DAMASCUS-STEEL PRODUCTSの最近のブログ記事

杢目の玄妙。

 

 

 

 

当工房で作らせていただいているバングル、おかげ様で多くの方に大変ご愛顧いただき、製作に勤しむ日々です。

 

 

ショップやショールームみたいなものがなく、工房での直相談の予約制&受注販売という性質にも関わらず、たくさんのお客様にお越しいただき、常々光栄の限りでございます。

 

 

 

 

 

 

当工房のバングルはデザイン勝負ではなく、重厚で無骨な素材感勝負です。

 

鉄、ステンレス、真鍮、ダマスカス鋼といった金属が主になります。

 

メッキなどは一切使わず、素材そのままでいける手法で提供しております。

 

 

 

 

中でも凝ったようなものや、趣深いものをご所望のお客様に人気のダマスカス鋼。

 

特有の杢目は全く同じに出ることはなく、一点モノです。

作っている自分が良いと思えない杢目もごく稀にでますが、そういった場合はやり直したり、作り直したりしますので、大きく雰囲気が変わる事のないように品質管理しております。

 

 

 

この杢目は彫金などで刻んでいるものではなく、積層鍛造されている素材そのものの特性を生かしたものです。

 

この杢目、ただ形にしただけではほとんど見えません。

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

この写真は形状のみ削り終わって形になったもの。

 

薄らとしか杢目は見えない状態です。

 

 

 

これを酸で処理したり、多少色調のコントロールをしていくと綺麗な杢目がでてきます。

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

 

これは斑点状の紋様と、年輪状の杢目を両方楽しんでもらえるように狙って削ったものです。

 

ステンレスベースのダマスカス鋼なので、裏張りは不要です。

裏側も斑点状のダマスカスの紋様が楽しめます。

 

 

さらに真鍮のラインもあるので、真鍮の質感も一緒に欲張っていただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

これはまた異なる素材で、鉄ベースのダマスカス鋼です。

 

この材料は杢目がすごい細かいので、削っただけの状態だと目の判別がやりにくいです。

 

 

 

 

とりあえず一度目は良い目が出なかったので、薄皮削いでもう一度挑戦したら非常に良い杢目が姿を露わに。

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

手持ちの材料だと、ステンレスベースのダマスカスのほうが 杢目が大振り、この鉄ベースは細かめ、とそれぞれ異なります。

ゆえに入る杢目もまるで性質が異なります。

 

 

自分が使っているバングルもこれと同じ仕様ですが、裏面はステンレスなので勿論錆びません。

バングルとして日々使っていると、表側の鉄は錆の層が出来る前にすべて磨かれる効果があり、一緒にお風呂はいろうが意外にも錆びません。

 

逆に使わず長く放置していると徐々に錆びます。

 

 

 

 

 

うちのダマスカス製品は基本的に磨かずそのままお使いいただくのがベストです。

自然にちょっとずつ研磨されていく質感が一番です。

 

研磨剤やらペーパーなどで磨いてしまうと、酸処理前の状態に逆戻りし杢目が飛びますので、くれぐれもご注意を。

特に磨かずにそのまま気兼ねなく使いいただくのが一番のメンテナンスです。

 

それでもどうしても磨きたい磨き好きの方は、研磨剤の一切入っていないワックスなどで磨くと良いです。

 

 

日々お使いいただければ杢目も光沢もさらなる質感となってきます。

素材の味わいを存分にお楽しみいただけれましたら幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Damascus Steel Bangle

 

 

オプションで銘切なども刻めます。

 

お名前や製造日付や座右の銘などなんでも良し、ご希望あればお伝えください。

 

 

銘切は曲がってからは刻めませんので、ご希望の方は受注時か早い段階でお伝えください。

 

 

 

バングルの受注は随時お受けしております。

 

お問い合わせはメールか電話にてどうぞ。 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

和釘型特注鉄積層鋼腕輪

 

 

 

 

 

 

 

 

特注品。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

休業案内&仕込み中。

 

 

 

 

 

10月6日木曜日と7日金曜日は都合により工房を休業させていただきます。

 

各種対応やメール返信等できませんのでご注意ください。

 

振替で8日土曜日は営業致します。

勝手ながら申し訳ありませんがよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

REW10 MADE PARTS

 

 

 

10月14~16日開催の谷中受注会へ向けて着々と製作中です。

 

イベント販売物はしばらくアパレル販売に傾き気味でしたので、今回はパーツ系充実させてみようかと考えています。

 

 

充実といってもたった一人の手作業で作れる製品生産量はたかが知れてます。

モノによっては1~2点しかありません。

気にしてくださっている方は、お手に取っていただけるこの機会をお見逃しなく。

 

 

 

REW10のパーツは外注生産やNC旋盤などでなく、すべて我が手で旋盤を操作し削り出しております。

キャップ類など、外径や取り付ける内側部分等の使用上必要な精度や強度が必要な部分は、ある程度以上の公差範囲内で作っております。

取付精度と動作に全く関係ない外側の肉厚や曲面具合など、外観だけで良い箇所はわざと個体差を付けて作っています。

 

