REW10 madeの最近のブログ記事

深遠な鉄と錆。











20230131_133423_R.jpg





6~7年ほど愛用の私物カラビナ。


カラビナ開発時にプロトタイプとして作った3本目、概ね今の製品版の原型になった最初の産物を使い続けてます。



この頃すでに対候性鋼愛車のおかげで鉄の錆に魅了されていたので、このサンプルの開閉ゲートはステンレスでなく無垢の鉄で作りました。

仕事で汚れた手でも触るし、その汚れを洗い落とした濡れた手でも平然と触ってます。

ゲート部分はすっかり錆びてはいるもののしっかりと馴染んでいて、ボロボロに腐食しそうな気配もない状態。


この状態になってからはすでに数年以上は雰囲気が変わってなく、保護層として成立しています。















20230131_143452_R.jpg


対して錆びない状態を保ってる鉄も。


これもサンプルとして生み出された私物の鉄ダマスカスバングル。


カラビナの数か月後にできていて同じくずっと使ってますが、これがまた全く錆びない。

錆を愛する自分はわざとびっしり錆を付けたりもしましたが、使い込むうちに綺麗さっぱりなくなってしまいました。



裏側にはステンレスを仕込んでいるので、裏側の腐食や錆は全くの皆無。





こんな状態の鉄と日々向き合い自ら実際に使っていると、錆は時に悪いものでなくなる事に気付かされます。



錆は腐食から生成されるものではありますが、腐食がさほど進行していない状態なら影響も極めて少なく保護層として扱う事もできますし、すべてが悪さするわけではないです。

雨ざらしや放置は論外、そうなるとたちまち鉄はボロボロに劣化していきます。


愛情注いであげれば錆とはオトモダチ。







20230125_135905_R.jpg




これは自分がフロントフォークに薬剤と諸々で丁寧に生成した錆です。

ボロボロに腐食しておらず緻密でサラサラの綺麗な錆。


こうなると錆は本当に美しい。

優しく磨けば照りが出たりもして、レザーのようにも楽しませてくれます。

油分を入れてやると色濃くなるもの面白い。




自転車においてもきちんと管理すれば良い錆と仲良く付き合えます。

今自分が乗ってる愛車では薬剤生成でなく自然生成の錆を楽しんでますが、途中経過である斑状の錆は敬遠される方が多いと思われます。



すべての鉄自転車に勧めるような仕上げではなく、フレームの作りも多少考慮したほうが良いです。

それを見越して作れるオーダーフレームだと最高相性になります。



一癖あるし錆に対してのイメージも良くないので、こういった仕上げを変に広げようとは思いませんが、鉄と錆を愛しこうやって付き合っている人間もここに居ます。



先入観でほとんどの人に忌み嫌われてしまう錆ですが、仲良くすると錆は相当美しく良いものに成り得ます。




最も身近で多い金属である鉄、でも価値を見出し身に着けようとする人は少ないので個性になったりも。



生きているかのような息吹を感じさせてくれる金属は鉄ぐらい、自分にとっては最高の金属です。



写真のような錆仕上げのオーダーフレームも受注承っております。


錆にご理解持てそうな方はぜひご相談ください。







一年ぶりに。








昨年末にフレームのみで納車させていただいたフレームと再開。


ご自身で組み上げた自転車を見せに来てくださいました。






Mr.U's bike






Mr.U's bike






Mr.U's bike






Mr.U's bike






Mr.U's bike






Mr.U's bike




私的にも好みな仕上がりになっており、オーナー様との会話が楽しかった。






会話を重ねて双方で作り上げた一台。


思ったものが手元に来てくれたと、ルックスも乗り味も気に入ってくださり、本当に嬉しい瞬間です。



REW10のフレーム作りには当人同士で対話するのが何より大事なのだと、再認識できました。



個々の専用車だからこその自転車とオーナーさんとの一体感は変え難いです。



































営業案内。






あっという間の一年、早いものです。

年末年始の営業案内をします。



今年は接客対応をする営業日は少なめです。


いつもよりお休み長くいただきますが、その分作業に集中します。


12月26日~1月5日までお休みをいただきます。


12月25日は本来定休日ですが、営業致します。



今年は25日が最終営業、年始は6日から営業です。




休業期間中でも工房にはいる事が多いので、対応希望のお客様は事前にメールか電話でご予約くだされば極力対応致します。


ご予約のないご来店は営業日にお願いできれば幸いです。







