 

 

最近はシンプルは外観をご所望のお客様が多く、インパクト大なご要望が少ないです。

シンプルな自転車でないとオーダーは受けていないという事ではありません。

今でもご要望さえあれば、掲載のような個性たっぷりの外観仕様でもお受けしております。

 

 

 

 

どんなご要望でも具現化するのがREW10の仕事。

これは創業当時から変わらぬ信念です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SKEWER

 

 

 

 

 

 

 

以前ご依頼くださったお客様からの追加オーダー。

 

 

 

 

STAINLESS SKEWER

 

 

削り出しステンレスカバーを装備したスキュワー。

 

非常に重厚な作り。 

 

 

 

 

 

 

 

STAINLESS SKEWER

 

 

 

この方の愛車はディスクブレーキにマッドガードを装備しているので、特性生かして雨の日にお越しくださいました。

 

大事にしていただきながらもこうして惜しげなく使っていただけるのが、道具を作っている自分としては特に嬉しいです。

 

 

 

 

 

 

20180316_185151_R.jpgのサムネール画像

 

 

PHILのリアハブに合わせた形状でした。

 

 

このお客様は独自のこだわりをお持ちで、訳あって選ばれた異なる仕様の前後ハブ。

固定方法が異なるものでしたが、これで統一感がかなり増す事でしょう。

 

 

 

 

 

このような一品製作のご相談はいつでもお待ちしております。

とりあえず相談だけでもかまいませんので、なんなりとお問い合わせください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/potalmetalpot/