こういった箇所で一つ一つ個体差を付けて作れるのは手作業特有の性質、NCではやりにくい面白みです。

手作業というのは先日のブログ記事の通り製作手段の一つに過ぎませんが、ただ手作業というのを謳うのでなく性質を活かす手法で製作しています。

 

 

ゴツめでしっかりした肉厚が好きな方、肉薄でシャープな感じが好きな方、直販売のこの機会なら色々お好みでお選びいただけます。

 

左右対セットになるバーエンドキャップなどは、左右セットでの肉厚や曲面は勿論揃えてます。

取り付けた際に違和感でないようにぬかりなく仕上げてますので、その辺はご安心を。 

異なるセット商品のそれぞれは肉厚等個体差ありです。 

 

 

手作業製作のかなり希有な自転車パーツ、素材感及び質感で勝負なので形状デザインなどは皆無です。

 

使っていくと徐々に刻まれていく質感変化の美しさ、それが意匠のようなものでありREW10の個性でもあります。

素材、質感の面白さなどを是非ご堪能いただけましたら幸いでございます。

 

 

写真以外にも色々作っておきます、お楽しみにどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

TASCYCLE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以前より仲良くさせていただいているTASCYCLEさんに製作オファー頂戴し、先ほど納品しました。

 

 

なにかと気が利く良い店主なので、つくば市近隣の方は是非遊びに行ってみてください。

うちのヘッドキャップもお店さんに並ぶ事も少ないので、気になった方などいらっしゃいましたらこの機会にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Onlinestoreアップしました。

 

 

 

 

 

onlinestore1.png

 

 

 

リバイバルしたダマスカスヘッドキャップ、ストライプのBBCAP、レンチフック各種、アップです。

 

久々にそれなりの量を補充してます。

 

 

 

この機会にぜひお買い求めください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

販売開始です。

 

 

 

 

 

 

 

先日案内させていただいたダマスカス鋼のヘッドキャップを販売開始します。

 

今回は始めたばかりもあって出来上がりが本当にすべて異なります。

まずは直に見て現物を見て気にいっていただきたく、直の感想なども聞きたいと思い、工房へお越しくださりご購入いただける方を募ります。

ご遠方のお客様、大変申し訳ありません。

 

すべて一点モノ、早いもの勝ちです。

紹介いたします。

それぞれ作業内容などが少し異なりますので、価格も変わります。

 

 

 

 

 

IMG_1436.jpg

 

1   12,960yen   1 1/8用   onlinestoreにて販売中

 

まずはマットシルバーと少し鈍い輝きのある杢目のキャップ。

腐食は浅めで凹凸感は少なくフラットに近い表面です。

少し上品な感じです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1431.jpg

 

2   14,040yen   1 1/8用   onlinestoreにて販売中

 

こちらは腐食を多めに入れたものです。

凹凸感が多く、荒々しい無骨さがあります。

見る角度によっては茶色がさす輝きのある杢目が美しいです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1428.jpg

 

3  14,040yen  1 1/8用     onlinestoreにて販売中

 

腐食浅めで凹凸感の少ないものです。

見る角度によって表情が異なり、青があるような茶があるような質感です。

杢目が斑点状に出て、光の当たり方によって変わる感じがなんとも良いです。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1425.jpg

 

4   16,740yen   1 1/8用   SOLDOUT

 

こちらはすでに材料が入手不可となってしまったため限定品です。

マットなグレーに、光の当たり方で虹色のように輝く杢目が非常に美しいです。

なかなか出せない色調でした。

腐食は浅めでフラットに近い質感です。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1421.jpg

 

5  16,740yen      1 1/8用  SOLDOUT

 

こちらも現在入手不可のため限定品。

腐食は浅めで、杢目が非常に細やかにでてます。

全体的に輝きのある質感で、銅色を基調としてますが青なども感じられる美しい色です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_1413.jpg

 

6 16,740yen  1"用    SOLDOUT

 

こちらも限定品素材となります。

腐食は中程度、凹凸感が多少あります。

輝きはない質感ですが、様々な色が出ていて綺麗です。

杢目は非常に細やかです。

 

 

 

 

 

以上、6点の販売です。

お売りするのは写真の現物になります。

すべてステンレスベースの積層鋼ですので、錆などには強い素材です。

 

工房にお越しいただける方で、すべて一点モノの早いもの勝ちです。

ご購入のお客様はご希望の商品番号明記の上でお問い合わせください。

 

お問い合わせいただいた時点で確保及びSOLDOUTとさせていただきますが、お取り置きは売約確認から1週間以内とさせていただきます。

お問い合わせのみで一週間過ぎてもお越しいただけない場合はキャンセル扱いとさせていただきます。

 

一定期間、売約がなかった商品はオンラインストアにて販売致します。

 

 

 

 

 

限定品以外は今後オンライン販売分も製作します。

 

これより、ご希望の方は受注販売も快く承ります。

素材性質上出来上がりの杢目や質感や色調が異なります。

極力ご要望に叶った良い雰囲気を目指しますが、極々細かい出来上がりの杢目や色調指定は承れません。

受注販売は出来あがったそのものをご購入いただく流れとなります。

 

