OTHERの最近のブログ記事

革細工。

 

 

 

自転車作りを主にした、溶接、切削、その他鉄工全般。

 

オリジナル帽子作り、縫物、Tシャツ等のプリント、メタルボタンやリベット打ち、アパレル製作及び修理改造。

 

レザーのベルトやバッグの製作、小物製作などの革細工。

 

 

上記はREW10が普段からやっている仕事です。

もはや何屋かわかりませんが、仕事と技術の幅には少し自信あります。

 

 

今回は革細工の一例を紹介します。

 

 

 

 

まずは彫師のRON氏より、自転車改造、一品物切削、革物製作と改造、これらの持てる技術を駆使した仕事を承りました。

 

 

以前にスペシャルな一台をご依頼くださったり、お手持ちの自転車のカスタムもREW10で度々してくださっている方。

特殊な方向でこだわり派のお客様です。

 

 

以前作らせていただいたスペシャル自転車にも付けてくださって、実際使って気に入ってもらえているこのレザーグリップ。

 

Custom Leather Work

 

 

手作業削り出しで真鍮特殊リングを4つ、アルミグリップベース2つ、手縫いレザーグリップ2つ、これらを組み合わせて出来上がっています。

すべてハンドメイドの製作で作ると非常に手間のかかる内容です。

 

このグリップを2つもお使いいただいているのは内のお客様でもこの人だけ。

 

レザーが分厚く金属部分も超高耐久、多分ずっと壊れない。

仮に壊れたとしても修繕可能。

おそらく一生モノ。

 

 

 

 

 

 

 

ホーウィンクロムエクセルを用いて作ったトップチューブレザーカバー。

水に濡れても水ジミが出来にくい味わい深いレザーです。

Custom Leather Work

 

 

ワークブーツ用のレザーレースで編み上げてしっかり固定しました。

クロムナチュラルは自分も大好物なレザーで、良いムラ感強い奥ゆかしい黒みある茶に育ちます。 

 

 

 

 

 

 

これだけではこの方の煮え滾るカスタム熱は冷めることなく、ついでにご依頼いただいたお手持ちのレザートートへのカスタムも承りました。

 

パニアバッグとしても使用したいとの事で、真鍮のナスカンを3つリベット止めしました。

 

Custom Leather Work

 

 

打ち抜き銅リベットで固定したので雰囲気も強度も抜群です。

ご依頼の相談時に現物キャリアに現物ナスカンを通してチェックしてるので、フィット感も良好。

 

 

ショルダー用のストラップも製作、自転車降りたらショルダーバッグにもなります。

 

Custom Leather Work

 

 

元々がご愛用のトートバッグなので、自転車乗ってない時でも自転車感香らずさりげなく使えます。

 

 

意外と少し薄い本体だったので、相談の結果で補強兼ねて内袋も一品製作にて作らせていただきました。

REW10SHOP奥の裁縫アトリエにて製作。

 

Custom Leather Work

 

たまたま在庫していたバリスティックナイロン用いて製作、真鍮のスナップボタンで本体と繋ぎます。

内袋のおかげで全体にコシが出てます。 

 

 

 

 

RON氏らしいカスタムとなりました。

市販品にはない雰囲気、個性抜群です。

 

特有なこだわりある同氏、いつも熱いご要望をぶつけてくださり製作意欲をかき立てていただき有難い限りです。 

 

 

 

 

 

続きまして、映画ちはやふるなどでご活躍の小泉監督からのご依頼品。

 

Custom Leather Work

 

Custom Leather Work

 

 

映画撮影でお使いになる台本のカバーをレザーで作らせていただきました。

 

こちらもクロムエクセルのナチュラルを用いました。

しっとりしているので滑りにくくてカバーとして使いやすいと思います。

肉厚も分厚過ぎずちょうど良いです。

 

納品時にお持ち込みのゴム紐を通して台本をセットしました。

 

自分の作った製品を手にしてくれた監督が映画の撮影をしてくださると考えるとロマンを感じます。

 

 

小泉監督も以前にREW10で自転車を作ってくださり、以来しばしばカスタムなどをご相談いただいて光栄な限りです。

自転車以外でもお力になれるのは喜ばしいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはビジネスや冠婚葬祭などにも使いやすくするため、刻印を裏側に配したカスタム仕様のREW10ベルト。

 

Custom Leather Work

 

表側には刻印がなくなるのでシンプルにまとまります。

 

 

Custom Leather Work

 

 

シンプルでも銅リベットや真鍮のバックルとカンのおかげで金属感あふれるベルトになってます。

 

 

 

クロムエクセルなら裏側でもなんとか刻めますが、ノーマルのレザーはキメが荒いので裏側ですと刻めない事が多いです。

刻印有無と移動、幅や寸法など、その他もカスタム仕様でも製作可能です。

 

自社工房でのハンドメイドなので仕様の融通が非常利きます。

 

ご自身ならではの仕様をお求めのお客様は、今回紹介したような革細工は勿論、その他でもカスタム仕様可能ですので、とりあえず遠慮なく相談してみてください。

 