未塗装





未塗装





未塗装



愛車のアップデートをしました。


先月のJCMCでお披露目しましたし、その時取材も受けたので、ご覧になった方もいらっしゃると思います。


フレームの仕様を変えたわけでもパーツを変えたわけでもなく、塗装を完全に剥離しました。


前々からやってみたかった塗装も全く無しの生地状態です。




自分の中でもう錆は悪いものではないと強く思えたので、自分の愛車で試します。


錆は勿論発生しますが、除去などはせずきちんと管理して共存していきます。



一癖あるので今のところ皆様に強く勧める仕様ではないですが、ある程度の条件下で上手く付き合っていけば問題ない状態になると確信しています。


完全未塗装はお客様でもいらっしゃらないので、自らが実験台になって試します。


常連様の数人は早くも気にしてくださり、うちでは今後増えそうな予感です。




この写真を撮ったのは10月下旬、撮影時でも1~2か月経過しています。

今はもう少し錆が育っており、大きな問題もなく変化が楽しいです。


仕上がってきたらまた紹介します。








魂。












YAMATO DAMASHII




REW10の屋号は正しくは隆天です。



日本人として英文字でしか書けない屋号は避けたいと思いましたし、馴染みやすい英文字でも書けるようにしたかったので当てはめたのがREW10です。


なによりも独立する前からずっと決めていた、銘が刻みたかったのが隆天にした理由です。



銘は自分の魂のようなもの。

オリジナリティの証です。


日本製品質などと言うつもりはないですが、日本の職人としての思いはしっかり込めた仕様です。



銘切の作の字の最後の一画はあえて刻んでないです。


物は完成させると滅びゆくのみという、日本古来の考えに感銘を受けての事です。

有名な神社仏閣などでよく目にする手法です。



隆天の自転車は未完成品、どこで完成とするかはその後の乗り手次第です。


ずっと完成としないままでも浪漫があって良いと思います。


我が銘で、お使いいただく皆様の思い入れが少しでも向上していただけたら幸いです。














鉄錆真鍮野郎。












ブラスくん。






ブラスくん。




すっかり錆を味方にしている常連さんです。



皆さんにとっては忌み嫌われる錆ですが、条件と管理が整えば上手く付き合う事も可能です。



2015年製作のフレームセット、7年ほど経過。



彼はうちのフレームが手元に来てから水を得た魚のようになってくれて、日々乗りまくってくれています。

その間にメッセンジャー業務を数年やりつつ、今も他でデリバリー業務を自転車で行っており、相当乗り込んでいる猛者です。


かなり過酷な状況で乗り込んでいるので、普通の人の20~30年分ぐらいに相当するほど乗ってくれているのではと思います。




最初はリン酸被膜のローフィニッシュでしたが、今や塗装はほぼ剥げていて鉄地むき出し状態。


しばしば自転車持ってメンテナンスや状況確認兼ねて顔を出してくれるのもこのフレームの長寿の秘訣。

大雨の今日でも来てくれるぐらい、このフレームの専門家は自分なので見れるとお互いに安心できます。




彼のフレームは再塗装する事なんか今後絶対にないので、このまま突き進んでもらいましょう。

自分も次作る愛車は未塗装の要素でも入れたいところです。





錆は性質と管理法を間違うと悪さをしますが、錆を見越した作りと特性を生かせば良いものに変わり上手く付き合う事もできます。





このフレームセットが錆と上手く付き合っていける証拠のようなものです。


ここまでくれば長年乗れる事でしょう。




多くの人が汚いとか壊れそうとかのイメージでしょうけど、自分も彼もこの自転車に美意識を感じています。

日本人が忘れゆく侘び寂びの趣があるかのようです。




イカれたドロップハンドルの角度は彼ならではのセッティング。


頭おかしいレベルで真似できませんが、これがたまらなく乗りやすいらしいです...笑




メッセンジャーカルチャー的に格好良い自転車になっております。






ブラスくん。















昔日の雷撃。












雷。





雷。







創業当時からREW10を知っている方にはお馴染みの雷です。

懐かしんでくださる方も僅かにいらっしゃると思います。



オーナーさんのご都合でこの自転車をしばらくREW10で預かる事になりました。

おそらく数か月は預かりますのでお店に吊っておきます。




しかし、改めてこれと対峙すると当時の自分の熱量には脱帽もの、呆れると言ったほうが適しているか。


銘切が平成辛卯年の2011年製、11年前の製作。