 

 

限定品に付きましては、現在素材が入手不可となっておりますので、以後は販売不可です。

また出来ればやりたいですが、入手できるかどうか、それがいつになるかは全く不明です。

 

 

 

 

 

 

 

 

材料性質上、出来る事はかなり限られますが掲載以外にも何かご要望あればお作りします。

自転車パーツでも、フレームの一部に組み込むなど、その他商品でも。

 

例えばこんな。

 

 

和釘 Damascus wakugi bangle

 

 

知人の骨董商から依頼を受けたバングル。

 

和釘をモチーフにしています。

以前和釘の本を読んでおいてよかったです。

 

用いるのはリアル和釘ではなく、作るものもバングル。

形状は肌に触れるバングルとして不快感ない程度に変化。

和釘の感じが出るように、極力和釘をそのまま曲げたような感じを狙います。

 

肌に触れるので鉄だと問題多いので、用いたのは問題なく使えるステンレス。

ステンレスでも表面処理は錆びているかのような感じを取り入れつつも、僅かに輝きもあってバングルとしての所有欲が出るように作らせてもらいました。

コントロールにするのが難しかった...

 

 

 

 

 

ダマスカスで何かご所望の方はお問い合わせください。

出来る事でしたらやらせていただきます。

 

ダマスカスの奥ゆかしい杢目、是非どうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試行錯誤。

 

 

 

 

 

 

先日案内したダマスカス鋼の材料を早速入手。

 

日中は通常業務を進め、業務終了後の真夜中時間帯を主にダマスカスの試作及び製法考案を進めました。

うちの業務時間が長くなってしまうのは自分の美学でもなんでもなく、己の段取りがよろしくないのもありお恥ずかしい限りです。

最近何故だか不眠症気味、その寝れない&すぐ起きてしまう時間を利用して製作に集中です。

 

 

 

 

 

 

REW10 DAMASCUS CAP

 

 

 

現時点で手に入り得るダマスカス鋼を概ね入手し、積層杢目を効果的に出すための切削法、磨きやエッジングの手法、色付けや仕上げの手法、現物で様々な製法を試行錯誤しながら試作しました。

 

どれもなかなか良いですが、出来上がった感触や数日実際使用してみてのボツ案も決まってきました。

 

 

 

 

わかってはいたがやはり鉄はダメ、ちょうど梅雨時期もあってやはり錆が気になる。

個人的には錆もうまく付き合うと良いものだが、公に販売するにはかなり人を選ぶのでとりあえずボツ。

 

 

 

 

 

 

REW10 DAMASCUS CAP  

REW10 DAMASCUS CAP

 

 

とりあえずこの二案はほぼ販売決定です。

 

二案ともにステンレスの積層ダマスカス、錆は勿論大丈夫。

色付けの手法がどれほど実用に耐えうるか試してからの販売です。

 

以前からやっていた手法の仕様につきましては近々販売開始します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実用結果を早く割り出すためには一番効果的な方法、それは日々肌身離さず過酷に使う事。

試験機的設備などちっぽけな工房にはないので、実使用結果が一番。

 

 

そんな条件を満たすのに最も良いと考えたのが、ちょうどうちでも色々作っているバングル。

バングルなら常々擦れるし、塩分や皮脂などにも常にさらされ、季節も今が一番金属に厳しいタイミング。 

 

て事でバングルを試しで色々作ってみました。

いつも作っているバングルよりもかなりの手間を要します。

 

おかげで披露痕倍気味ですが、モノが出来上がっていく度にダマスカスの奥ゆかしさに高揚し疲れを忘れながらできました。

 

 

 

 

 

REW10 DAMASCUS BANGLE

 

  

REW10 DAMASCUS BANGLE

 

  

REW10 DAMASCUS BANGLE

 

 

REW10 DAMASCUS BANGLE

 

  

REW10 DAMASCUS BANGLE

 

 

どれも素材感を生かして、REW10らしく仕上げたつもり。

うちのイメージアイコンでもある真鍮をライン状に入れたり、刃物の刃紋を模したイメージで波状に取り入れたり、少し工夫して特有の空気感を。

主役はダマスカスなので真鍮は薬味程度にピリッと。

 

 
やっていくうちの出せる色のコントロールも些か出来るようにはなってきましたが、塗装などと異なり素材そのものの色になるので、現状の技術と経験では完全制御は不能です。

 

その杢目や色調の個体差がこの素材の楽しいところであり、最大の良さでもあります。

 

 

 

燻したばかりの出来上がりは色が鮮明。

おそらく月日とともに鮮やかさは低下しますが、引き換えに味わいもでてくることでしょう。

 

 

 

お客様に気に入っていただくため、もっと研究せねば...

やりたい事がまだまだ多すぎて残りの人生で足りるものでしょうか。

 

 

ダマスカスもその他も様々、試行錯誤の我が生業は果てしなく続きます。

 

 

 

 

販売開始に付きましては追って告知致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

https://twitter.com/rew10_