 

なんでもできるわけではありませんが、可能な限りはやらせていただきます。

お問い合わせは随時お受けしておりますので、電話でもメールでも店舗直相談でも、なんなりとお問い合わせください。

 

 

 

 

 

天天天

 

 

 

 

 

 

 

天天天 Copper cap

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pep cycles

 

 

 

 

 

Pep cycles

 

 

 

 かつて同時期にメッセンジャーなどもしていた良き友人が、Pep cyclesというフレームメーカーを立ち上げました。

 

 

長く使えて乗り手の好みでカスタマイズがしやすく、多用な組み方が可能で様々なフィールドで使える自転車です。

 

この度、プロトタイプの製作をお手伝いさせていただきました。

Rew10が行ったのは製作のみです。

 

うちのような仕事をやっておりますと、自転車のジオメトリーや仕様などを見るとどういった性能を追求しているかなどが読めるようになります。

プロト製作で彼から提示されたジオメトリーや仕様は、コンセプトそのままのような性能が出るのが見て取れる内容。

スムーズに相談が進みそのまま形にさせていただきました。

 

流石、数多の自転車に乗ってきた経歴と自転車メーカー勤務経験は確かです。

これまでの彼の軌跡がしっかりと生かされた自転車になっております。

 

 

 

 このプロトタイプをベースにしたNSは、2017年秋頃販売予定だそうです。

その後もモデルを増やしていくと思われます。

 

実に気の利いた彼の自転車を今後も楽しみにしていてください。

 

 

 

 

 

二代目隆天?

 

 

 

 

 

 

 

 

二代目隆天?

 

  

 

二代目隆天?

 

 

 

己から心底この仕事をやりたいと思わねば、きっと成り立たないREW10の仕事。

 

 

人生色々、この仕事でなく他の素晴らしき道を歩むも良し。

 

この仕事をやりたいと思うのならば命かけてもらう。

 

 

 

 

彼がこれからどんな人生を歩むかなどわかりません。

己で考え、己で導き出した答えがどんなものか。

 

細やかな応援をしつつ、強いる事無くじっくり見守ろう。

 

 

 

まだまだ先、でも楽しみ。

 

 

 

 

 

 

 

可能であれば、

 

 

 

 

 

なんでも作らせていただきます。

 

 

何かの完全模倣品、技術や設備面で形に出来ない内容、おおよそこれら以外はどんなものでも製作致します。

 

 

 

 

 

 

 

メッセンジャーのケビンから製作依頼を受けて製作したBBQ SMOKER。

 

 

彼の今後の野望のために必要な機材です。 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

REW10 Made BBQ Smoker

 

 

 

 

がっつり相談して必要な機能は盛り込みつつ、荒々しいジャンクな仕上がりが良いという事で、そんな雰囲気を狙ってます。

 

 

 

各部細かいところにREW10の仕事が垣間見えるようにしました。 

その他、薀蓄や作り込みは多々ありますが割愛します。 

 

 

 

 

これをどう使いこなすか、彼の今後に期待です。

アフターのカスタムもしながら応援したいと思います。

 

早くこれで焼いたものを食べてみたい。

 

 

 

 

 

鉄工所出なので、こういった工作も得意なんです。

 

 

何か目論んでいる方は相談してみてください。

 

自転車のみならず、ライフスタイル全般を支える工房で在りたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バングル。

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 HEX BANGLE

 

 

 

REW10のサブ的製作の一つであるバングル製作、大変ご好評いただいております。

 

上の二つは写真で見ると同じような商品に見えますが、全く異質のバングルです。

 

一つは真鍮単体素材のもの。

こちらは比べて手間が少ないのでコストを抑えられます。

ただし、真鍮特有の錆により使っていると手首が青黒くなります。

汗をかきやすい夏場は特に色濃くでます。

水や石鹸で洗えば落ちますが、発生を防ぐ術はほぼありません。

 

 

もう一つは同じく六角形状ですが表三面を真鍮、装着側裏三面をステンレスにしたものです。

肌に触れる内側三面がステンレスなので、真鍮単体素材のデメリットである手首が青黒くなるのはほぼ完全に防げます。

ステンレスの性質と真鍮の素材感をいいとこ取りしたバングルです。

ただしこちらは単体素材に比べ手間が非常にかかります。

真鍮をのせる三面を切削、ロウ付けにて真鍮をのせる(ステンレスには真鍮ロウは非常にのせにくい)、ロウ付け後に三面を綺麗に研磨しつつ六角形状を整える。

という工程で製作の手間が数倍かかるので価格も数倍です。

 

 

 

 

 

うちのバングルは無骨な肉厚の超堅牢なタフネスバングルです。

 

そんな性質ゆえ、通常のバングルのように曲げ直しが機材を使わないと不能です。

(無理に曲げたりなどは曲げアールなどが狂いがちですのでしないでくださいね)

 

一人一人のお客様にサイズ合わせを行う誂えのバングルです。

原則的に受注時採寸と納品時にサイズ微調整が欠かせないので、受注時と納品時にお使いいただくご本人様にお越しいただかないとお作りしておりません。

 