あれから場数を重ね技術向上と経験は積んだつもりですが、今の自分にまたこれが作れるか、はたまたこれ以上のものが出来るのか、自問自答してしまいます。

このフレームはただ接ぎ合わせただけでは高確率で壊れるので、見えない箇所の補強をかなり仕込んでいます。


職人仕事は過去の自分と対話できるようで面白い。









当時のお客様は夢見たフレームを具現化するためにガッツあるオーダーをぶつけてくださる方が多かった。


現在はREW10もお客様もシンプルな傾向に沿う形が多く、超個性的なオーダーもいつしか減っていきました。



それでもこういったオーダーを現在お受けしていないわけではなく、REW10は創業当時からやっている事は変わらずです。




『可能な事であればなんでも造形する。』


これは今でも変わりません。




インスタやflickrを遡ってもらうと過去作出てきます。



個性的な仕様や凝ったものは途方もない手間がかかるのでコストも甚大ですが、ガッツある方は相談してみてください。


この自転車はついでにカスタムもご検討いただいてるので、もし施工する事になったら生まれ変わった姿もお披露目出来る事でしょう。





数か月間REW10に置かれる予定、こんな機会はおそらく滅多にないのでご覧になりたい方はぜひ。

















アップデート。







以前もアップデートされてる常連様からのさらなるアップデート。


かなり長らくお悩みいただいて、きっかけが出来たので踏み切られました。

コロナ禍で入荷が滞り長かったですがやっと完成です。




今回のアップデートは前回からさらに使いやすくするため、実使用に基いて特化させた内容です。

日々の移動に使われているので、ベルトドライブやステアリングスタビライザーは相当に効果的な仕様です。

今まで実際の使い方を分析させてもらって、サドルやグリップの性質を変えたり、シフターを格好良くしたり、全体的に細部諸々のパーツを変更しています。





Mr.K's Update






Mr.K's Update







Mr.K's Update







Mr.K's Update







Mr.K's Update




ディスクブレーキも長く使ってきたので少し老朽化が見られたので、新たにキャリパーごとGrowtacさんのEqaulに変更。



開発が大変だったあろうと感じさせてくれる内容と品質が素晴らしく、機械式ディスクで頭一つ抜けている性能だと感じてます。

なんというか真面目さが感じられるブレーキで、見ていると使いたくなるパーツです。



先日紹介した愛車はSTIを油圧系統で揃えちゃってるのでまた次回ですね。


愛車に日々乗ってて最新機材の進化も感じます。


でも時代がどう変わろうとも、なんだかんだでワイヤーを用いた機械制御が自転車らしいかなと思ってる自分がいます。

油圧ブレーキも当然素晴らしいですが、機械式ディスクもやっぱり大好きなんで次回ディスク付きの愛車を組む事があればこれを搭載してみます。


REW10はEqaulブレーキの取り扱い店舗なので、オーダーやカスタムのお客様はぜひ一緒にどうぞ。

機械式ディスクをお求めの方にはお勧めです。



これを機に全体の再塗装もされてすっかりリフレッシュ、でもフェンダーは真鍮の使い込んだ色を残して渋さも消えず。

頑丈なフレームなんでまだまだ乗っていただきたいものです。
















新サンプル兼愛車Mk-Ⅱ。









以前のサンプル兼愛車は異国に移住されるお客様にお譲りしました。




最初はオーダーのご相談を普通にいただいたのですが、出発までの時期が短かくどうやっても間に合わない。

背格好が似ていてサイズ合致、使い方と全体の雰囲気のお好みも合致。

現物を相当気に入っていただけたのでそれならばと、こちらから提案し愛車をお譲りする事に。


お客様にはまたとない機会ですが、自分にはまた作れる機会があります。




今頃遠い国でREW10の自転車が走っているかと思うと嬉しいです。



かなり良く走ってくれて短い間でも苦楽を共にした良い自転車でした。

そこから学べた事をしっかり反映、内容は似てますが細部を更新し今回の自転車を新たに作りました。









New bike






New bike






New bike






New bike






New bike






New bike






New bike









自転車の内容詳細は割愛します。

2000㎞ほど乗って試しましたが、前回同様に調子よく、アップデートした箇所も良好です。



細かいところや蘊蓄を知りたい方はご遠慮なくお問い合わせか、REW10SHOPへ。





振り返ってみると、お客様に我が愛車をお譲りする機会はこれでたしか5度目か... 

