2011年9月アーカイブ

BRASS PARTS

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フレームも続々と出来上がっておりますが、オーナーさんに納車&掲載許可を得るまで全体図をアップしない主義ですのでお待ちください。

やはり持ち主が一番に見るべきかなと思ってます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなわけでまた真鍮ネタ。

 

 

 

 

 

IMG_1449_R.JPG  

 

 

 

 

真鍮のパーツ類を製作しました。

この他はサイドのflickrクリックで。

 

こんな仕事をしておきながら金属アレルギーな自分は、真鍮削るとカユカユです。

 

 

 

写真は今回削りだしたモノと、サンプル車に取り付けていたモノです。

 

ピカピカでも味だしても様になる真鍮。

ピカピカのままがよければ磨いて、味出したかったらベタベタさわりながら放置。

オーナーさんが好きなように味付けしてください。

 

 

 

ヘッドキャップは1"が3000円、OSが3500円となります。

 

シートクランプは6000円~。サイズや形状により変動。 

 

 

銘切は+1500円となっております。

 

いまのところ在庫無し、受注生産のみです。

 

 

 

 

 

今時こんなモノを旋盤やフライスを手で操り切削するという、生産性の悪い方法で削りだしている職人も少ないでしょう。

NCなんて設備はRew10には無いですから一個削りだすのも大変です。

自分はアナログ人間なのでNCは弱いし、設備を整える資金も場所も無いので手作業で頑張ります。

 

 

アールつける箇所なんかは手作業ならではの味がでます。

さらには銘切仕様ですと、NCではまず作れぬモノとなります。

 

 

 

 

真鍮パーツは重いです。

性能面では何一つ良いことはありません。

軽さとかを重視する方にはおすすめしません。

独特の素材感に惚れ込み、特性を理解して生産しておりますが、ご購入を検討されている方もご理解くださると幸いです。

 

多少の重量を犠牲にしてでも愛車のアクセントに使いたい方はおすすめでございます。

自分の通勤車にも至る所に真鍮の部品やネジ類をちりばめてあります。

重量増加しますが、毎日少しずつ雰囲気を変化させてくれる素材を楽しんでおります。

 

 

 

 

 

 

 

今のところ少量生産しかできませんが、今後はどうにか在庫販売などができるように業務を見直したいところです。

とりあえずは受注販売でご容赦を。

 

 

 

 

 

 

製品版ヘッドバッジ&プレート

 

 

 

 

 

IMG_1396_R.JPG

 

 

 

 

 

IMG_1398_R.JPG

 

 いままでオーダーくださった方も少しお代いただければつけられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おまけ。

 

IMG_1406_R.JPG

 

 

 

友人の工房へ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本日の定休日、最近知り合ったビルダーの友人Zukkyが構える工房、ChimChimRacingへお邪魔してきました。

 

 

IMG_1315_R.JPG

 

 

 

いい雰囲気の工房を持つ彼は自分と同い年。

かなり気の良い職人です。

 

 

場所は東京小平、駅からも近いです。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ANVILのジグなど、なかなか良い機材を揃えておりますが、私的にジグより圧倒され気になってしまったのがこいつ。

 

 

 

IMG_1313_R.JPG

 

 

MACTOOLSのマキシマイザーという大型ツールキャビネット。

自転車工房では大きすぎるサイズですが、こういったモノを欲しい気持ちは自分にもあり、在る理由が理解できるわけです。

 

これほどの大型は実物見るの初めてだったのでベタベタ触らしていただきました。

ビルダーならジグ見とけって感じですが 、私的な男のロマンをくすぐられたのがこっちでした。

 

 

 

 

四畳半のクソ狭工房・クソ機材からはじめた自分とは違っていて、人それぞれのスタートラインが面白く感じる。

 

まだ工房を作り上げている段階、今後が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてその後、色々と恐縮なぐらいのもてなしをしてくれながらZukkyが連れていってくれたのが、彼のお師匠のCycle Shop SASAJIMAさん。

 

PERJITAというブランドを展開されていらっしゃるベテランビルダーさんでございます。

突然のお邪魔でしたが、快く話しを聞かせてくださり楽しかったです。

 

工房の中も見せていただきましたが、ベテランさんの雰囲気が濃厚な機材が立ち並んでおりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

同業さんのつながりが少しずつでも増えてきて、幸せに思います。

自分一人で頑張っていても業界の発展などたかが知れたもの。

ハンドメイド自転車ファンが増えて、業界全体が盛り上がるほど嬉しいことはありません。

 

 

 

 

とある敏腕経営者から学ばせていただいた皆力本願ってやつをこの業界でも。

 

 

本日はZukkyを取り巻く様々な良い方々にお世話になってしまいました。

Zukkyに笹島さん、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

掲載情報。

 

 

 

 

 

 

IMG_1298_R.JPG

 

 

mono magazine

本日発売。

新工房をバックに載っております。

 

 

 

我が盟友もがっつりとかっこよく載ってます。

 

 

 

編集の皆様、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_