直に肌に触れるものですし、長くお使いいただくためにはサイズの適合というのは非常に大事です。

大変恐縮ながら最低二度お越しいただけるお客様に受注販売しております。

 

 

腕まわり計測だけでは実際の装着感まではわかりませんので、上記のような進め方にさせていただいてます。

 

 

 

 

 

 

ご遠方のお客様にお問い合わせいただくことも多いですが、通販やオンライン販売などは原則的にお受けできません。

お作りしたいのは山々ですが、長く心地よくお使いいただくためにはサイズ合わせが重要です。

 

大変恐縮ながらご理解いただけますと幸いです。

 

 

 

 

 

お越しいただける方でしたらいつでも受注お受けしております。

 

 

 

 

 

PROTOTYPE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

WRENCH KARABINER

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ご来場有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

blunch.jpg

 

 

 

この催しもたくさんのお客様にお越しいただけるようになり、相方たちともども御礼申し上げます。

これも美味しいフードを出してくれている顔広く人望の厚い相方たちのおかげ、自分は立ってるだけで失礼。

 

 

家族連れが多く、場所が工房なので見ててハラハラしちゃいますが、こどもたちが居ると場がとても和みます。

 

 

 

来月は22日秋分の日を予定しております。

ご都合よろしい方はお気兼ねなくお越しください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

二代目隆天(仮)

 

 

 

毎度来たがる自称二代目隆天(仮)です。

 

 

人懐っこいコイツがうるさくて大変失礼しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

復活。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作業と業務没頭モードでブログ更新少なく申し訳ありません。

色々出来上がってますが、アナログ人間の自分は出来上がったモノの写真撮る事を忘れるというか、最近は特に頭から抜けてます。

お客様が直に喜んでくださるのが嬉しい、その時の会話も面白く、それだけで感無量です。

楽しみにご覧くださっている方、ごめんなさい。

 

 

 

 

 

以前撮ってあった写真から少し。

 

 

十数年前に一緒に働いていた同僚、Courio-City社長ヤナケンからの修理ご依頼。

 

かれこれ当時から乗っていた記憶ある懐かしいフレーム、BBのネジ山がイカれてしまったので直したいとの事。

よくここまで持ってきたなと感心するほどですが、直せばまだ乗れる。

 

モノはなんでも永く大事に使っていただきたい一心です。

当工房ではメーカー問わず可能であれば修繕させていただいてます。

 

 

 

 

 

 

Yanaken's repair

 

 

今回預かったフレーム、一部分でも相当な使用感。

ほとんどの人が汚いという印象を受けそうだが、こういった長く使われているモノはある意味美しい。

 

直してでも乗りたいという乗り手の心意気があればこちらも出来ることはある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

修繕するという事はただ言われたことだけを進めるわけでない。

きちんと使える状態に持って行くのが目的。

作業前に問題がないかよく観察。

怪しい亀裂がある...

 

 

Yanaken's repair

 

 

少し焼いて塗装剥がしたらやはり出てきたクラック。

塗膜の割れ方で概ね予想は付きますが、こう見れば確定。

 

ネジ山だけ直してもこれでは乗れないので、ここもついでに簡易修繕。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Yanaken's repair

 

 

オーダーフレームなどは当然これより綺麗な仕上げをしますが、すべてに対し綺麗な仕事だけが良い仕事ともいえない。

今回は美麗な仕上げなどは求められていないので、粗め仕上げ。

 

ネジ山はしっかりロウを持ってスレッドを切り直す。

トルクがかけれなかったBBもしっかり締めれます。

 

 

 

 

 

無事甦り、かなり久々だったので納品がてらクリオシティにお邪魔。

 

 

 

Courio-City

 

上の写真クリックでクリオシティのブログ記事に飛びます。

 

 

創業当時から変わらぬここの営業所と、近所に綺麗な事務所もかまえて、ヤナケン社長率いるクリオシティもしっかり大所帯。 

自分など一人で精一杯、大したものです

人柄の良さも当時と全く変わらずなのも素晴らしい。

 

 

 

メッセンジャーは自分とうちの礎になるものを築いてくれました。

デリバリー業務で感じた事や、彼等と触れ合って磨かれた感性。

今になってすごくそれが生きています、ただ感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

 

FAT WRENCH CYCLES

 

 

 

 

 

 

 

FAT WRENCH CYCLES

 

 

 

tempraさん勤務のsekky君のお店、FAT WRENCH CYCLESがこの前開店。

先日挨拶に行ってきましたが、個展などで忙しく告知が遅れました。 

 

 

 

彼は人柄がとても良いので、きっと気の通ったサービスをしてくれます。

お近くを通った際は是非彼のお店へどうぞ。

 

是非活躍していただきたいものです。 

 

 

 

デカい開店祝い。

 

 

嫌がらせみたいな縮尺のデカいやつ、これでも心を込めて作りました。

喜んでくれて幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/potalmetalpot/