しばしばあります。




愛車と別れるのは毎回寂しくもあるのですが、アップデートを試せる機会にもなって有難い一面もあり、新たな飛躍の機会です。


お譲りすると乗れる自転車が無くなってしまい日々のライドが出来なくなるので、これとは別にもう一台サンプル製作もしようかと、それ用のパーツ集めは昨年から始めてます。



折角なら今回のと異なる良い比較対象になるようなサンプルにしようかと思ってます。



私物は乗りきれないほど持ちたくないですし、新車状態の在庫を増やせるほどお店が広くもないです。

比較対象にもなるようなものをもう一台だけ作り、一台お譲りする事があればもう一台ある、というような体制を整えておこうかと。






手元にあるものを売りつけたいという事は全くないのですが、REW10店舗内にある自転車がどうしても欲しい方は相談してみてください。

















快速。









Mr.K's BIKE





Mr.K's BIKE






Mr.K's BIKE







Mr.K's BIKE




昨今にしては細めなタイヤの快速仕様。




内装ハブを装備し、将来的にベルトドライブ搭載を見込んだフレーム。

シンプルでソリッドな格好良さがありつつ、内容が詰まった良い仕様。


薬味的な銅キャップと真鍮の変化とともに、飽きずに長くお使いいただけると思います。



今回も本当に有難うございました。






















黒。










Mr.M's Bike





Mr.M's Bike





ご遠方からはるばるオーダーにお越しくださったお客様。


黒錆仕様の街乗り車。

この手のフル装備車は製作が一番困難ですが、出来上がった時の達成感は大きい。

フレーム製作は勿論大変ですが、裏にステンレス板で補強入れたフェンダー周りの作り込みなんかもなかなか苦労しました。





Mr.M's Bike





Mr.M's Bike





街用や遊び用は当工房が超得意としている領域です。

末永く快適に生活を向上させてくれると思います。







オーダーいただけるだけで有難いのに、ご遠方からご足労いただくとなると余計に有難いものです。

いつもオーダーくださるお客様がいらっしゃって、自分の仕事がさせていただけると思うと感謝で一杯です。




当工房のオーダーはディーラー様でのフルオーダー受付を一切しておらず、完成車の発送対応もしていないので、少なくとも2回はご足労いただく事になってしまいます。




インターネットで多くのものが入手できる便利な世の中ですが、当工房の自転車はネットでは入手不可です。

古い旧世界のようなオーダー方法しかなく申し訳ないです。



数多くの自転車製作は目指しておらず、少量でも対面のみで生み出せる心通った自転車を提供したい一心です。


一口で申し上げるのが難しい領域ですが、第三者が仲介せず乗り手と作り手が実際に顔合わせてこそできる領域がある気がしてます。

直接やり取りすると毎回手応えを感じます。




プロモーションをほぼしていない身ですが、有難い事に熱心なお客様が嗅ぎつけてくださるので、このままひっそり気味の経営です。




それでも各種ご相談は随時お受けしております。

自転車オーダー製作は今からのオーダーですと来年以降納車になってしまいますが、ご相談はいつでも歓迎です。




時代に逆行したような手法でも気に入ってくださる方がいらっしゃれば幸いです。




修理改造などもなんでもできるわけではないのですが、出来る事でしたらお受けしています。

数多のメーカー様のそれぞれの中古品の状況把握などは電話だけですと難しく、お手数おかけします。




敷居が高く見られてしまう職人仕事ですが、こちらはお問い合わせいただけると嬉しい事しかありません。


ユーザー様に近いどころかすべて直接のREW10です、何かございましたらご遠慮なくご相談ください。








Mr.M's Bike



この度も有難うございました。










月別 ARCHIVES

https://www.instagram.com/potalmetalpot/